スティーブン・グリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Steven M. Greer スティーブン・M・グリア
StevenGreer01.jpg
生誕 (1955-06-28) 1955年6月28日(63歳)
シャーロット (ノースカロライナ州)
教育 en:East Tennessee State University James H. Quillen College of Medicine
職業 医師 (退職)
UFO研究者

スティーブン・M・グリア: Steven Macon Greer, 1955年6月28日 - )は、アメリカ合衆国の元医師UFO研究者。グリアは、Center for the Study of Extraterrestrial Intelligence (CSETI、地球外知性研究センター) および隠蔽されたUFO情報を暴露する UFO機密情報公開ディスクロージャー・プロジェクト (The Disclosure Project) を設立した。

生い立ち[編集]

グリアは1955年にシャーロット (ノースカロライナ州) に生まれた[1][2] 。グリアは8歳ごろにUFOを間近で見たといい、この体験が後のUFO研究へと駆り立てた[1][3][2]。彼は超越瞑想の教師として訓練を受け、瞑想団体の長として活動した[1][4]。グリアは1987年に東テネシー州立大学ジャームズ・H・クィラン医学校を卒業[5]。1988年にMountain Area Health Education Center (MAHEC) ノースカロライナ大学でインターンを終了し、1989年にヴァージニア州の医師免許を得た。同じ年にアルファ・オメガ・アルファ英語版名誉医学会へ入会した[4][6][7][8]

経歴[編集]

1990年にグリアは、地球外文明へ接触するための外交面、研究面での主導権を得るためにthe Center for the Study of Extra-Terrestrial Intelligence (CSETI、地球外知性研究センター) を設立する[3]

1993年、グリアはディスクロージャー・プロジェクト(The Disclosure Project)を設立する[9][10][11][12][2]。これは非営利の研究計画で、政府のUFO地球外知性先進的なエネルギー技術と推進技術に関する情報を一般に公開することを目的としている。ディスクロージャー・プロジェクトは、政府のUFO関連機密情報を共有することで、安全保証に対する誓約を破ることになる政府の内部告発者に恩赦を与えるための努力のひとつであった[13] 。グリアは同年、CIA長官ジェームズ・ウールジー英語版に接触して状況説明を行ったとされる[14][15][16][2]

1994年10月にグリアはラリー・キングのテレビ番組 The UFO Coverup? に出演した[17][18]。1995年には、グリアはコールドウェル記念病院英語版救急救命室部門の部長医師[19]として勤務していた[4][20]

1997年4月、グリアは、アポロ計画宇宙飛行士エドガー・ミッチェルを含む、CSETIの構成員と共に、連邦議会の議員に向けて状況説明会を行った[21]。1998年、グリアは救急救命室の医師としての経歴を諦め、ディスクロージャー・プロジェクトに専念することになった[22] [23]

2001年5月にグリアは、ワシントン市ナショナル・プレス・クラブ英語版記者会見を行い、退役空軍軍人、元連邦航空局当局者、元情報部当局者ら、総勢20名による証言を発表した[3][24][25][26] [27][28][29]。2002年のオレゴン・デイリー・エメラルド英語版紙による報告では、グリアは120時間におよぶUFO関連の証言を、数々の政府関係者から集めており、その中には宇宙飛行士のゴードン・クーパーや、准将も含まれていた[9]

2013年4月29日から5月3日にかけて、ナショナル・プレス・クラブ英語版において、ディスクロージャーに関する市民公聴会が開かれ、グリアは40名の証言者の一人として参加した[30]

SIRIUS[編集]

2013年にグリアは、ドキュメンタリー映画 "SIRIUS"[31] を共同制作した[32]。これは彼の地球外生命体および政府の隠蔽工作に関する仕事と理論に関する内容である。監督はAmar Kaleka、朗読はトーマス・ジェーンである。グリアの2006年の著作「UFOテクノロジー隠蔽工作」(原題: "Hidden Truth, Forbidden Knowledge") の内容を含んでおり、政府と軍の元関係者らによるインタビューが収められている[33]。映画は2013年の4月22日にロサンゼルスで試写された。SIRIUSはまた、15cm長の人間型骨格、アタカマ・ヒューマノイドに焦点を当てて、画像や、DNA解析の結果を紹介している[34][35]。グリアはこれが地球外生命体の証拠だと考えていたが、後に遺伝的な証拠に寄ってこの骨格は人間の子供の骨格であり、推定ではまだ数十年しか経過しておらず、母親は南米チリの現地住民である可能性が最も高いとした[36][37]

著作[編集]

  • スティーヴン・グリア、前田樹子(訳)、2008、『UFOテクノロジー隠蔽工作』、めるくまーる ISBN 978-4839701352、(原書: Steven M. Greer 前田樹子訳 (2006). Hidden Truth: Forbidden Knowledge. Crossing Point. ISBN 978-0967323824. 
  • Steven M. Greer (2009). Contact: Countdown to Transformation. Crossing Point. ISBN 978-0967323831. 
  • Steven M. Greer (2001). Disclosure : Military and Government Witnesses Reveal the Greatest Secrets in Modern History. Crossing Point. ISBN 978-0967323817. 
  • Steven M. Greer (1999). Extraterrestrial Contact: The Evidence and Implications. Crossing Point. ISBN 978-0967323800. 

脚注[編集]

  1. ^ a b c Thompson, Keith (July–August 1995). “If We Call Them, Will They Come?”. Yoga Journal: pp. 70–77, 153–154. http://books.google.com/books?id=eOkDAAAAMBAJ&hl=ja&pg=PA70#v=onepage&q 2013年3月8日閲覧. ""page 70: By day, he is chairman of the Department of Emergency Medicine at a medium-sized hospital, frequently on call for periods of 12 to 24 hours."" 
  2. ^ a b c d スティーヴン・グリア、前田樹子(訳)、2008、『UFOテクノロジー隠蔽工作』、めるくまーる ISBN 978-4839701352、(原書: Steven M. Greer 前田樹子訳 (2006). Hidden Truth: Forbidden Knowledge. Crossing Point. ISBN 978-0967323824. 
  3. ^ a b c They're Here; UFO watchers to reveal proof that aliens have visited Earth”. The Daily Record (2001年5月9日). 2015年6月15日閲覧。
  4. ^ a b c Alexander S. Heard (1994年9月1日). “ALIEN BROTHERS, COME ON DOWN!”. Outside (magazine). http://www.outsideonline.com/outdoor-adventure/Alien-Brothers--Come-on-Down-.html?page=all 2013年3月12日閲覧。 
  5. ^ Steven Macon Greer Virginia Board of Medicine, accessed Jan 20, 2013
  6. ^ Author Unknown (1987). The Pharos of Alpha Omega Alpha - Volume 50. Alpha Omega Alpha. p. page 54. "COLLEGE OF MEDlClNE—Oelta of Tennessee Class of I987: Steven Macon Greer"
  7. ^ Locate A Member”. Alpha Omega Alpha Honor Medical Society. pp. Use the search term: Greer to yield this result: Steven Macon Greer 115–R–1987–0069199. 2013年3月11日閲覧。
  8. ^ AOA Members from James H. Quillen College of Medicine”. Quillen College of Medicine. 2006年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月15日閲覧。
  9. ^ a b Schmidt, Brad (2002年4月25日). “Alien theorist offers proof of government coverup”. Oregon Daily Emerald. http://dailyemerald.com/2002/04/25/alien-theorist-offers-proof-of-government-coverup/ 2012年12月12日閲覧。 
  10. ^ Salter, Daniel M; Red Star, Nancy (2003). Life With a Cosmos Clearance. Light Technology Publishing. pp. x–ix, 1–4. ISBN 1891824376. http://books.google.com/books?id=KUqLKSWPrvQC&pg=PA1. 
  11. ^ The Disclosure Project Website”. The Disclosure Project (2010年). 2013年3月7日閲覧。 “"The Disclosure Project is a research project working to fully disclose the facts about UFOs, extraterrestrial intelligence, and classified advanced energy and propulsion systems." ディスクロージャー・プロジェクトはUFO地球外知性、と先進的なエネルギー技術および推進システムについて事実を完全に暴露するための研究計画である。”
  12. ^ Tudor, Silke (2001年9月26日). “Alien Culture”. SF Weekly. http://www.sfweekly.com/2001-09-26/news/alien-culture/ 2013年3月10日閲覧。 
  13. ^ Cox, Billy (2008年8月6日). “Admiral: Never looked for UFO data”. Herald Tribune. http://www.heraldtribune.com/article/20080806/blog32/525095430 2013年3月21日閲覧。 
  14. ^ Hulse, Tim (1998年7月26日). “Make friends with an alien, says UFO man”. The Independent (London) 
  15. ^ Unknown author (2012年9月21日). “Strange Phenomena Investigations (SPI).”. Hastings & St. Leonards Observer (St. Leonards-on-Sea, England). 2013年3月14日閲覧。"From 1993, he spent considerable time and resources briefing the Clinton administration, including CIA director James Woolsey, senior military officials at the Pentagon, and select members of Congress, among others." 1993年以来、彼はかなりの時間と資源を費やして、CIA長官ジェームズ・ウールジー、ペンタゴンの軍の高級将校、連邦議員精鋭などを含むクリントン政権へ状況説明を行っていた。
  16. ^ Bunch, Joey (2008年7月10日). “ETs waiting on Denver's invite, lecturer says”. The Denver Post. http://www.denverpost.com/ci_9834363 2013年3月21日閲覧。 
  17. ^ Mendoza, Manuel (1994年10月10日). “Alien Obsession Hits Even Larry King”. The Wichita Eagle. オリジナル2007年5月12日時点によるアーカイブ。. http://nbgoku23.googlepages.com/ALIENOBSESSIONHITSEVENLARRYKING.htm 2013年3月8日閲覧。 
  18. ^ (英語) Steven Greer - Larry King Live - UFO Cover-Up - Oct 1, 1994 (テレビ番組). (1994年10月1日). https://www.youtube.com/watch?v=CzsjzS7O4cU 2015年6月15日閲覧。 
  19. ^ Thompson, Keith (July–August 1995). “If We Call Them, Will They Come?”. Yoga Journal: pp. 70–77, 153–154. http://books.google.com/books?id=eOkDAAAAMBAJ&hl=ja&pg=PA70#v=onepage&q 2013年3月8日閲覧. ""page 70: By day, he is chairman of the Department of Emergency Medicine at a medium-sized hospital, frequently on call for periods of 12 to 24 hours." 日中、彼は中規模の病院の救急部門の部長であり、しばしば12時間または24時間のシフトに呼び出されていた。" 
  20. ^ Nelson, Britt (1994年4月23日). “Asheville physician's hobby is chasing extraterrestrials”. Herald-Journal. http://news.google.com/newspapers?id=XjcfAAAAIBAJ&sjid=K88EAAAAIBAJ&pg=7002,2766210 2013年3月8日閲覧。 
  21. ^ Lord, Mary (1997年4月14日). “The Unending Search for UFOs”. U.S. News & World Report. http://www.usnews.com/usnews/culture/articles/970414/archive_006675.htm 2013年3月10日閲覧。 
  22. ^ Oppegard, Brett (2001年9月11日). “FOUNDER OF UFO PROJECT IS COMING TO PORTLAND”. The Columbian. 2001年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月10日閲覧。
  23. ^ Berger, Joanne (2001年12月1日). “Doctor UFO”. Internal Medicine News. 2001年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月10日閲覧。
  24. ^ Duin, Julia (2001年5月11日). “Government is covering up UFO evidence, group says”. The Washington Times. オリジナル2001年5月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010516132431/http://www.washtimes.com/national/20010510-19816390.htm 2013年3月8日閲覧。 
  25. ^ Katelynn Raymer; David Ruppe (2001年5月10日). “Group Calls for Disclosure of UFO Info”. ABC News. http://abcnews.go.com/Technology/story?id=98572 2013年3月11日閲覧。 
  26. ^ “UFO spotters slam 'US cover-up'”. BBC News. (2001年5月10日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/1322432.stm 
  27. ^ Kehnemui, Sharon (2001年5月10日). “Men in Suits See Aliens as Part of Solution, Not Problem”. Fox News. 2007年5月10日閲覧。
  28. ^ McCullagh, Declan (2001年5月10日). “Ooo-WEE-ooo Fans Come to D.C.”. Wired News. 2007年5月10日閲覧。
  29. ^ (英語(日本語字幕)) 2001 National Press Club Event (YouTube). (2001年5月9日). https://www.youtube.com/watch?v=UzJnZqpFzN0 2015年6月15日閲覧。 
  30. ^ The Citizen Hearing On Disclosure” (英語) (2013年4月29日). 2015年6月15日閲覧。
  31. ^ 邦題: 「SIRIUS スティーブン・グリア博士が放つ新文明のためのビジョン」グリア博士、となっているが、グリアは博士号と持っていないため、医師の意味のdoctorの誤訳であると思われる。
  32. ^ Sullivan, Paul. “New documentary proves aliens exist. We’re dead Sirius”. Metro News. 2013年12月6日閲覧。
  33. ^ “Tiny Alien Humanoid Claimed To Exist In Steven Greer’s Upcoming Documentary ‘Sirius’ [PHOTO, VIDEO]”. Ibtimes.com. (2013年4月9日). http://www.ibtimes.com/tiny-alien-humanoid-claimed-exist-steven-greers-upcoming-documentary-sirius-photo-video-1181439 2013年4月24日閲覧。 
  34. ^ “UFO film to provide proof that aliens exist”. Zeenews.india.com. (2013年4月10日). http://zeenews.india.com/news/space/ufo-film-to-provide-proof-that-aliens-exist_841077.html 2013年4月24日閲覧。 
  35. ^ “UFO Film May Provide Proof of Tiny Extraterrestrial Aliens: Six Inch Body Dissected (Video) : Space”. Science World Report. (2013年4月9日). http://www.scienceworldreport.com/articles/6119/20130409/ufo-film-provide-proof-tiny-extraterrestrial-aliens-six-inch-body.htm 2013年4月24日閲覧。 
  36. ^ “'Atacama Humanoid is Human, Researchers Say'”. http://www.medicaldaily.com/.+(2013年5月1日). http://www.medicaldaily.com/atacama-humanoid-human-researchers-say-245416 2013年9月9日閲覧。 
  37. ^ “Bizarre 6-Inch Skeleton Shown to Be Human”. Science magazine, column 'Science Now' (American Association for the Advancement of Science (AAAS)). (2013年5月3日). http://news.sciencemag.org/sciencenow/2013/05/bizarre-6-inch-skeleton-shown-to.html 2013年9月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]