ストレスボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地球の形をしたストレスボール

ストレスボールまたはハンドエクササイズボール展延性玩具である。 直径cm。手で握り、指で操作し、表面上はストレスや筋肉の緊張を和らげたり、手の筋肉を鍛えたりする効果がある。

まれに珍しい形に成形され、企業ロゴがパッドまたは転写印刷されている時もある。そのような状態のものは販促用ギフトとして従業員や企業などに贈られる場合がある。ストレスボールは、アメリカ合衆国で最も人気のあるプレゼントの1つである。

様々なタイプ[編集]

発泡ゴムのストレス緩和剤

多くの異なる国から発生するストレスボールのいくつかの異なるタイプがある。アメリカで最も一般的なタイプのストレスボールは、一般に「ハッキーサック」として知られている「ビーンバッグ」タイプ。オーストラリアでは、最も一般的なのはフォームタイプで、抵抗によるストレスがボールを圧迫するのを防ぐ効果がある。中国の形のボールは保定ボールとして知られている。他の製品とは異なり、しっかりしていてペアになっているため、絞ることができない。一緒に丸めて、手に心地よい音と滑らかな感覚を与えることもできる [1]

一部の応力緩和剤は、独立気泡ポリウレタン発泡ゴムで作られている。フォームの液体成分を型に注入することによって作られている。結果として生じる化学反応は、副産物として二酸化炭素の泡を生成し、それが次に泡を生成している [2]

ストレスボール、特に理学療法で使用されるものは、ゴムや布の皮膚の中にさまざまな密度のゲルを含むこともある。別のタイプは、微粉末を囲む薄いゴム膜を使用している。他のタイプは、風船に重曹を入れることで自宅で作ることができる。フットバッグに似たボールがいくつか市販されており、ストレスボールとして使用されている。

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Dumbleton. “Reduce Your Stress With Stress Balls”. www.healthguidance.org. 2016年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月17日閲覧。
  2. ^ Stress Ball FAQs”. 2008年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧。