スチームワールド ディグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スチームワールド ディグ
SteamWorld Dig
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ニンテンドー3DS
Steam
PlayStation 4
PlayStation Vita
Xbox One
Wii U
Nintendo Switch
開発元 Image & Form英語版
発売元 Image & Form
日本の旗
インターグロー(3DS, PS4, PSVita, Wii U)
フライハイワークス(Switch)
シリーズ スチームワールドシリーズ
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 [3DS]
欧州連合の旗オーストラリアの旗 2013年8月7日
アメリカ合衆国の旗 2013年8月8日
日本の旗 2013年11月20日[1]
[Steam] 2013年12月6日
[PS4/PS Vita]
アメリカ合衆国の旗 2014年3月18日
欧州連合の旗 2014年3月19日
日本の旗 2014年12月3日
[Wii U]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2014年8月28日
日本の旗 2014年12月17日
[XBOne] 2015年6月5日
[Switch]
欧州連合の旗アメリカ合衆国の旗 2018年2月1日
日本の旗 2018年7月5日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE10+(10歳以上)
PEGI7
コンテンツ
アイコン
ESRB: Fantasy Violence
テンプレートを表示

スチームワールド ディグ[注 1]SteamWorld Dig)は、スウェーデンのゲーム開発会社Image & Form英語版が開発したアクションゲーム[2]。同社が手掛ける「スチームワールド」シリーズの第2作目。

本稿では、シリーズ第4作目にあたる本作の続編『スチームワールドディグ2』についても記述する。

概要[編集]

スチームパンク西部劇を融合したニンテンドーDSiウェアSteamWorld Tower Defense英語版』(2010年)の世界観を継承した作品で[2]、ゲームジャンルは前作のタワーディフェンスから探索型の2Dタイプアクションゲーム(メトロイドヴァニア英語版)に変更している。鉱山内にある「ステーション」と呼ばれる施設により新たな能力(蒸気機関により水を消費するものが多い)を得るほか、町のショップで能力値を上げることが出来る。

2013年に発売されたニンテンドー3DS版の好評を受け[3]HD化した上で様々なプラットフォーム移植された。日本では、インターグローによりニンテンドー3DS、PlayStation 4PlayStation VitaWii U版が、フライハイワークスによりNintendo Switch版がローカライズされている。

人類が世界大戦により破局を迎えてから数百年後の物語であり[2]、続編では人類が僅かながら地下で生活をしている。

登場キャラクター[編集]

ラスティ
本作の主人公であるスチームロボ。亡くなった叔父からタンブルトンの鉱山を相続する。
鉱山を採掘して、さびれた鉱山の町を復興させていく。
ドロシー
タンブルトンの両替屋。鉱山で掘った鉱石は彼女が換金してくれるが、その額(通算)に応じて町のレベルが上がり、ショップが充実していく。
クランキー
アップグレードショップの店主。ドロシーの父親。鉱山で右足を失っている。

スチームワールドディグ2[編集]

スチームワールドディグ2
SteamWorld Dig 2
ジャンル アクションゲーム
対応機種 Nintendo Switch
Steam
PlayStation 4
PlayStation Vita
ニンテンドー3DS
開発元 Image & Form英語版
発売元 Image & Forms
日本の旗 フライハイワークス
シリーズ スチームワールドシリーズ
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 [Switch]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2017年9月21日
日本の旗 2017年11月23日
[Steam] 2017年9月22日
[PS4/PS Vita]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2017年9月26日
[3DS]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2018年2月22日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE10+(10歳以上)
PEGI7
コンテンツ
アイコン
ESRB: Fantasy Violence
売上本数 [Switch] 10万本[4]
テンプレートを表示

スチームワールドディグ2』(SteamWorld Dig 2)は、2017年に発売されたアクションゲーム。『スチームワールド ディグ』の続編で、「スチームワールド」シリーズの第4作目。

本作では前作で脇役として登場したドロシーが主人公となり、行方不明になった前作の主人公ラスティを捜索する[5]。素材がランダム配置だった前作とは異なり、細部まで全て手作業で配置をするようになったほか、全体的にボリュームアップしている[6]


評価[編集]

スチームワールドディグ2

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Nintendo Switch版のみ、間にスペースが入っていない『スチームワールドディグ』のタイトルで配信されている。

出典[編集]

  1. ^ 3DS「スチームワールド ディグ」11月20日に配信開始!”. GAME Watch (2013年10月21日). 2018年5月26日閲覧。
  2. ^ a b c スウェーデン発の大ヒットゲーム『スチームワールド ディグ』を作ったのは、夢破れて日本にいたYOUだった”. ファミ通.com (2013年12月5日). 2018年5月26日閲覧。
  3. ^ SteamWorld Dig”. Steam (2013年). 2018年5月26日閲覧。
  4. ^ ニンテンドースイッチ版『スチームワールド ディグ2』はSteam版の約10倍売れた、インディーゲーム開発者の成功報告は続く”. AUTOMATON (2017年11月28日). 2018年7月12日閲覧。
  5. ^ Nintendo Switch『スチームワールドディグ2』地底を探検する掘削アクションが11月23日に配信”. ファミ通.com (2017年11月16日). 2018年5月26日閲覧。
  6. ^ 「Hello! インディー」第2回 『スチームワールドディグ2』を掘ってみた!後編”. 任天堂 (2018年5月25日). 2018年5月26日閲覧。
  7. ^ Best Action-Adventure Game - Best of 2017 Awards” (英語). IGN. 2018年7月12日閲覧。
  8. ^ Best Switch Game - Best of 2017 Awards” (英語). IGN. 2018年7月12日閲覧。
  9. ^ HORIZON WINS 7; MARIO GOTY”. National Academy of Video Game Trade Reviewers Corporation (2018年3月13日). 2018年7月12日閲覧。
  10. ^ 2018 Nordic Game Awards” (英語). Nordic Game Community. 2018年7月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]