スノーボードバッジテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スノーボードバッジテストとは日本スノーボード協会: Japan SnowBoarding AssociationJSBA)の、スノーボード滑走の技術認定テスト。

受験者は級別に規定の滑りをし、基準に基づいた滑りができているかを公認検定員が判定する。JSBAの公認・認定スクールで行われている。バッジテスト開催日に行われる「スキルチェック式」(1〜5級)と、レッスン中に行われる「レッスンチェック式」(3〜5級)がある。

2〜5級どの級からでも受けられるが、2級以上はJSBAの会員である必要がある。また、1級は2級合格者でないと受験できない。

1級[編集]

  • ベーシックカーブ ロング
  • ベーシックカーブ ショート
  • フリーライディング
  • エア

2級[編集]

  • ベーシックカーブ ロング
  • カービングターン ショート
  • フリーライディング

3級[編集]

  • ショートターン
  • カービングターン ロング

4級[編集]

  • ロングターン
  • ミドルターン

5級[編集]

  • ノーズドロップから停止
  • 連続ターン

その他[編集]

  • 1級を取得すると、C級インストラクターの受験が可能となる。
  • 現在は認定証のみだが、以前は認定証に加え、名前通りにバッジが発行された。1級がゴールドメッキにブラックエナメル、2級がゴールドメッキにホワイトエナメル、それ以下はシルバーメッキになり、3級がレッドエナメル、4級がグリーンエナメル、5級がイエローエナメルであった。
  • 日本(恐らく世界)で最初のスノーボードの技術認定テスト。
  • 日本でスノーボードレベルのテストを行っているのはJSBAのほかに主に3団体あり、全日本スキー連盟(SAJ)、日本職業スキー教師協会(SIA)、日本ハーフパイプ協会(JHP)。以前はJSBA、SAJ、SIAのテスト内容は共通していたが、現在はそれぞれ独自のテストを行っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]