スティーブン・A・クーンズ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スティーブン・A・クーンズ賞(スティーブン・A・クーンズしょう、英称:The Steven A. Coons Award、略称:クーンズ賞)は、アメリカコンピュータ学会が主催する世界的なコンピュータグラフィックス (CG)のコンファレンスSIGGRAPHが、研究者を対象に設けている3つの賞のひとつである。他の2つは、CG技術と業績に対するCGアチーブメント賞と、若手研究者向けのシグニフィカント・ニューリサーチ賞である。クーンズ賞はこの中で最も重要な賞とされており、コンピュータグラフィックス界のノーベル賞とも呼ばれる[1][2]

受賞者[編集]

授賞は2年間に1人に与えられる。

第1回の受賞者は、CGの生みの親と言われるアイバン・サザランドであった。第2回の受賞者は、ベジエ曲線の考案者として著名なピエール・ベジェ、またアニメーション制作会社ピクサーの創始者エドウィン・キャットマルなどが含まれている。

過去の受賞者一覧[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ディジタル最前線 Vol.33 ロサンゼルスで開催された「SIGGRAPH2010」をレポート!”. 画像情報教育振興協会CG-ARTS協会). 2015年9月28日閲覧。
  2. ^ 東京工科大学大学院メディアサイエンス専攻客員教授にCG界のノーベル賞といわれるCoons Award受賞者の西田友是氏が就任”. 東京工科大学. 2015年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]