ストラングルホールド (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストラングルホールド
John Woo Presents Stranglehold
ジャンル サードパーソン・シューティングゲーム
対応機種 プレイステーション3[PS3]
Xbox 360
開発元 ミッドウェイゲームズ
発売元 サクセス
メディア PS3:BD-ROM
Xbox 360:DVD-ROM
発売日 PS3
アメリカ合衆国の旗 2007年10月29日
日本の旗 2008年9月11日
Xbox 360
アメリカ合衆国の旗 2007年9月7日
日本の旗 2008年5月22日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
ESRBM(17歳以上)
エンジン Unreal Engine 3
テンプレートを表示

ストラングルホールド』(John Woo Presents Stranglehold)は、ミッドウェイゲームズが開発したサードパーソン・シューティングゲーム。日本ではサクセスXbox 360版を2008年5月22日に発売。後にプレイステーション3版も発売された。

概要[編集]

アクション映画監督として有名なジョン・ウーが自ら監督を務める作品である。『ハードボイルド/新・男たちの挽歌』の続編に当たり、主人公の「テキーラ」こと袁浩雲刑事は映画と同じくチョウ・ユンファが演じている。特典映像として『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』の本編が収録されている

ストーリー[編集]

香港の黒社会は長年ジミー・ウォンが組織する「ドラゴンクロー」の支配下にあったが、ヤン・ギーが率いる新興勢力「ゴールデンケイン」が力をつけ始め、変化の時を迎えていた。ヤンは全てを牛耳る為にロシアン・マフィアのザカロフ兄弟と手を結び、ジミーの娘ビリーと孫テコを誘拐させる。ジミーは、かってビリーと恋人同士だった香港市警の捜査官”テキーラ”袁浩雲(チョウ・ユンファ)に協力を求める…。

システム[編集]

ジョン・ウー作品の特徴である、華麗なアクションをゲームシステムに取り入れている。

テキーラ・タイム[編集]

専用のボタンを押すことで、時間の流れを遅くすることが出来る。これはジャンプなどのアクションをしながら敵を狙った際に、自動的に発動させることも出来、ジョン・ウーらしいアクションを簡単に再現できる。

テキーラタイムの使用時間はゲージで管理されており、連続使用は出来ない。

テキーラ・ボム[編集]

十字キーを押すことで、特殊なアクションを行うことが出来る。これはスローモーションを伴う狙撃、が舞う中での回転しながらの銃乱射など、こちらもジョン・ウーらしいアクションが含まれている。

登場人物[編集]

登場武器[編集]

外部リンク[編集]