ステルコビリノーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ステルコビリノーゲン
識別情報
CAS登録番号 17095-63-5
PubChem 9548718
MeSH Stercobilinogen
特性
化学式 C33H48N4O6
モル質量 596.76 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ステルコビリノーゲン (:Stercobilinogen) は、腸内微生物によって作られる代謝物で、体内で処理されたヘムビリルビンに分解され、胆汁の一部として分泌され、さらに腸内で細菌に還元されてウロビリノーゲンが生成され、腸内に残ったウロビリノーゲンの両端のピロール環が還元されて無色のステルコビリノーゲンが生成される[1]

ステルコビリノーゲンは、ウロビリノーゲンと同類の化学物質である(ステルコビリノーゲンは、ウロビリノーゲンの両端のピロール環が還元された形を取っている。)。 ステルコビリノーゲンは酸化されて分子中央のメチレン基が二重結合化して共役し、大便の茶色のもとのステルコビリンになる。

脚注[編集]

  1. ^ Stercolilinogen, drugs.com

関連項目[編集]