スダルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スダルマン(Sudharman)は、ジャイナ教マハーヴィーラの11人の高弟(ガナダラ)のうちの最後の生き残りで、マハーヴィーラなきあとの教団を率い、聖典を伝承した。アルダマーガディー語ではスハンマバラモンの出身で、ゴートラはアーグニヴェーシヤーヤナ(アッギヴェーサーナ)[1]

概要[編集]

『アーヴァッサヤ・ニッジュッティ』(アーヴァシヤカ・ニルユクティ)によると、スダルマンはマガダ国コーッラーカ[2]バラモンとして生まれた。マハーヴィーラには11人のガナダラがあったが、スダルマンはその5番目であった。マハーヴィーラの弟子になったのは50歳のときで、その30年後にマハーヴィーラが没した。11人のガナダラのうち当時生きのこっていたのはインドラブーティ・ガウタマとスダルマンのふたりだけだった[3]。ガウタマはマハーヴィーラの没後すぐに完全智を得、その後はスダルマンが教団を率いたと考えられる。スダルマンはまた聖典の唯一の伝承者となった[4]。12年後に完全智に達し、ラージャグリハにおいて100歳で没したと伝えられる[4][5]

スダルマンは弟子のジャンブーに聖典を伝承した。聖典の多くはスダルマンがマハーヴィーラから聞いたことをジャンブーに話す形式で書かれている[4]。ジャンブーは最後の完全者(完全智に達した人物)とされる[6][4]。ジャンブーより後の聖典伝承者は聴聞完全者(śruta-kevalin)と呼ばれる[6]。聖典は150年間ほど完全に伝承されたが、バドラバーフのときに飢饉によって教団は散り散りとなり、伝承に大きな損失が発生したといわれる[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ Prakrit Proper Names p.20
  2. ^ ナーランダー近辺の集落。Prakrit Proper Names p.207
  3. ^ 渡辺(2005) p.101
  4. ^ a b c d Jaini (1979) p.46
  5. ^ Prakrit Proper Names p.846
  6. ^ a b 渡辺(2005) p.102
  7. ^ 渡辺(2005) pp.113-115
  8. ^ Jaini (1979) pp.46-47

参考文献[編集]

  • Jaini, Padmanabh S (1979). The Jaina Path of Purification. University of California Press. 
  • Dalsukh Malvania, ed (1970-1972). Prakrit Proper Names. Ahmedabad: L. D. Institute of Indology. 
  • 渡辺研二『ジャイナ教』論創社、2005年。ISBN 4846003132