ステンリー・ブラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステンリー・ブラード Football pictogram.svg
Stanley Brard.jpg
名前
ラテン文字 Stanley Brard
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1958-10-24) 1958年10月24日(62歳)
出身地 デン・ハーグ
選手情報
ポジション DF(CB)
ユース
オランダの旗 RKSVレニフ・エン・スネル
オランダの旗 フェイエノールト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1976-1986 オランダの旗 フェイエノールト 208 (10)
1986-1992 オランダの旗 RKCヴァールヴァイク 184 (22)
監督歴
オランダの旗 フィテッセ(ユース、セカンド)
2000-2002 オランダの旗 ADOデン・ハーグ
2002-2004 日本の旗 名古屋グランパスエイト(U-18兼TD)
2005-2012 オランダの旗 フェイエノールト(育成部長)
2013-2015 アゼルバイジャンの旗 ガバラFC(育成部長)
2016 日本の旗 名古屋グランパス(AC兼SD)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ステンリー・ブラードブラルトオランダ語: Stanley Brard1958年10月24日 - )は、オランダの元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはCB(フェイエノールトでは左バック)。

選手歴[編集]

デン・ハーグで生まれた彼はこの地のサッカークラブ、RKSVレニフ・エン・スネルのユースに所属した。この時にエールディヴィジに所属するフェイエノールトのスカウトに目をつけられ、同チームのユースに移籍した。その数年後の1977年のFCトゥウェンテ戦でトップチームでの初出場を飾った。翌年にはディフェンダーとしての活躍の機会も増え、スターティングメンバーとなる事も増えて行った。彼の経歴の中で最もクラブが輝いたのは1983-84シーズンで、この時にはヨハン・クライフがフェイエノールトに加入している。このシーズンに彼はレフトバックからクライフの前へとポジションを変え、相手右サイドバックのフェイエノールト陣内への侵入を防ぐ役割を果たした。この年にフェイエノールトはリーグ、カップともに制覇した。

しかしその2年後にはベンチ要員となる事が増え、移籍を決断する事となった。彼の移籍したRKCヴァールヴァイクは当時エールステ・ディヴィジに昇格したばかりのクラブで、エールディヴィジへの昇格も志すクラブであった。ここでは中心メンバーとなり、1987-88シーズンにエールディヴィジ昇格を決めた。昇格後も中心メンバーで在り続けたが、1990年になるとスターティングメンバー落ちとなり、最後の2シーズンでは僅か17試合の出場に止まった。そして1992年にサッカー選手を引退した。

監督歴[編集]

サッカー選手を引退した後はフィテッセのユース監督やセカンドチームの監督として数年を過ごした。その後、ADOデン・ハーグの監督を2000-01、2001-02シーズンの2シーズン務め、テクニカルディレクターも兼任した。2001年12月にはデン・ハーグを去り、名古屋グランパスエイトのU-18監督兼ディレクターに就任、吉田麻也らを育成した。その後2005年にフェイエノールトに戻り育成部長として2012年まで務め、この間に最優秀育成クラブ賞を3度受賞した[1]

2013年4月から2015年12月にかけてはアゼルバイジャンのガバラFKの育成部長を務めたが、2016年1月に再び名古屋グランパスに戻る事が決まった[2][1][3]。12年ぶりの名古屋ではアシスタントコーチ兼スポーツディレクターに就任した。2016シーズン終了後に退団[4]

人物[編集]

いとこのパティ・ブラードは歌手であり、息子のジョシュア・ブラードはプロサッカー選手である。

参考文献[編集]

  1. ^ a b ステンリー・ブラード氏 来季アシスタントコーチ兼スポーツダイレクター就任のお知らせ”. 名古屋グランパス (2015年12月5日). 2015年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月15日閲覧。
  2. ^ Stenli Brard "Qəbələ"dən ayrılır” (Azerbaijani). gabalafc.az/. Gabala FK (2015年12月5日). 2015年12月6日閲覧。
  3. ^ 名古屋 ステンリー・ブラード氏が12年ぶり復帰 コーチ兼SD就任へ”. スポニチ (2015年12月5日). 2016年1月15日閲覧。
  4. ^ “松田も移籍視野 残ってという熱意感じられない”. 中日スポーツ(CHUNICHI Web). (2016年12月3日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201612/CK2016120302000107.html 2018年8月19日閲覧。