スティーブ・ジョブズ (2013年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・ジョブズ
Jobs
監督 ジョシュア・マイケル・スターン英語版
脚本 マット・ホワイトレイ
製作 マーク・ヒューム
製作総指揮 マーク・ヒューム
ロナルド・バラード
ビル・ジョンソン
ジェイコブ・ペチェニク
マルコス・A・ロドリゲス英語版
ジム・セイベル
デヴィッド・C・トラウブ
出演者 アシュトン・カッチャー
ジョシュ・ギャッド
アーナ・オライリー
ダーモット・マローニー
マシュー・モディーン
J・K・シモンズ
ルーカス・ハース
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 ロバート・コマツ
製作会社 エンドゲーム・エンターテインメント
ファイヴ・スター・フィーチャー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 オープン・ロード・フィルムズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年1月25日SFF8月16日
日本の旗 2013年11月1日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

スティーブ・ジョブズ』(原題: Jobs)は、1971年から2011年までのスティーブ・ジョブズを描いた2013年アメリカ合衆国伝記ドラマ映画英語版である[1][2]。監督はジョシュア・マイケル・スターン英語版、脚本はマット・ホワイトレイである。アシュトン・カッチャーがジョブズ、ジョシュ・ギャッドアップルコンピュータ共同設立者のスティーブ・ウォズニアックを演じる。

2013年サンダンス映画祭英語版でクロージング作品として上映された[3][4]。アメリカ合衆国では同年8月16日から一般公開されている[5][6]

あらすじ[編集]

2001年、アップルCEOスティーブ・ジョブズは『iPod』を発表した。そこに至る道は1974年の大学時代、すでに始まっていた。退学した後も無料で授業を受け続ける裸足の若者スティーブ。彼は東洋の思想を求めてインドを旅し、LSDを吸い、将来を模索していた。

1976年、アタリ社でゲーム機を開発するスティーブ。優秀だが他人と協調できないスティーブは、自由を求め、友人のウォズアップルコンピュータを立ち上げた。自宅のガレージ[7]で家庭用コンピュータの製造を開始するスティーブたち。仲間も少しずつ増えていったが、スティーブの協調性のなさは相変わらずで、恋人のクリス=アンが妊娠しても責任を取ろうとしなかった。

パーソナル・コンピュータ『Apple II』で一世を風靡するアップル。企業は急成長を遂げるが、スティーブの独断は加速する一方だった。 1984年、スティーブは華々しくマッキントッシュの発売を宣言した。しかし、開発の遅れや他社の類似品で業績は悪化し、最初の仲間ウォズまでがアップルを去って行った。

1985年にアップルを追われ、結婚して妻子と暮らしていたスティーブは、11年後の1996年に 顧問としてアップルに復帰した。翌年、暫定CEOに就任したスティーブは、古参の重役たちを解雇し、最悪の状態の社を率いて新しい一歩を踏み出すのだった。

映画としてはジョブズが復帰した所までで、2012年09月 アップルが株式時価総額で世界一になった事をクレジットで伝えて終わる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価[編集]

スティーブ・ジョブズが幼少時代を過ごしたロスアルトスの家での撮影。

2013年6月30日時点でRotten Tomatoesでは7件のレビューで支持率は43%となっている[8]Metacriticでは4件のレビューで加重平均値は47/100となっている[9]

参考文献[編集]

  1. ^ Vejvoda, Jim (2012年4月1日). “Ashton Kutcher is Steve Jobs”. IGN. 2012年4月2日閲覧。
  2. ^ Sciretta, Peter (2012年5月19日). “Ashton Kutcher's Steve Jobs Movie 'jOBS' Begins Filming in the Original Apple Garage”. /Film. 2012年5月19日閲覧。
  3. ^ 2013 Sundance Film Festival Announces Films in Premieres and Documentary Premieres”. Sundance.org. Sundance Institute (2012年12月3日). 2012年12月27日閲覧。
  4. ^ Gibbs, Ed (2013年1月28日). “Sundance film festival 2013: Jobs – first look review”. The Guardian. 2013年5月10日閲覧。
  5. ^ Ford, Rebecca (2013年6月13日). “Ashton Kutcher's 'Jobs' Biopic Gets New Release Date”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/ashton-kutchers-steve-jobs-biopic-567540 2013年6月13日閲覧。 
  6. ^ Bahr, Lindsay (2013年6月13日). “Ashton Kutcher's 'Jobs' gets a release date”. Entertainment Weekly. 2013年6月13日閲覧。
  7. ^ ガレージという部分については事実と異なるとウォズニアックが否定している。出典:ガレージで創業というのは誇張--アップル共同創設者のウォズニアック氏、真相を語る CNET Japan 2014年12月5日。
  8. ^ jOBS – Rotten Tomatoes”. Rotten Tomatoes. 2013年6月30日閲覧。
  9. ^ Jobs: Reviews”. Metacritic. 2013年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]