スティーブ・アンソニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーブ・アンソニー
プロフィール
リングネーム スティーブ・アンソニー
ニックネーム King of the 450
Mr.450
身長 178cm
体重 95kg
誕生日 (1977-10-20) 1977年10月20日(42歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗ルイジアナ州ジェニングス
所属 フリー
スポーツ歴 アメリカンフットボール
棒高跳び
トレーナー チーフ・リトル・ベア
ハーリー・レイス
デビュー 2003年
テンプレートを表示

スティーブ・アンソニーSteve Anthony1977年10月20日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラールイジアナ州ジェニングス出身。

来歴[編集]

学生時代はアメリカンフットボール棒高跳びで身体を鍛える[1]

2003年より、プロレスラーとしてのキャリアを開始。アメリカ南部を拠点とするインディー団体で活動していた。

2007年ハーリー・レイスが主宰するWLW(World League Wrestling)に入団[1]。WLW世界ヘビー級王座やWLW世界タッグ王座を獲得。

2008年3月22日にはWLWタッグ王座防衛戦で潮崎豪&スーパースター・スティーブの挑戦を退けている[1]

2009年9月、初来日を果たしプロレスリング・ノアに参戦[1]

2015年4月13日、NWA加盟団体であるVPW(Vendetta Pro Wrestling)のCasino Royaleに参戦。NWA世界ジュニアヘビー級王座を保持する獣神サンダー・ライガーに挑戦して勝利し、ベルトを奪取した[2][3]

2016年3月19日、新日本プロレスのRoad to INVASION ATTACK 2016に参戦。NWA世界ジュニアヘビー級王座を保持するタイガーマスクに挑戦。タイガーのマスクを引き裂くなどダーティーファイトを徹して試合を優位に進め、終盤にはタイガーの蹴りを受け止めてレフェリーのタイガー服部に誤爆させると急所を蹴り上げ、ジャンピング・フロントハイキックからエクスクラメーション・ポイントへと繋げて勝利。ベルトを奪取した[4]

獲得タイトル[編集]

NWA
WLW

得意技[編集]

相手の腕を首に掛けて担ぎ上げ、ファイヤーマンズキャリーの体勢から頭を抱え込みながらエメラルド・フロウジョンのように横サイドに落としていく。

参考文献・参考サイト[編集]

  • プロレスリング・ノア『Exceeding Our Dreams'09』公式パンフレット

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロレスリング・ノア『Exceeding Our Dreams'09』公式パンフレット
  2. ^ NWA NEWS: Jushin Liger loses NWA Jr. Hvt. Title at Cauliflower”. PWTorch. 2015年4月14日閲覧。
  3. ^ New NWA World Junior Heavyweight Champion”. NWA Ringside. 2015年4月14日閲覧。
  4. ^ Road to INVASION ATTACK 2016”. 新日本プロレス. 2016年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]