スチェパン・ラディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラディチの記念碑(ザグレブ)

スティエパン・ラディチ(Stjepan Radić、1871年7月11日-1928年8月8日)は、クロアチア人の政治家。クロアチア共和農民党(のちクロアチア農民党)を組織した。

生涯[編集]

1871年、クロアチア(当時はオーストリア・ハンガリー帝国領)のシサク近郊で生まれた。1904年、兄(Ante Radić)とクロアチア共和農民党を結成し、ハンガリー支配に対して抵抗した。

第一次世界大戦後は、セルビア人主導の中央集権的な南スラヴ国家形成に反対し、分権的・連邦主義的な南スラヴの統合を主張した。しかし、セルブ・クロアート・スロヴェーヌ王国(のちユーゴスラヴィア王国と改称)においてセルビア人主導の集権化が進められたため、ソヴィエト政権への接近を図った。これに対して政府は1925年にラディチら共和農民党員を逮捕した。獄中のラディチは急進党ニコラ・パシッチと妥協、中央集権的な憲法(ヴィドヴダン憲法、1921年制定)を認め、党名から「共和」を外した。その上で釈放後はパシッチと連立政権を発足させたため、クロアチア人の一部から支持を失い、ふたたび野党に転じた。

1928年、議事録で用いられる文字を、クロアチア人などが用いるラテン文字にするか、それともセルビア人などが用いているキリル文字にするか、国会で審議が行われていた。その最中、急進党のプニシャ・ラチッチがラディチに対して発砲、その傷がもとで8月8日にザグレブで死去した。

クロアチアの200クーナ紙幣に肖像が使用されている。

参考文献[編集]

  • 柴宜弘編 『新版世界各国史18 バルカン史』、山川出版社