スピーデー章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スピーデー章(すぴーでー あきら、本名:林章(はやし あきら) 1928年1月2日 - 1980年6月)は、神奈川県横浜市出身のプロボクサー。元日本フライ級チャンピオン

1947年デビュー。その名のとおりスピードを身上とする技巧派で、1952年、「無冠の帝王」と言われた強豪串田昇との王座決定戦に勝ち、日本フライ級チャンピオンとなる。以後6度の防衛に成功、破った挑戦者の中には先述の串田のほか、後の東洋王者三迫仁志も含まれる。1955年、三迫の再度の挑戦に屈し王座を失うが、同年三迫が東洋タイトル挑戦のため返上した同タイトルを田口久雄と争って判定勝ち、王座に返り咲いた。その半年後に大上光忠に敗れ王座を失うが、翌年の再戦で雪辱、三度目の日本タイトル獲得を達成した。その三ヶ月後、岩本正治のラッシュに屈して王座を失い、引退した。

通算戦績73戦49勝(10KO)13敗1分9EX1無判定

1980年京浜東北線の列車事故で死亡。

関連項目[編集]