スティール・マグノリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティール・マグノリア (Steel Magnolia ) はアメリカ合衆国カントリー・ミュージック・デュオ。オーディション番組『Can You Duet 』第2シーズンで優勝。ミーガン・リンジーとその婚約者のジョシュア・スコット・ジョーンズで構成された[1]。番組で優勝後、ビッグ・マシン・レコードと契約。2009年8月にデビュー・シングル『Keep On Lovin' You 』を発表し、『ビルボード』誌のカントリー・チャートでトップ10にランクインした。

経歴[編集]

ルイジアナ州ポンチャトゥラ生まれのミーガン・リンジーは23歳の頃、3年間交際してきたジョシュア・スコット・ジョーンズとスティール・マグノリアを結成。『Can You Duet 』の出演前リンジーはテネシー州ナッシュビルのカラオケ・バー、ルーニーズ・ウェスタン・ルームでカラオケの司会をしており、ここでジョーンズと知り合った[1]

2011年9月29日、ジョシュア・スコット・ジョーンズは薬物中毒更生施設に入所したことを発表[2]。ジョーンズ不在中、音楽仲間でツアー公演に参加したことのあるジェイムス・オットーが音楽性の面で類似しているため、スティール・マグノリアに参加しデュエットとしてツアー公演を続けることができた。ジョーンズが更生施設から出所した後、リンジーとジョーンズは婚約を解消したが、スティール・マグノリアとしての活動は続けていくこととした。リンジーは現在ミュージシャンでプロデューサーのタイラー・ケインと交際中である[3]

音楽活動[編集]

2009年~2010年、『Steel Magnolia — EP[編集]

Can You Duet 』第2シーズンで優勝した直後、デビュー・シングル『Keep On Lovin' You 』を発表。『ビルボード』のカントリー・チャートで初登場58位となり[4]、後に第5位まで上昇した。2009年1月、『Can You Duet 』第1シーズン優勝者ジョーイ+ロリーのデビュー・シングル『Cheater, Cheater 』が『ビルボード』誌のカントリー・チャートで第30位となったのを抜いて、2009年11月、『Can You Duet 』出場者最高順位となった。この曲は2010年2月23日に発売されたコンパクト盤Steel Magnolia — EP 』に収録されている。またこの曲は映画『バレンタインデー』のサウンドトラックValentine's Day 』にも収録されている。

2009年10月、『グランド・オール・オープリー』に初出演し、『Keep On Lovin' You 』の他にハンク・ウィリアムズの『I'm So Lonesome I Could Cry 』を演奏した[5]

2010年、アカデミー・オブ・カントリーミュージック主催のACMアワードの最優秀新人ヴォーカル・デュオ賞にボムシェル、ジョーイ+ロリーと共にノミネートされた。

2010年~、『Steel Magnolia[編集]

2010年9月21日にデビュー・アルバムが発売される予定だった[6]が、延期され2011年1月11日に『Steel Magnolia 』が発売された[7]Billboard 200で第7位、『ビルボード』誌のカントリー・アルバム・チャートで第3位となった。アメリカ国内で第1週目に約28,000枚を売り上げた。

このアルバムにはデビュー・シングルの他、2枚目のシングル『Just By Being You (Halo and Wings) 』も収録されている[6]。この曲は2010年7月にカントリー・ラジオで最初に発表され、カントリー・チャートで30位以内にランクインした。2010年12月6日、このアルバムからの3枚目のシングル『Last Night Again 』がカントリー・ラジオで発表され、カントリー・チャートで最高第24位となった。2011年8月22日、4枚目のシングル『Bulletproof 』が発売された。

2011年9月、ジョーンズが更生施設に入所し、リーバ・マッキンタイアのツアー・コンサートにはジェイムス・オットーが参加しスティール・マグノリアとして同行した。2012年1月、スティール・マグノリア解散の噂の渦中、ビッグ・マシンから離脱。2012年6月、新アルバムに向けて活動中であることを発表。2012年6月にLPフィールド行なわれたCMAミュージック・フェスティバルに出演した[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Bjoke, Matt (2009年8月9日). “Steel Magnolia wins Season 2 of Can You Duet”. 2009年8月17日閲覧。
  2. ^ Joshua Scott Jones (2011年9月29日). “A message for the fans from Joshua Scott Jones”. Steel Magnolia. 2011年9月29日閲覧。
  3. ^ http://wycd.radio.com/2011/10/24/james-otto-joins-steel-magnolia/
  4. ^ Chart highlights – Latin, Alternative, Smooth Jazz & More”. Billboard (magazine). 2009年8月17日閲覧。
  5. ^ Roughstock staff (2009年10月28日). “Steel Magnolia debut on Grand Ole Opry”. Roughstock. 2009年10月30日閲覧。
  6. ^ a b Steel Magnolia's debut album to release on September 21”. Steel Magnolia (2010年7月12日). 2010年7月27日閲覧。
  7. ^ Winterroth,Scott (2011年1月12日). “Steel Magnolia debut album”. Country Music Chicago. 2011年1月12日閲覧。
  8. ^ Steel Magnolia Leave Label Amid Breakup Reports”. The Boot (2012年1月18日). 2012年1月19日閲覧。