ステーブルコイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貨幣 > デジタル通貨 > 暗号通貨 > ステーブルコイン

ステーブルコイン: Stablecoins)とは、その価格が暗号通貨法定通貨、または市場で取引されるコモディティ貴金属や工業用金属など、いわゆる商品)などと連動(ペッグ)するよう設計されている暗号通貨である[1]

担保があるステーブルコイン[編集]

裏付けがされた暗号通貨の利点は、暗号通貨の外側の世界で変動する資産によって価格が安定するということである。つまり、裏付け資産との相関関係がないため、ファイナンシャルリスクが軽減される。 [2]ビットコインアルトコインの価格は強く相関しているため、大規模な価格下落が起きた際に、暗号通貨の保有者はその資産を退避させるには市場そのものから撤退するか、裏付けのあるステーブルコインに避難することを余儀なくされる。裏付け資産を償還するメカニズムを備え、誠意を持って管理されていると仮定した場合、裁定取引というシステムにより、ステーブルコインは裏付け資産の価値を下回ることはまずないと言える。

ステーブルコインは、その裏付け資産に関係する同じボラティリティとリスクの影響を受ける。もし、ステーブルコインが分散型方式で裏付けられている場合は比較的安全であるが、もし中央型で特定の金庫などが存在する場合、盗難の被害や、そもそもの裏付け資産の存在に対する不信などがまとわりつくことに繋がりかねない。 [3]

コモディティによる担保[編集]

主な特徴は以下のとおり。

  • その価値は1つかそれ以上のコモディティ(商品)に固定されており、償還は(程度の差はあれど)、いつでも可能で、
  • 規制を受けない個人や規制されている金融機関などによっても支払を受けることができ、
  • コインを裏付けるために使用されるコモディティ(商品)の量は、ステーブルコインの循環・供給量を反映したものであるべき。

コモディティ(商品)に裏付けされたステーブルコインの保有者は、実物資産を入手するのと同じ変換率でステーブルコインを償還することができる。ステーブルコインの安定性を維持するためのコストは、コモディティ(商品)を保管および保護するためのコストということになる。

例としては、Digixゴールドトークン(DGX)[4]などがある。

法定通貨による担保[編集]

このタイプのステーブルコインの価値は、法定通貨などの、第三者が規制する金融機関に属する通貨の価値に基づく。この場合、ステーブルコインの価格の安定性にとって、裏付け資産の保管者に対する信頼が非常に重要なものとなる。法定通貨に裏付けされたステーブルコインは取引所で取引でき、発行者から償還を受けることができる。ステーブルコインの安定性を維持するためのコストは、準備金を維持するためのコストと法令遵守のコスト、つまり免許、監査人といった、規制当局が求めるようなビジネスインフラを維持するためのコストに相当する。

この法定通貨に裏打ちされた暗号通貨が最も一般的であり、史上初のステーブルコインもこのタイプであった。主な特徴は以下のとおり。

  • その価値は、固定比率で1つ、または複数の通貨(最も一般的には米ドル、ユーロ、スイスフラン)に固定化される。
  • テザーは、裏付けに使用される通貨の預託機関として、銀行などの金融機関を利用する。
  • ステーブルコインの裏付けに使用される通貨の金額は、ステーブルコインの循環・供給量を反映したものであるべき。

例としては、TrueUSD(TUSD)[5]USD Tether(USDT)[6]、USD Coin、Diemなどがある。

暗号通貨による担保[編集]

暗号通貨で裏付けられたステーブルコインは、他の暗号通貨を担保とする。これは、概念的には法定通貨で裏付けられたステーブルコインと同様である。ただし、2つの設計の大きな違いとして、法定通貨の担保は通常ブロックチェーン外で発生しますが、このタイプのステーブルコインを裏付けるために使用される暗号通貨は、より分散化された方法でスマートコントラクトを使用してブロックチェーン上で実行されることである。

暗号通貨によって裏打ちされたステーブルコインの特徴は以下の通り。

  • その価値は、別の暗号通貨または暗号通貨ポートフォリオによって担保され、
  • 価格の固定はスマートコントラクトを介してチェーン上で実行され、
  • 供給は、スマートコントラクトを使用してブロックチェーンチェーン上で制御され、
  • 価格の安定性は、担保だけでなく、補足的な手段やインセンティブの導入によって達成される。

このタイプのステーブルコインの技術的な実装は、法定通貨を担保とする実装よりも複雑で多様なものとなる。特に、スマートコントラクトの実装コードの不具合によるソフトウェアの脆弱性を原因とするリスクが高くなる。このタイプのステーブルコインの潜在的な問題としては、担保の価値の変化と補足的な手段への依存である。価格が実際にどのように保証されているかを理解するのが難しい場合があるため、その複雑さが普及の妨げとなる可能性がある。ボラティリティが高い暗号通貨市場の性質上、安定性を確保するために非常に高額な担保も維持する必要もある。

このタイプのステーブルコインの現行プロジェクトの例としてはHavven[7]、DAI[8]などがある。BitGoによるビットコインをラップした(WBTC)ものもある。

シニョリッジ型(無担保)[編集]

シニョリッジ型のステーブルコインは、アルゴリズムを利用して中央銀行と似たアプローチで供給を制御する。 シニョリッジ型のステーブルコインは他と比較して一般的とは言えない。[9]

シニョリッジ型のステーブルコインの特徴は次のとおり。 [9]

  • 価格整はチブロックチェーンで行われ、
  • コインを生成するのに担保は不要、
  • 価値はアルゴリズムによる需要と供給によって制御され、価格を安定させる。

批判[編集]

テザーは、時価総額で最大のステーブルコインであるが、大規模に発行していながら、準備金の監査を提供できないという非難に直面した。[10]

社会的利点[編集]

国際決済銀行は、マネーロンダリング防止の取り組み、運用の回復力、顧客データ保護、金融包摂、税務コンプライアンス、サイバーセキュリティの強化として、考えられるメリットを挙げた。 [11]

出典[編集]

  1. ^ Rise of Crypto Market's Quiet Giants Has Big Market Implications” (英語). Bloomberg.com (2021年3月19日). 2021年10月22日閲覧。
  2. ^ Stable Coin Backed by Circle, Coinbase Draws Most Early Demand” (英語). Bloomberg.com (2018年10月29日). 2018年10月22日閲覧。
  3. ^ Gold-Pegged Vs. USD-Pegged Cryptocurrencies”. Investopedia. 2018年10月27日閲覧。
  4. ^ Eufemio, Anthony C.; Chng, Kai C.; Djie, Shaun (Jul 2018). “Digix's Whitepaper: The Gold Standard in Crypto-Assets”. Digix's Whitepaper: The Gold Standard in Crypto-Assets: 2. https://github.com/DigixGlobal/digix-press-kit/blob/master/digix-whitepaper.pdf. 
  5. ^ “Why Facebook Chose Stablecoins as Its Path to Crypto”. Bloomberg. (2019年1月27日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-01-27/love-crypto-but-not-its-volatility-meet-stablecoins-quicktake 2019年8月30日閲覧。 
  6. ^ Tether. “Tether: Fiat currencies on the Bitcoin blockchain”. Tether: Fiat Currencies on the Bitcoin Blockchain: 7. https://tether.to/wp-content/uploads/2016/06/TetherWhitePaper.pdf 2018年10月23日閲覧。. 
  7. ^ Brooks, Samuel; Jurisevic, Anton; Spain, Michael; Warwick, Kain (2018-06-11). “A decentralised payment network and stablecoin”. A Decentralised Payment Network and Stablecoin V0.8: 6–9. https://havven.io/uploads/havven_whitepaper.pdf. 
  8. ^ The Dai Stablecoin System”. 2018年10月23日閲覧。
  9. ^ a b Memon (2018年8月23日). “Guide to Stablecoin: Types of Stablecoins & Its Importance”. 2018年10月22日閲覧。
  10. ^ “Without this bitcoin price would collapse”. NewsComAu. https://www.news.com.au/finance/money/investing/without-this-scam-bitcoin-price-would-collapse-fears-grow-over-tether-printing-press-as-auditors-part-ways/news-story/308503ab61f82d320e92847a0b59a23b 2018年6月11日閲覧。 
  11. ^ G7Working Group on Stablecoins. Committee on Payments and Market Infrastructure. (18 October 2019). "CPMI Papers: Investigating the impact of global stablecoins". Bank of International Settlements website Retrieved 23 January 2021.