ストロボスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストロボスコープを光源として撮影した落下物

ストロボスコープ: Stroboscope)は、一瞬だけ点灯する光源を一定間隔で繰り返し発光させることができる装置である。光源としてはフラッシュランプや高輝度発光ダイオードが用いられる。ストロボスコープを十分に暗い環境で使用すると対象物の移動や変化がコマ送りのように見えるため、物体の移動や変化を可視化したり長時間露光撮影で記録したりするのに用いられる。また、周期運動する対象物に用いると、ストロボ効果によって見掛け上の運動速度を変化させて観察することもできる。

記録方法[編集]

動かないものはストロボスコープの光を複数回浴びるため露出過多となって白く飛びがちであり、特に背景がそうなると肝心の対象物がはっきり写らないため、背景を充分に黒く、または遠くするなどの対策が必要である。フラッシュメーター(複数回の発光にも対応できる露出計)を使えば、被写体上の複数点で露光量を調べることができるため、撮影前に適正露出を確認できる。

用途[編集]

ストロボスコープの産業界における用途として、エンジンモーターなど高速で回転するものの回転数の計測や、移動するものの速度の計測などがあり、鉄工所や自動車工場などで使用される。また学術・教育分野では、高校の物理教室、大学の理学部工学部などで使われる。理科や保健体育の教科書百科事典などには、ストロボスコープで撮影した写真が載せられることが多い。

そのほか、初期の、もしくは高級なレコードプレーヤーに同様の機構を内蔵しているものがある。ターンテーブルのサイドに記されたパターンをストロボ光で照らし、そのパターンがストロボ効果によって静止して見えるとき、ターンテーブルの回転数が規定のものと確認できるわけである。

歴史[編集]

ストロボスコープと同様の効果を得るための装置として、光源を発光させるのではなく、スリットのあいた円盤を一定角速度で回転させ、そのスリットを介して対象物を観察するものがある。歴史的にはこちらが先に発明され、最初にストロボスコープと呼ばれた。en:Stroboscopeが詳しい。

一般の写真撮影用としてカメラに内蔵されていたり、外部に接続するフラッシュをストロボと呼ぶことが一般的になっているが、当初、これはストロボスコープを指していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]