アントニオ・ストラディバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ストラディヴァリから転送)
移動先: 案内検索
アントニオ・ストラディバリ
Antonio Stradivari
Antonio stradivari.jpg
生誕 1644年
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国
ミラノ公国の旗 ミラノ公国 クレモナ
死没 1737年12月18日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ミラノ公国の旗 ミラノ公国 クレモナ
業績
専門分野 弦楽器製作
成果 ストラディバリウスの製作

アントニオ・ストラディバリAntonio Stradivari1644年 - 1737年12月18日)は、イタリア北西部のクレモナで活動した弦楽器製作者弦楽器の代表的な名器であるストラディバリウスを製作したことで知られる。ニコロ・アマティに師事し、16世紀後半に登場したヴァイオリンの備える様式の完成に貢献した。ヴァイオリンやヴィオラチェロマンドリンギターなど約1100-1300挺の楽器を製作したとされ[1]、約600挺の存在が確認されている。

生涯[編集]

1644年に生まれたとされているが、正確な誕生月日は不明。父はアレサンドロ・ストラディバリ(Alessandro Stradivari)、母はアンナ(Anna née Moroni)。1667年から1679年まで、ニコロ・アマティの工房で弟子として楽器の製作技術を学んだ。1680年、クレモナのサン・ドメニコ広場(Piazza San Domenico)に工房を構えると、若くして楽器製作者としての名声を得た。2人の息子と共にその生涯で1116挺の楽器を製作したとされ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、マンドリンギターを含む約600挺が現存している[2]。一説には生産した楽器の数は1300とされ、その場合は月産20台の楽器を作ったことになる[1]。ストラディバリの独創性はアマティの様式の変更を通じて発揮され、ばらつきのあった木の厚みをより厳密に制御し、ヘッドスクロールの概念を確立し、音色を締めるためのニスはより色濃くなった。ストラディバリが製作したヴァイオリンはその有する特徴から、三つの時期に分類できるとされる。このうち最後の時期においては、ヴァイオリンのボディ長の設計を約3mm拡大し355mm前後とした楽器となった(後にロングモデル、ロングストラドなどと呼ばれる)。18世紀初頭における標準であったオールドイタリアンヴァイオリンのボディ長は352mm前後であった。

1737年12月18日、イタリアのクレモナにて死去し、サン・ドメニコのバシリカに埋葬された。この教会は1868年に解体されたため、ストラディバリの遺骸は失われた。多くの職人を抱え、短期間に大量の弦楽器を作っていたにも関わらず、ストラディバリの死後、ストラディバリ・ファミリーの純然たる後継者はおらず、1745年、ほとんどの楽器職人がクレモナから逃避したことを機に、楽器製作の伝統は途切れた。その間のクレモナ市の参事会を構成する地元の貴族や有力者は、外国の王侯貴族の庇護で裕福になる楽器職人の存在を快く思わなかった。そのためストラディバリの死後、三男のパオロ・ストラディバリは父アントニオと二人の兄から相続した楽器の製作道具を「クレモナ市内で使用しないこと」を条件に売却した[3]。これらのことによりストラドの弦楽器製造技術は失われてしまった。今日クレモナは弦楽器製作の町として復興しているが、それは他の地区からの移入であり、ストラドの技術自体が継承されているわけではない。もちろん再現する試みは行われている。

ストラド・モデル[編集]

ストラディバリのヴァイオリンやチェロの寸法などをコピーして後世の弦楽器製作者が模倣した楽器は「ストラド・モデル」と呼ばれる。ストラド・モデルは、ヘッドスクロールやF字孔の形状などが主たる模倣の対象で、グァルネリ・デル・ジェスの模倣と並び、ヴァイオリン属のデザインの古典となっている。これらストラド・モデルは、名前がつけられている特定の楽器の(傷や左右非対称といった)忠実な外的模倣から、現存するストラディバリウスの最大公約数に基づいたコピーまで多様である。現代の寸法標準は、ストラドのロングモデルから形式的に取られており、世界中の職人がそれに則っている。

ストラディバリウスと演奏家[編集]

w:List of Stradivarius instrumentsを参照

ストラディバリウスにはその所有者や演奏者の来歴が明らかなものがあり[4][5]、たどってきた軌跡に由来する二つ名(通称)が付けられている。たとえば、イツァーク・パールマンのヴァイオリンは「ソイル」、ジャクリーヌ・デュ・プレヨーヨー・マが使用したチェロは「ダヴィドフ」の名で知られる。

日本人演奏家が使用するストラディバリウス[編集]

製造年 愛称 種別 使用者 自己所有/貸与団体 備考
1684年 不明 Vl 高橋満保子 自己所有 自宅を売却し、購入資金に充てた。
1684年 ウェップス
(Webbs)
Vl 篠崎功子 自己所有 日本の楽器商のところに修理に来たところにたまたま出会ったのがきっかけで購入。
1698年 テオンヴィル
(Théonville)
Vl 服部豊子 自己所有 1800年にサー・ローランド・ウィンなる人物が所有していたが、数人の手を経てヴァイオリンの修復と鑑定で名高いヒル商会へと渡り、1934年に名称の由来となったグリエルモ・テオンヴィルが所有していた。その後更に所有者が何人か替わり、1974年に服部の手に渡った。
1703年 ディクソン・ポインダー
(Dickson-Poynder)
Vl 辻久子 自己所有 自宅を売却し、購入資金に充てた。名称は以前の所有者ジョン・ディクソン=ポインダー英語版に由来する。
1704年 ヴィオッティ
(Viotti)
Vl 竹澤恭子 貸与:NPO法人イエロー・エンジェル 名称はイタリアのヴァイオリン奏者で作曲家のヴィオッティが所有していたことに由来する。ヴィオッティの名を冠するストラドは他にも数丁存在する。
1707年 ステラ
(Stella)
Vl 二村英仁 自己所有 オランダの貴族が所有していたもの
1713年 レディ・レイ
(Lady Ley)
Vl 浦川宜也 不明 一時的に所有し、モーツァルトソナタ集の収録に使用。その後この楽器は日本ヴァイオリン経由で香港のヴァイオリニスト 姚珏(ジュエ・ヤオ))中国語版に渡る(彼女はそれによって中国人初のストラディヴァリウス弾きとなる)[6]
1714年 ドルフィン
(Dolphin)
Vl 諏訪内晶子 貸与:日本音楽財団 ヤッシャ・ハイフェッツが所有していたもの。三大ストラディヴァリウスの一つ。アラード=バロン・ヌープ1715年)は個人のコレクターが所有、メサイア1716年)はイギリスオックスフォードアシュモリアン美術館に展示中。
1715年 不明 Vl 川井郁子 貸与:大阪芸術大学 -
1717年 ハンマ1717
(Hammer1717)
Vl 中澤きみ子 不明 ストラドにしては男性的[7]といわれ、「ストラドの中では音が出にくい“強い楽器”で弓をきちっと弦に吸い付かせてひかないと音が出ない」。コレクターのハウエ家が所有した後、シュトゥットガルトのハンマ商会が所有していたことが名前の由来。(ハンマ商会は他のストラドも所有していたことがあり、それらは「ハンマ1716」などと呼ばれる)。元ベルリンフィル第1コンサートマスターのコリヤ・ブラッハーやアルバン・ベルク四重奏団のギュンター・ピヒラーが奏した。
1716年 デュランティ
(Duranti)
Vl 千住真理子 自己所有 約300年間誰にも弾かれずに眠っていた。デュランティを最初に得たのはローマ教皇クレメンス14世であったが、教皇没後、フランス貴族のデュランティ家に約200年間保管され、1921年からの80年間はスイスの裕福な公爵家が所有。2002年に手放すことになり、最終的に幾つかの条件を満たした千住が演奏者として最初の所有者となった [8]
1722年 ジュピター
エクスゴーディング
(Jupiter; ex-Goding)
Vl 五嶋龍 日本音楽財団 五嶋みどり、樫本大進への貸与を経て、五嶋みどりの弟である五嶋龍が 2013年12月から使用。
1729年 レカミエ
(Récamier)
Vl 庄司紗矢香 貸与:上野製薬(株) ミッシャ・エルマンが所有・使用していたもの。
1727年 - Vl 神尾真由子 貸与:サントリー(株) ヨーゼフ・ヨアヒムが所有・使用していたもの。
1727年 イワサキ
(Iwasaki)
Vc 岩崎洸 自己所有 -
1736年 ルーシー
(Roussy)
Vl 高嶋ちさ子 自己所有 -


ストラディバリウスにまつわるエピソード[編集]

ストラディバリウスは、優れた楽器の代名詞として、さまざまなフィクションに登場する。アーサー・コナン・ドイルの創作した名探偵シャーロック・ホームズは劇中でストラディバリウスを弾くシーンがある。

輸送中のストラディバリウスが航空事故に巻き込まれ、人物や高価な美術品と同様に大きな話題となることがある。天才ヴァイオリニストと謳われたジネット・ヌヴーが死亡した墜落事故、そのヌヴーの師であるジャック・ティボーが来日途上に巻き込まれ死亡した墜落事故などで、それぞれの愛用の一挺が巻き込まれている。ティボーの楽器はその残骸すら発見されていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 神の秘密 278年目の挑戦 GENROQ 2015年4月号 No350 三栄書房 P180-183
  2. ^ ロンドンで盗まれたストラディバリウス、2年半ぶりに発見(cnn.co.jp 2013年7月31日)
  3. ^ 横山進一『ストラディバリウス』(アスキー新書)アスキー・メディアワークス、2008年 ISBN 9784048674171
  4. ^ 楽器貸与事業(日本音楽財団)
  5. ^ ヴァイオリンの銘器と演奏者リスト(クラシック・データ資料館)
  6. ^ 中澤宗幸『ストラディヴァリウスの真実と嘘』世界文化社、2011年。
  7. ^ 中澤宗幸『ストラディヴァリウスの真実と嘘』世界文化社、2011年、53頁。
  8. ^ 千住真理子 オフィシャルサイト

関連項目[編集]