スノークルーズ・オーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スノークルーズ・オーンズ
スノークルーズ・オーンズ(遠望).JPG
所在地 北海道小樽市春香町357番地
標高 280 m / 100 m
(標高差) (180m)
コース面積 ha
コース数 8本
最長滑走距離 1000m
最大傾斜 30
索道数 2 本
ウェブサイト スノークルーズ オーンズ

スノークルーズ・オーンズ(Snow cruise onze)は、北海道小樽市春香町にあるスキー場。


概要[編集]

  • 春香山の北麓に位置し、石狩湾を望みながら滑降ができる景観の良いスキー場。オーンズ(onze)はフランス語で「11」と言う意味。人工造雪機を導入して毎年11月11日にオープンしたり、ナイターを午後11時までにしたり、毎月11日を「オーンズデー」として割引するなど「11」にこだわりを持っている[1]


沿革[編集]

  • 1989年(平成元年)12月、道新春香スキー場を引き継ぎスノークルーズ・オーンズと改称し開業[8]1994年(平成6年)、このスキー場の売りであった人工造雪機を導入、また"11"(onze)に拘った集客策をとる、遅い時間までのナイター営業など都市型スキー場として積極的な運営がなされてきた。
  • 1990年代初め頃は約10万人だった利用者が、近年約5万人まで減少、2012年5月8日、運営会社の「ツギテの三共」と親会社の「渡辺パイプ[9]」は利用者減のため廃業を発表した[8][10]。ところが、オーンズ存続を望むスキーファンが存続に向けた活動を行い約16,000人分の署名を集めた[11]。その声を受けて、兵庫県のスキー場運営会社「マックアース」グループへ譲渡し存続することとなり[12][13]2012年(平成24年)11月11日「復活祭」と称して新会社の下で再オープンを果たした[11]。2012年(平成24年)-2013年(平成25年)シーズンは、多雪に恵まれた上、シーズン券の値下げ・初心者コースの増設・無料送迎バスの増便・19歳のリフト券を無料にするキャンペーンの実施等、様々な施策[14]の効果もあり、前年度の1.9倍となる92,210人の来場客を記録した[15][16]。また、2013年以降、夏期にゲレンデに約30万株のユリを植栽し「オーンズ春香山ゆり園」を開園している[16][17]


人工雪[編集]

  • 通常、人工雪は人工降雪機を使い、霧状にした水を空気中にまいて作る。しかし、このスキー場では事前に製氷機で作った氷を機械で細かく砕いてゲレンデにまく人工造雪機を導入している[18]。このため、気温がそれほど低くなくてもスキー場がオープンできる。


交通アクセス[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ POPSNOW&SUMMER スノークルーズ オーンズ
  2. ^ 春香道新スキー場開く リフトのテープを切る沢田春香観光社長と岩岡道新常務 1965/12/12掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  3. ^ オープンした春香山道新公園 オープンした春香山道新公園、芝スキーが楽しそうだ 1966/06/05掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  4. ^ 北海道・道央(石狩、後志、空知、胆振、日高) - 日本観光史。この時点(グラススキーの営業開始 : 1966年6月4日)をこのスキー場の開業とする資料も存在する。
  5. ^ 完成間近い春香道新スキー場のロッジ 完成間近い春香道新スキー場のロッジ 1966/11/09掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  6. ^ 春香山で初のナイター・カーニバル 春香山で初のナイター・カーニバル 1968/03/09掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  7. ^ 解約YH 北海道。同資料によると、1970年9月開設・1987年(昭和62年)解約とのこと。なお、後年施設名称を「ユースホステル春香ロッジ」に改称している
  8. ^ a b 【お知らせ】オーンズ営業廃止 2012年05月08日 - Ski Pro Shop EBISU。画像内に「平成元年開業」などの記述あり。
  9. ^ 企業情報> 関連事業 - 渡辺パイプ - InternetArchive 2012年2月26日閲覧
  10. ^ スノークルーズオーンズ閉鎖 消える名物スキー場 (2012/05/09) - 小樽ジャーナル
  11. ^ a b スノークルーズオーンズ復活祭、今年も11月11日オープン (2012/11/11) - 小樽ジャーナル
  12. ^ 小樽のスキー場「オーンズ」一転存続 (北海道新聞 08/01)
  13. ^ 「スノークルーズオーンズ」を譲渡 新会社が11/11に再開オープン (2012/07/31) - 小樽ジャーナル
  14. ^ 閉鎖寸前のスキー場はどうやって蘇ったのか? - ZAI ONLINE ダイヤモンド社
  15. ^ 小樽のスキー場 今季のオーンズ、来場9割増 朝里川と天狗山は横ばい 北海道新聞2013年4月18日
  16. ^ a b オーンズ2倍以上の入込数 夏期に「ゆり園」 小樽ジャーナル2013年4月11日
  17. ^ ゲレンデ 夏鮮やか 小樽でユリ見ごろに スキー場の斜面を埋め尽くしたユリの花 2013/08/02掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  18. ^ 山は白銀 目に紅葉 人工雪によるコース造成が進むオーンズのゲレンデ 2014/11/03 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  19. ^ a b c d アクセス - スノークルーズ オーンズ公式


外部リンク[編集]