スパッレ・オルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スパッレ・オルセンCarl Gustav Sparre Olsen1903年4月25日 - 1984年11月8日)は、ノルウェー作曲家ヴァイオリニスト

スタヴァンゲル出身。1歳のときに一家はデンマークコペンハーゲンに移住するが、1909年オスロに移った。1923年オスロ・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニストとなり、その後10年間務めた。1926年から1930年までファッテイン・ヴァーレン作曲を師事し、1930年から1931年までドイツベルリンマックス・ブティングの教えを受けた。また1936年にはロンドンパーシー・グレインジャーに学んだ。それより以前の1934年ベルゲンのグリーグアカデミーの教授となっており、同地で合唱団の指揮や音楽評論などの活動を行った。第二次世界大戦中の1940年にノールフィヨルドに疎開し、1947年までとどまった。その後ガウスダールに移住し、1950年から1958年まで国営放送の評議員を務めた。また1963年にはグレインジャーの伝記を執筆している。1966年以降はリレハンメルに居住した。

作品には大規模な合唱曲や管弦楽曲が多い。1920年代に作曲を開始した時はノルウェー民謡を基礎としており、エドヴァルド・グリーグの影響が顕著であったが、ヴァーレンの指導でより緻密な作風へ変化していった。

文献[編集]

  • Gaukstad, Øystein Sparre Olsen bibliography (in "Metamorfose. Festskrift til C. G. Sparre Olsen". Universitetsforlaget, 1983) ISBN 82-7093-024-5