ストィル川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストィル川
Lutsk07.JPG
水系 ドニエプル川
延長 494 km
平均の流量 49,5 m³/s
(河口)
流域面積 13100 km²
水源 ヴォルィーニ高地
水源の標高 258,8 m
河口・合流先 プリピャチ川
流域 ウクライナ:リヴィウ州、ヴォルィーニ州、リウネ州、 / ベラルーシ:ブレスト州
テンプレートを表示

ストィル川ベラルーシ語: Стырウクライナ語: Стир)は、ウクライナ北西部、ベラルーシ南部を流れるプリピャチ川の支流である。全長494km(うちベラルーシ国内での長さは70km)、流域面積13100km²(うちベラルーシ国内493km²)。河口での年間平均流量は49,5㎥/秒。

行政区でいえば、ウクライナ・リヴィウ州ブロディシクィー地区(uk)ポヌィクヴァ村(uk)近くのヴォルィーニ高地(ru)を水源地とし、リヴィウ州、ヴォルィーニ州リウネ州を通過する。その後国境を越えてベラルーシへと入り、ブレスト州でプリピャチ川へと合流する。流域に位置する市にはベレステーチコロジーシチェルーツィク、クズネツオーウシク(uk)がある。

自然地理学的な特徴としては、上流域で河川の造成した渓谷は台形で幅が狭い(200 - 300m)が、大地に深く切れ込みを入れている。この地域の渓谷はプリピャチ川の渓谷と一括りに扱われている。上流域の渓谷の斜面は険しく、高さ30 - 40mに及ぶ。中流域の河川の両岸には氾濫原が連なり、その幅は2kmに及ぶ。また三日月湖も存在する。河口では2つの派川となって、プリピャチ川に流入する。春の氾濫期の水量が非常に多く、年間水量の50%に達する。

1922年から、18の水理学局[注 1]において、ストィル川に関する河川学が研究されている。また、川の水は揚水され、土地改良に用いられている。

注釈[編集]

  1. ^ 「水理学局」はru:Гидрологический постの意訳による。

参考文献[編集]

  • Энцыклапедыя прыроды Беларусі. У 5-і т. Т.5 / Рэдкал.: І. П. Шамякін (гал. рэд.) і інш. — Мн.: БелСЭ, 1986. — Т. 5. — 583 с.