ストリートワークアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ストリートワークアウトとは主に戸外の公園や公共施設で行われる身体活動、トレーニングである。

発祥は古代ギリシャまで遡るが、ロシア東ヨーロッパアメリカ合衆国で人気のムーブメントとなり、現在では世界中に広がりをみせている。ストリートワークアウトを構成する主なトレーニングメニューは腕立て伏せ懸垂・マッスルアップ・ディップス・腹筋運動・スクワットである。これらに加え、静止系のトレーニングであるヒューマンフラッグ・フロントレバー・バックレバー・プランシェといったものも存在する[1]

こうした体作りの基本となるトレーニングにダンス体操パントマイムなどの様々なジャンルのパフォーマンス要素が組み合わさった、新しい運動方法という特徴もある。 ストリートワークアウトのチームも存在し、近年では国によって独自の大会や活動が定期的に行われており、またThe World Street Workout & Calisthenics Federation (WSWCF)という世界ストリートワークアウト団体が主催する、50カ国以上で全国選手権を行いその全ての国内チャンピオンを集めて開催する、ストリートワークアウトワールドカップが毎年開催されている[2]

歴史[編集]

元々は古代ギリシャ時代から歴史があり欧米で第一次世界大戦後から普及したCalisthenics(カリステニクス・日本語では美容体操・ギリシャ語でkalosは美しさsthenosは強さ)や軍隊、警察、刑務所の囚人が行っていた自重トレーニングに端を発する。 現代における発祥は東ヨーロッパとされており、そこからロシアやアメリカなどでも盛んになり、現在南米アジアでも人気が出始めている。

ストリートワークアウトの前身となる運動はいくつかあるが、当初はGhetto Workoutという名称で呼ばれており、YouTubeが普及し始めた2006年頃からSNSなどで動画を発信する人が増え、注目を集め始めた。 しかしGhetto(ゲットー)とは一般的にアフリカ系アメリカ人のコミュニティーや地域など色々な意味があり、マイノリティーな面があるためGhetto Workoutという言葉を使用せず、他のストリートに存在するジャンルから派生してStreet Workoutという呼び名が生まれ、現在では一般的な呼び名となり広まっている。

基本要素[編集]

ストリートワークアウトの特徴的なルーティーンには以下のようなものがある。

  • アスレチックエキササイズ
個々のレベルに応じた様々なエクササイズがあり、健康増進、筋力とスタミナの向上、体型維持などのために行われる。
  • アイソメトリックエクササイズ(静止系トレーニング)
同じ姿勢をキープするエクササイズ。ヒューマンフラッグ、フロントレバー、バックレバー、プランシェなどがある。
  • カリステニクス
自重のみを利用した上記のシンプルな動きの複合種目。カリステニクスの目的は筋力の向上と総合的な身体能力の進歩である。
  • エア
鉄棒から手を離し飛ぶダイナミックな動き。オーバーザバー、360°やそのバリエーション、スウィチブレードなどがある。指導者なしでの練習は危険が伴う。

メリット[編集]

  • 外の公園や公共施設で行うので、金銭的コストがかからない。
  • どこでもトレーニングを行うことができる。
  • トレーニングやジムの道具や装備を必要なとしない
  • 健康的な生活を送れ、自然なキレイな体型になることができる。
  • 老若男女どんな人でも行うことができる。
  • 社会活動としての要素がある。
  • 国や言語など関係なく、世界中の人が互いに交流を持つ事ができるコミュニティースポーツ(Community Sports)としての要素がある。

課題[編集]

欧米では、パフォーマンス要素が先行し過ぎてしまい、本来の目的である体作りの部分を疎かにした状態で動きを行い怪我をする人が増えたり、どこでもできるというストリートでのパフォーマンス要素もある事で、公園やビーチ以外での公共の場や建造物、電車内などで許可無しでパフォーマンスする人が増え、マナーの低下が目立ち社会問題になりつつあり、日本でもその部分が目立ち始めており、改善・対策が必要となってきている。

また急速な国際スポーツとなると同時に、社会的なツールとしてのアイデンティティを失う危険があるとして議論されている。

出典[編集]

  1. ^ "Isometric exercises - Street Workouts"”. 2016年4月6日閲覧。
  2. ^ "WSWCF about page"”. 2016年4月6日閲覧。