ストラット (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストラット
レニー・クラヴィッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 バハマ エルーセラ島 グレゴリー・タウン・サウンド
ジャンル ロック
ハードロック
ファンク
R&B
時間
レーベル ロキシー・レコード
プロデュース レニー・クラヴィッツ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(スイス[1]、ドイツ[2]
  • 3位(イタリア[3]、オーストリア[4]、フランス[5]
  • 5位(ベルギー・フランデレン地域[6]、ベルギー・ワロン地域[7]
  • 6位(フィンランド[8]、ポルトガル[9]
  • 7位(オランダ[10]
  • 9位(スペイン[11]
  • 13位(デンマーク[12]
  • 19位(アメリカ[13]
  • 20位(カナダ[13]
  • 21位(イギリス[14]
  • 22位(日本[15]
  • 26位(ノルウェー[16]
  • 31位(オーストラリア[17]
  • レニー・クラヴィッツ 年表
    ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ
    (2011年)
    ストラット
    (2014年)
    テンプレートを表示

    ストラット』(Strut)は、レニー・クラヴィッツ2014年に発表した10作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    クラヴィッツが映画『ハンガー・ゲーム2』(2013年公開)の撮影に参加していた頃、夜になると曲のアイディアが浮かび、それに注意を払ったことで生まれた作品だという[18]。「ウー・ベイビー・ベイビー」はスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのカヴァーで、クラヴィッツ自身は「(アルバムの)最後を締め括るのに相応しい曲だと思った。ナイト・クラブの閉店、つまり灯りがついて、男達が掃除を始めて、バンドがもう1曲演奏しようとする様子を、ちょっと描写してみたいと思ったのさ」とコメントしている[18]

    キーボード、ベース、ドラムスはいずれもクラヴィッツによる多重録音で、ギター・パートに関してはクレイグ・ロスが全曲に参加し、クラヴィッツ自身も6曲(ボーナス・トラックも含めると9曲)でギターを弾いた[19]。なお、タイトル曲のギター・ソロはクレイグ・ロスが弾いている[19]

    プロデュースはクラヴィッツ自身だが、ミキシングに関してはボブ・クリアマウンテン英語版が起用され[19]、クラヴィッツはクリアマウンテンの音作りを「美しく洗練されているけど、ギターもドラムスもバカでかい」と評している[18]

    本作からの第1弾シングル「ザ・チェンバー」のミュージック・ビデオアンソニー・マンドラーが監督し、モデルのリアン・テン・ハーケンがクラヴィッツとのラヴ・シーンを演じた[20]

    本作は、クラヴィッツ自身が設立したインディーズ・レーベル「ロキシー・レコード」からの第1弾アルバムに当たり、クラヴィッツは「前のアルバム(2011年の『ブラック・アンド・ホワイト・アメリカ』)では本当に嫌な経験をしたよ。ヴァージンを出てロードランナーに移ったけど、これ以上ないぐらい最悪だった。今回は自分自身のチームをまとめ上げて、良い気分だったよ」と語っている[18]

    反響[編集]

    スイスのアルバム・チャートでは合計2週にわたって最高2位を記録し[1]、2014年の年間アルバム・チャートでは26位となった[21]。同国のシングル・チャートでは「ザ・チェンバー」が9位、「ニューヨーク・シティ」が34位、「ザ・プレジャー・アンド・ザ・ペイン」が29位に達した[1]

    ドイツでは本作がアルバム・チャートで2位に達し[2]、シングル・チャートでは「ザ・チェンバー」が17位、「ザ・プレジャー・アンド・ザ・ペイン」が80位を記録した[22]。クラヴィッツの母国アメリカでは、総合アルバム・チャートのBillboard 200で19位、『ビルボード』のインディペンデント・アルバム・チャートで3位、ロック・アルバム・チャートで6位に達した[13]

    評価[編集]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「レニーは良いグルーヴを止められず、『ストラット』は殆どグルーヴによって構成されている」と評している[23]。『ローリング・ストーン』誌が選出した「2014年のベスト・アルバム50」では35位にランク・イン[24]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲は作詞・作曲:レニー・クラヴィッツ。

    1. セックス / Sex - 3:54
      • 作詞:レニー・クラヴィッツ/作曲:レニー・クラヴィッツ、クレイグ・ロス
    2. ザ・チェンバー / The Chamber - 4:57
      • 作詞:レニー・クラヴィッツ/作曲:レニー・クラヴィッツ、クレイグ・ロス
    3. ダーティー・ホワイト・ブーツ / Dirty White Boots - 3:57
      • 作詞:レニー・クラヴィッツ/作曲:レニー・クラヴィッツ、クレイグ・ロス
    4. ニューヨーク・シティ / New York City - 6:22
      • 作詞:レニー・クラヴィッツ/作曲:レニー・クラヴィッツ、クレイグ・ロス
    5. ザ・プレジャー・アンド・ザ・ペイン / The Pleasure and the Pain - 5:08
    6. ストラット / Strut - 3:09
    7. フランケンシュタイン / Frankenstein - 4:34
    8. シーズ・ア・ビースト / She's a Beast - 4:42
    9. アイム・ア・ビリーヴァー / I'm a Believer - 3:16
      • 作詞:レニー・クラヴィッツ/作曲:レニー・クラヴィッツ、クレイグ・ロス
    10. ハッピー・バースデイ / Happy Birthday - 4:56
    11. アイ・ネヴァー・ウォント・トゥ・レット・ユー・ダウン / I Never Want to Let You Down - 4:38
    12. ウー・ベイビー・ベイビー / Ooo Baby Baby - 3:40

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    1. スウィート・ギッチー・ローズ / Sweet Gitchey Rose - 4:48
      • 作詞:レニー・クラヴィッツ/作曲:レニー・クラヴィッツ、クレイグ・ロス
    2. キャント・ストップ・シンキン・バウト・ユー / Can't Stop Thinkin' 'bout You - 3:45
    3. リフト・ミー・アウト・オブ・マイ・ヘッド / Lift Me Out of My Head - 5:16
    4. イット・ウォント・フィール・ザ・セイム / It Won't Feel the Same - 4:22

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b c Lenny Kravitz - Strut - hitparade.ch
    2. ^ a b Lenny Kravitz | Longplay-Chartverfolgung - musicline.de
    3. ^ italiancharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    4. ^ Lenny Kravitz - Strut - austriancharts.at
    5. ^ lescharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    6. ^ ultratop.be - Lenny Kravitz - Strut
    7. ^ ultratop.be - Lenny Kravitz - Strut
    8. ^ finnishcharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    9. ^ portuguesecharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    10. ^ Lenny Kravitz - Strut - dutchcharts.nl
    11. ^ spanishcharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    12. ^ danishcharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    13. ^ a b c Lenny Kravitz - Awards”. AllMusic. 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月8日閲覧。
    14. ^ LENNY KRAVITZ | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
    15. ^ ORICON NEWS
    16. ^ norwegiancharts.com - Lenny Kravitz - Strut
    17. ^ australian-charts.com - Lenny Kravitz - Strut
    18. ^ a b c d Graff, Gary (2014年9月22日). “Lenny Kravitz on His 'Grit'n'Glamour' - Filled New Album 'Strut' and Starting His Own Indie Label”. Billboard. 2017年11月8日閲覧。
    19. ^ a b c 日本盤CD (SICP 4301)英文ブックレット内クレジット
    20. ^ レニー・クラヴィッツが自宅初公開、新MVはエロティックなサスペンス映画仕立て”. CDJournal. 音楽出版社 (2014年9月5日). 2017年11月8日閲覧。
    21. ^ Schweizer Jahreshitparade 2014”. hitparade.ch. Hung Medien. 2017年11月8日閲覧。
    22. ^ Lenny Kravitz | Single-Chartverfolgung - musicline.de
    23. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Strut - Lenny Kravitz”. AllMusic. 2017年11月8日閲覧。
    24. ^ Lenny Kravitz, 'Strut' - 50 Best Albums of 2014”. Rolling Stone. 2017年11月8日閲覧。