ステラ (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステラ
ジャンル テレビ情報誌
読者対象 ファミリー層
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 NHKサービスセンター
刊行期間 1990年5月23日 - 刊行中

ステラ(STERA)とはNHKの関連団体・NHKサービスセンター発行の週刊テレビ情報誌である。誌名の由来はSatellite、Television、Radioから。

解説[編集]

ステラの前身は、定期購読専門として発行されていたNHKの広報誌『グラフNHK』(1950年5月創刊。月2回刊。当初の誌名は『NHK』で、1965年より『グラフNHK』となる)であり、これを1990年5月23日から書店などでの一般販売を行うため誌名変更および週刊誌(毎週水曜発売)に形態を改めたものである(このため、巻号などは『グラフNHK』から継続)。紙面構成は主としてNHKで近々に放送が予定される注目番組をカラーグラフで紹介するほか、1週間のテレビ番組表(在京民放キー局と衛星民放も掲載)、NHKのラジオ番組表(NHK-FMはエアチェックリスト付きの番組もある)、イベント情報などが掲載されている。

2004年3月17日からはテレビ雑誌の競争激化から関西版(在京キー局の番組表が在阪民放準キー局に差し替えられている)も創刊されているが[1]、現在地域版の発行は関西のみで、それ以外の地域は関東版(他のテレビ雑誌同様関西に隣接する地域では両版を併売されることもある)を利用する形となる。

現在の番組表のページは

  • テレビは4ページを1日のくくりとしている。
    • その日付最初の2ページはNHK関連で、見開き左端がその日のNHK注目番組を3つ、そしてNHK総合テレビジョンNHK教育テレビジョン、更に右側はNHK BS1NHK BSプレミアムの大型フルサイズ番組表。
    • 次の2ページは民放関連で、見開き左側が在京キー局(関西版は在阪準キー局)の標準フルサイズ番組表、右側は民放キー局系各局、BS11トゥエルビの番組表が標準ハーフサイズで掲載されている。以前は有料BSのWOWOW(プライム、ライブ、シネマ)、スターチャンネル1・2・3の番組表を載せていたことがあったが、有料BSが2011年10月以後段階を追って増えたため、現在は番組表の掲載を省略されている(但し問い合わせ一覧にはこの2局の連絡先住所・電話番号・URLは掲載されている)。
  • ラジオは、テレビの後ろ側のページにあり、
    • 最初と2ページ目右半分がラジオ注目番組の記事。
    • 2ページ目左端と3・4ページ目が1週間のNHKラジオ第1放送の大型番組表(『ラジオ深夜便』の詳細な時間割が下段にある)
    • 5ページ目がNHKラジオ第2放送の1週間の簡単な番組表
    • 6ページ目右半分がNHK-FM放送の注目番組の記事。6ページ目左端、7・8ページ目がNHK-FM放送の1週間の番組表で、事前の録音音楽番組には放送予定楽曲も掲載されている

編集方針としては番組解説はNHKの番組、特にドラマ(大河ドラマ連続テレビ小説)やドキュメンタリー、キャンペーン、スポーツ、衛星放送番組を重視しており、民放ドラマの解説は相対的に少ない。バラエティ番組については解説を事実上他のテレビ誌に譲ることがほとんどとなっている。NHKのミニ番組でさえも他誌(ただし編集者や連載執筆者の個人的な注目であることも多い)に出し抜かれることがある。しかし、NHKの番組情報誌である性格上、媒体露出に制約の多い芸能人がNHKに出演する場合であっても他テレビ誌を凌ぐ情報量で勝負できる強みを持つ。NHKの情報番組(『ためしてガッテン』など)のあらすじが放送時に紹介された図録付きで再録されることがある。『きょうの料理』など、NHK出版などがテキストを刊行している番組に関しても、扱いは多くない。

全国版(関東版)の放送局表記は他のテレビ雑誌とほとんど変わらないが、関西版では毎日放送朝日放送を一般的な表記であるMBSテレビABCテレビと表記せず「毎日放送」「朝日放送」と表記している(ちなみにテレビ朝日は、以前の正式社名であった全国朝日放送時代も「テレビ朝日」として表記。また関西テレビ放送は2015年4月に「関西テレビ」から「カンテレ」の表記に変更)。両版とも、独立UHF局の番組表は掲載していない。関西版では、テレビ東京系列のテレビ大阪の番組表が掲載されていなかった時期はあるが現在は掲載されている。これは、同局が大阪府域の放送局であることを考慮した為である。

例年11月頃にとじ込みで『NHKアナウンサー名鑑』を特集として組んでいる、かつてはNHKのアナウンサーに加えて民放キー局5局(日本テレビテレビ朝日TBSテレビフジテレビテレビ東京)およびその系列局のアナウンサーを網羅していた時期もあった。

別冊[編集]

かつて日本大相撲の、前場所が終わる時期に合わせて刊行されていた隔月刊雑誌(次の場所の番付編成会議の結果を受けて偶数月の中旬ごろに発売されていた)。1975年から刊行されており、こちらは『グラフNHK』が会員限定誌だったころから、書店などで取り扱われていた。
2010年名古屋場所は一連の大相撲野球賭博問題の影響により大相撲生中継が取り止め(開催そのものはあり、録画ダイジェストを放送した)になったことを受けて発売中止となり、8月に「名古屋・秋場所合併号」として発行された。
2011年春場所は一連の大相撲八百長問題の影響で大相撲の開催そのものが自粛となったため発売中止となる。また同雑誌の発行部数低下などの理由により、夏場所以後開催しても出版しない事を決定したため、休刊となった。
その後2013年6月より大相撲人気の回復を受け「NHK G-Media 大相撲ジャーナル」と改題しNHKグローバルメディアサービスより復刊し、2017年5月より旧誌名の入った「NHK G-Media 大相撲中継」に改題されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『NHK大阪放送局開局80年 大正・昭和から平成へ(1925年〜2005年)』 NHK大阪放送局2005年、32頁。 

関連項目[編集]

2013年5月23日、NHKは上記の事情により休刊した『NHK大相撲中継』を同年6月19日より誌名変更の上復刊させることを発表した。
復刊の理由は「1横綱、3大関が誕生するなど人気が回復し、土俵に活気が戻ってきたため」としている。
発行はイースト・プレスとなって、本誌と直接の関連は無くなったが、発行が、2014年6月20日発行(名古屋場所展望号)から株式会社アプリスタイルになった。
番組と同名の機関誌を発行。当初は『別冊ステラ・ラジオ深夜便』名義で季刊→隔月刊だったが、現在は『月刊ラジオ深夜便』として月刊発行している。
創刊当初(1996年)は会員制(定期購読・通信販売限定)であったが、1998年より全国書店などでの扱いも始まった。
年1回(3月ごろ)に『深夜便ファンブック』(以前は『深夜便完全読本』『深夜便年鑑』)が発売されているほか、アンカーコーナー、明日への言葉などのインタビューをまとめた書籍も多数あり。
番組終了の前後、『メモリアルブック』と題し、各ドラマのダイジェストや出演者のインタビューなどを掲載した「ステラ臨時増刊」が刊行されている(なおNHK関係の出版社では、NHK出版からも『NHKドラマ・ガイド』と称し、番組の放送開始時などに朝ドラや大河ドラマの本が出版されている)。

外部リンク[編集]