ストロベリー・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ストロベリー・ロード(すとろべりー・ろーど)は、石川好によるノンフィクション小説、およびそれを基にした映画作品。

概要[編集]

石川好は、1965年3月、高校卒業と同時に、先行渡米していた実兄を頼り渡米。兄の勤めていたカリフォルニアのイチゴ農園で働きながら、アメリカのハイスクール・カレッジで学んだ4年間(18歳 - 22歳)の在米体験記をまとめたものである。『エコノミスト』(1987年4月7日号 - 12月22日号)に連載後、加筆・修正したものが1988年早川書房から単行本として発刊された。その後、出版社は文藝春秋文春文庫)、七つ森書館に移行している。

1989年に、第20回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞[1]

続編として、『ストロベリー・ロードPARTⅡ ストロベリー・ボーイ』(1990年文芸春秋)、『ストロベリー・ロードPARTⅢ ガーデン・ボーイ』(1994年、文芸春秋)が発刊されている。

書籍[編集]

映画[編集]

1991年に「ストロベリーロード」のタイトルで映画化された。東宝から配給された。1960年代のカリフォルニアを舞台に、広大ないちご畑に夢を託す日本人兄弟の姿を描く青春ドラマとして、石川の原作にほぼ忠実に映画化された[2]

スタッフ[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大宅壮一ノンフィクション賞・歴代受賞者大宅壮一ノンフィクション賞歴代受賞者サイト 2012年7月16日閲覧
  2. ^ ストロベリーロード映画.COM公式サイト 2012年07月16日閲覧