スチグマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スチグマート(独:Stigmat )とは、光学系の収差補正状況を示す言葉の一つで、球面収差[1]コマ収差[1]非点収差[1]を解消していることを言う。

像面は平面とは限らないが、画角が狭ければ充分に満足な画像が得られる[1]。代表的な光学系としてはシュミット式望遠鏡[1]ジョセフ・マキシミリアン・ペッツヴァールの人像用レンズがある[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『天文アマチュアのための望遠鏡光学・反射編』pp.91-110「収差とその対策」。

参考文献[編集]