ステファ ン モライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン・モライス
Stephan Morais
ステファン・モライス(2009年)
生誕 1973年10月27日(41歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
住居 マプト州,モザンビーク共和国
職業 実業家投資家

Stephan Godinho Lopes Morais(ステファン・ゴディンホ・ロープス・モライス、1973年10月27日 - )は、ヨーロッパのビジネスマネージメント及び投資家である。ポルトガル人

人物・来歴[編集]

1973年、イギリスロンドン生まれ。ポルトガルの弁護士である父のもとでリスボンにて育つ。ポルトガルで最高峰の学府である、Colégio Sagrado Coração de Maria and Colégio Valsassinaで学ぶ。最も権威のある工学研究所である、Instituto Superior Técnico de Lisbon を卒業し、土木技師の学位を受ける。

1996年の卒業生で、最後の学期をパリ国立土木学校 で過ごす。2000年に、ハーバード・ビジネス・スクール に入学を許可され、セインズベリー・マネージメント・フェローシップを授与され、プライベート・イクイティーを専攻し2002年に卒業する。

モライスは、Halcrow Group Limited UKでキャリアをスタートし、モザンビークパキスタンパナマチリの多国間機関の民営化プロジェクトに従事。その後、アーサー・アンダーセン に勤務するため、ロンドンに移住。エネルギーとユーティリティーチームのシニアコンサルタントとして勤務。

経営管理学修士、ポルトガル政府に任命され、国営投資コングロマリットであるIPEの民営化に従事し、国家のエネルギー政策の草案に関わる。

2003年に、Energias de Portugal にCEOとして参画、次いでビルバオのNaturgas Energia Serviciosにマネージング・ディレクターとして参画。

ハーバード大学においてプライベート・イクイティーを専攻した関係で、2006年に他の投資家と共に、ポルトガルのメジャーな家具製造およびデザイン会社であるTemahomeを買収。2009年末にTemahomeを去る。2010年にはポルトガル人として初めて、世界経済フォーラムのYoung Global Leaderに選出される。

他には、不動産投資会社のCrimson Investment Managementの非常勤役員、2007年に他の投資家と共同設立した、モデリング、セレブリティマネージメントエージェンシーであるLight Modelsの社長を務め、いくつかの企業のアドバイザリーボードを務め、金融および戦略的な助言に努めた。

2010年にポルトガル最大の銀行、Grupo Caixa Geral de Depósitos に理事として参画、およびモザンビークの新しい投資銀行 Banco Nacional de Investimento(ポルトガルのCaixaとモザンビーク政府のパートナーシップによる会社)のエグゼクティブ・バイス・プレジデントおよびCFOとして勤務。

受賞歴[編集]

  • 2009年 DMEアワード:デザイン・マネジメント・ヨーロッパ[1][2]
  • 2009年 ポルトガル・デザイン・センターとポルトガル大統領による、ナショナル・デザイン・アワード「Sena da Silva」[3][4]
  • 2010年 世界経済フォーラムのYoung Global Leader[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • Young Global Leaders - プロフィール世界経済フォーラムで
  • Twitter - ステファン・ モライス 公式のTwitterのページ