ストライク・ザ・ブラッド (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストライク・ザ・ブラッド
岸田教団&THE明星ロケッツシングル
初出アルバム『hack/SLASH
B面 ハンゲツトウゲ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル ワーナー・ホーム・ビデオ
作詞・作曲 岸田
チャート最高順位
岸田教団&THE明星ロケッツ シングル 年表
HIGHSCHOOL OF THE DEAD
2010年
ストライク・ザ・ブラッド
(2013年)
GATE〜それは暁のように〜
2015年
テンプレートを表示

ストライク・ザ・ブラッド」は、岸田教団&THE明星ロケッツの楽曲。岸田が作詞・作曲を手掛けた。岸田教団&THE明星ロケッツの2枚目のシングルとして、2013年10月30日ワーナー・ホーム・ビデオから発売された。

音楽性[編集]

本曲は、テレビアニメストライク・ザ・ブラッド』のオープニングテーマに起用された。

歌詞にはメンバーが全員が見覚えのあるフレーズが取り入れられており、岸田曰く「高校生ぐらいのときに行きたかった世界」に仕上がっているという[3]。当初はキャッチーな感じだったが、『ストライク・ザ・ブラッド』の世界観に合っていないため、試行錯誤を重ねて書き上げられた[3]

ちなみにレコーディングは国内の作品では少ないオープンリールによるアナログ記録方式が採用されているが、デジタルと違いテイクを重ねる毎に劣化するため、実質的に1発撮りに近い状況だったという[4]

シングルリリース[編集]

2013年10月30日にワーナー・ホーム・ビデオから発売された。岸田教団&THE明星ロケッツのシングルとしては前作「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」から3年ぶりのリリースとなる。

販売形態は初回限定盤(1000427828)と通常盤(1000427829)の2種リリースで、初回限定盤にはグループ初となるPVが採用されている。しかし初のPVということもあり、メンバーは全員ともカメラに対して格好良さをアピールすることが苦痛で、さながら罰ゲームに近い状態であったという[5]

ジャケットは初回限定盤・通常盤ともTAQROの書き下ろしで、初回盤が南宮那月、通常盤が姫柊雪菜となっている。

2曲目「ハンゲツトウゲ」は、ロックバラード調の切ないラブソングに仕上がっている[3]

シングル収録内容[編集]

CDシングル[1]
全編曲: 岸田教団&THE明星ロケッツ。
#タイトル作詞・作曲時間
1.「ストライク・ザ・ブラッド」岸田
2.「ハンゲツトウゲ」ichigo
3.「ストライク・ザ・ブラッド -Instrumental」 
4.「ハンゲツトウゲ -Instrumental」 
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ストライク・ザ・ブラッド(MUSIC Video)」  
2.「ストライク・ザ・ブラッド(TV-SPOT)」  

チャート[編集]

チャート(2013年) 最高位
オリコン[2] 16
Billboard Japan Hot 100[6] 52
Billboard Japan Hot Singles Sales[7] 16
Billboard Japan Hot Animation[8] 6

出典[編集]

  1. ^ a b ストライク・ザ・ブラッド [CD+DVD]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2013年11月6日閲覧。
  2. ^ a b ストライク・ザ・ブラッド(初回限定盤)”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年11月6日閲覧。
  3. ^ a b c リスアニ! & Vol.15, p. 78.
  4. ^ リスアニ! & Vol.15, p. 79.
  5. ^ リスアニ! & Vol.15, p. 80.
  6. ^ Billboard Japan Hot 100 2013/11/11 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年11月6日閲覧。
  7. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2013/11/11 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年11月7日閲覧。
  8. ^ Billboard Japan Hot Animation 2013/11/11 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年11月7日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]