ステップバイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイソン属
ステップバイソンの頭骨
ステップバイソンの頭骨
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : 反芻亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: バイソン属 Bison
: ステップバイソン B. priscus
学名
Bison priscus
Bojanus, 1827
英名
Steppe Bison
Steppe Wisent

ステップバイソンBison priscus)とは、第四紀時代のヨーロッパ、中央アジア、ベーリング地峡と北米の草原地帯で発見されるバイソン類のことである。バイソン・プリスクスステップヴィーゼントとも表記される。彼らは南アジア周辺で進化したと考えられているが、後にしばしばバイソンと混同されるオーロックスもおおよそ同じ地域・時代に現れはじめている。

概要[編集]

ステップバイソン
ステップバイソンの角

ステップバイソンは更新世後期に絶滅して、ヨーロッパでは近代的なヨーロッパバイソン、アメリカではアメリカバイソンの繁栄によってとって代わられた。

体高は2mを超え、形態は現代のバイソンと酷似している。左右の角が繋がって1mほどに見えるが、実際の角は1本あたり50cm程度である。

ラスコーアルタミラなどの洞窟壁画に、ステップバイソンが描かれていることがある。