ステキなタイミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ステキなタイミングとは、1960年に発表された楽曲。原題は「Good Timin'」、別邦題「グッド・タイミング」。

解説[編集]

原曲はアメリカ合衆国アラバマ州出身の歌手であるジミー・ジョーンズが発表した「Good Timin'」(邦題:「ステキなタイミング」、「グッド・タイミング」)である。同曲はBillboard Hot 100で最高3位を記録した。

作詞・作曲はフレッド・トビアスクリント・バラード・ジュニア

日本語版[編集]

日本では同年にこの楽曲を草野昌一飯田久彦に歌わせていたが、坂本九のほうが似合うという判断により、坂本九のレパートリーとして加えられ、ステージで歌われていた[1]

ダニー飯田とパラダイス・キングのシングル「ビキニスタイルのお嬢さん」のB面を埋める曲として「ステキなタイミング」の邦題で、坂本九のメインボーカルでレコード化して発売された。時間が足りなかったため、急遽草野が「漣健児」のペンネームで自ら日本語訳詞を手がけることとなった。草野が「漣健児」のペンネームを使用したのはこれが最初である[2]

B面の楽曲であったが、既に「悲しき六十才」のヒットで人気を確立していた坂本九のメインボーカル曲を売り出す目的で、曲直瀬信子の指示によりテレビではA面の楽曲「ビキニスタイルのお嬢さん」ではなく「ステキなタイミング」が演奏されるようになる[3]。そのこともあって、発表当初は「ビキニスタイルのお嬢さん」以上の人気を博した。2000年代現在でもこの楽曲の人気は衰えておらず、CDアルバムやCD-BOXに収録されている事も多く、懐メロ番組でも取り上げられる事も多い。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤剛『上を向いて歩こう』岩波書店、2011年、178-179頁。ISBN 978-4-00-022219-8
  2. ^ 佐藤剛『上を向いて歩こう』179頁。
  3. ^ 佐藤剛『上を向いて歩こう』177-178頁。