スナンダ・クマリラタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スナンダ・クマリラタナ

タイ王妃
在位
1877年 - 1880年5月31日

出生 1860年11月10日
タイ王国バンコク
死亡 1880年5月31日(19歳没)
タイ王国ノンタブリー県パーククレット郡
実名 スナンダ・クマリラタナ
王室 チャクリー王朝
父親 ラーマ4世
配偶者 ラーマ5世
子女
カーナボーン・ベジャラタナ
テンプレートを表示
称号:王妃
敬称 陛下
Her Majesty the Queen
สมเด็จพระบรมราชเทวี

スナンダ・クマリラタナタイ語: สุนันทากุมารีรัตน์; rtgsSunantha Kumarirat、Sunanda Kumariratana[1]、1860年11月10日 – 1880年5月31日)は、シャム王妃

背景[編集]

シャムラーマ4世と王妃ピアムの娘で、50番目の子供だった[2]。シャム(現在のタイ王国)の国王ラーマ5世の半血妹であり、最初の妻だった[3]

祖先[編集]

スナンダ・クマリラタナの祖先
8. ラーマ1世
4. ラーマ2世
2. ラーマ4世
1. スナンダ・クマリラタナ

参考文献[編集]

  1. ^ Finestone, Jeffrey. The Royal Family of Thailand: The Descendants of King Chulalongkorn. Bangkok : Phitsanulok Publishing, 1989, p. 64
  2. ^ indochinoise, Société académique (1882) (フランス語). Bulletin de la Société académique indochinoise de France 
  3. ^ indochinoise, Société académique (1882) (フランス語). Bulletin de la Société académique indochinoise de France