この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スター・ウォーズ
スカイウォーカーの夜明け
Star Wars: The Rise Of Skywalker
Star Wars The Rise of Skywalker.png
監督 J・J・エイブラムス
脚本 J・J・エイブラムス
クリス・テリオ
原案 コリン・トレヴォロウ
デレク・コノリー英語版
原作 キャラクター創造
ジョージ・ルーカス
製作 キャスリーン・ケネディ
J・J・エイブラムス
ミッチェル・レジャン英語版
製作総指揮 カラム・グリーン
トミー・ゴームリー英語版
ジェイソン・マクガトリン
出演者 キャリー・フィッシャー
マーク・ハミル
アダム・ドライバー
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック
アンソニー・ダニエルズ
ナオミ・アッキー
ドーナル・グリーソン
リチャード・E・グラント
ルピタ・ニョンゴ
ケリー・ラッセル
ヨーナス・スオタモ
ケリー・マリー・トラン
イアン・マクダーミド
ビリー・ディー・ウィリアムズ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ダン・ミンデル
編集 メリアン・ブランドン
ステファン・グルーブ
製作会社 ルーカスフィルム
バッド・ロボット・プロダクションズ
配給 世界の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 2019年12月20日
上映時間 142分[1][2][3][4][5]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $275,000,000[6]
興行収入 世界の旗 $1,074,144,248[7][8]
アメリカ合衆国の旗 $515,202,542[7][8]
日本の旗 72.7億円[9][10]
前作 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
テンプレートを表示

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(スター・ウォーズ/スカイウォーカーのよあけ、原題: Star Wars: The Rise Of Skywalker)は、2019年12月20日に公開されたアメリカ映画

概要

アメリカスペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で、レイを主人公とする続三部作(シークエル・トリロジー)の第3章『エピソード9』に当たる。また、旧三部作と新三部作を合わせた合計9本の「スカイウォーカー・サーガ英語版」を締めくくる完結編であると発表されている[11][12][13][14][15]。通常の映画館やIMAXの他、4DXMX4Dで上映され[16]MOVIX京都ではドルビーシネマでも上映される[17][18]本作はドルビービジョンとドルビーアトモスに対応しており、フォーマット上ではドルビーシネマで最適な視聴環境が実現される[要出典]。IMAXの画角では制作されていない[19]

ディズニーの会長ボブ・アイガーブルームバーグのインタビューで、本作の後も映画は複数企画されているものの製作を一時休止して、テレビ企画の方にフォーカスすると語り[20][21][22]ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディも『エンターテインメント・ウィークリー』の取材に対し、今後数年間は新作映画の公開をストップすると明かした[23][24]

2019年5月7日ウォルト・ディズニー・スタジオがタイトル未定のシリーズの新作3本を2022年から2年おきに全米公開すると発表した。全米公開日はいずれもクリスマス前の週末で、第1作が2022年12月16日、第2作が2024年12月20日、第3作が2026年12月18日となる[12][13][14][15]

オープニングクロール

死者の口が開いた!復讐を誓う元皇帝パルパティーンの声が銀河中に響き渡る。

レイア・オーガナ将軍が情報収集を命じる中、ジェダイ最後の希望レイファースト・オーダーとの最終決戦に備えていた。

ファースト・オーダーの最高指導者カイロ・レンは自らによる銀河の支配を脅かす皇帝の幻影を、怒りを力に変えて追っていた。

ストーリー

今は亡き銀河帝国の皇帝だったパルパティーンの言葉に従い、ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レン火山の惑星ムスタファーのかつてダース・ベイダーの城があった跡地で古代の科学技術を駆使して作られたウェイファインダーと呼ばれるシスナビゲーターを手に入れる。これは彼を星図に載ってない銀河系の未知領域の奥深くにある惑星エクセゴルへと導く物であった。

やがて黒い岩が一面に広がる惑星エクセゴルに辿り着いた彼は、古いシスの寺院で約30年前のエンドアの戦いで敗れクローンの体に自身の魂を宿して生き延びていた[注 1]パルパティーンと出会う。パルパティーンの肉体は不完全で生命維持装置に繋がれていた。パルパティーンは裏でファースト・オーダーを操り、彼をダークサイドへと誘うための操り人形としてスノークを作り上げていたのである。またパルパティーンは、長い年月を掛けて極秘に建造を進めていた単体で惑星を破壊できる兵器を搭載したジストン級スター・デストロイヤーの大艦隊「ファイナル・オーダー」の存在を明らかにした。またパルパティーンは、スノークを殺したカイロ・レンにレイを殺すように依頼し、その際には大艦隊「ファイナル・オーダー」の指揮権を与えると言うのだった。

その頃レイは、レジスタンスの指導者であるレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとしての修行に励んでいた。フィンポー・ダメロン英語版は、ファースト・オーダー内部のレジスタンス側スパイから受け取った「パルパティーンが生きている」という情報をレジスタンスに伝えた。レイはルーク・スカイウォーカーが残した古代の書物により、シスのウェイファインダーがあれば惑星エクセゴルに行くことができると知る。レイアは「惑星パサーナの協力者が手助けをしてくれるだろう」と打ち明け、レイ、フィン、ポー、チューバッカBB-8英語版C-3POの6人はミレニアム・ファルコンで出発した。

砂漠の惑星パサーナで一行はランド・カルリジアンに出会う。ランドはシスのウェイファインダーがありそうな場所を指摘した。カイロもフォースのつながりを通じてレイの居場所を突き止めレン騎士団とともにそこへ出向く。レイとその一行は殺人者オーチの残した彼の宇宙船とドロイド (D-O)、そしてシスの言葉で何かが書かれているダガーナイフを見つけた。ナイフに書かれた文章はウェイファインダーのありかで、C-3POには理解できたがシスの言語の翻訳はプログラムでブロックされていた。カイロがそばにいることを察したレイは彼と対決することにした。その間、ミレニアム・ファルコンとチューバッカ、シスのダガーナイフがファースト・オーダーの手に落ちた。レイはチューバッカを救おうとしたが、結果としてチューバッカが乗っていると思われるファースト・オーダーの輸送船をフォース・ライトニングで破壊してしまった。レイたちはその輸送船もろともチューバッカが亡くなったものと考えていたが、とにかくオーチの宇宙船で逃げ出した。

ポーはC-3POの記憶装置に残っているシスの言葉で書かれた文章を引き出すため、にまみれた惑星キジーミへ行くことを提案する。暗号を解読するためにC-3POの過去の記憶は全て消去されてしまったものの、シスのウェイファインダーのある場所の座標を引き出すことができた。これは惑星エンドアの衛星ケフ・ビァにあった。その後レイはチューバッカが生きていることを感じ、一行はチューバッカを助ける作戦を開始した。カイロが雪が降る町の中でレイを探している間に、一行は上空のファースト・オーダーのスター・デストロイヤーに侵入していた。侵入にはポーの古い知り合いの女性ゾーリ・ブリスが協力してくれた。レイはスター・デストロイヤーの内部でダガーナイフを発見し無事に取り戻したが、ダガーナイフに触れた途端、かつて両親がそのナイフで殺害されたビジョンを見てしまう。またレイは、カイロから「お前は皇帝の孫娘、名前はレイ・パルパティーンだ」という衝撃の事実を告げられる[注 2]。過去にパルパティーンは、自分の傘下にあるシス・エターナルと呼ばれるカルト組織に入信している部下に命じてレイを連れ戻そうとしたが、レイの両親は娘を守るためレイを惑星ジャクーに隠したのだった。ポーとフィンとチューバッカはファースト・オーダーに捕まり処刑されかけているところをハックス将軍に助けられる。ハックス将軍は「自分こそがレジスタンスのスパイである」と明かす。ポーらのミレニアム・ファルコンでの脱出を見届けたのち、ハックス将軍自身はスパイとしてプライド元帥に処刑される。

レイらは惑星エンドアの「海の月」ケフ・ビァに到着し、そこでフィンと同じくファースト・オーダーの元ストームトルーパーで、今はレジスタンスの同調者であるジャナと出会う。レイは海に横たわるデス・スターの残骸にウェイファインダーがあるとし、ジャナはその残骸へ渡る船を提供するという。カイロはレイらを追ってやはりケフ・ビァにやってきた。カイロはレイの見つけたウェイファインダーを壊し、パルパティーンに彼がとって代わる手助けをしてほしいと頼む。その時、レイアは死の床にあった。カイロはレイと闘い始めるが、レイアはフォースの力でカイロを呼んで息を引き取る。それに気を取られた隙にカイロはレイに刺された。レイアの死を知ったレイはフォースでカイロの傷を治し、自分はカイロの戦闘機TIEウィスパーを使って生前のルークと同じように惑星オク=トーに身を潜めようとした。パルパティーンを殺しダークサイドに堕ちることを恐れるレイに対し、ルークの霊体はレイアのライトセーバーを託して自身のライトセーバーとレイアのライトセーバーの2つを携えてパルパティーンと戦うよう諭す。そしてルークは自身がオク=トーへ乗って海底に隠したXウイング、「レッド5」を海底からフォースで引き上げて提供する。レイは大破したTIEウィスパーの残骸からウェイファインダーを発見しルークのレッド5に搭乗してエクセゴルに向かった。その頃レイに敗北したカイロは父親、ハン・ソロの幻影に説得され、結局自らのライトセーバーを海に投げ捨て、ベン・ソロとしての本当の自分を取り戻す。同じ頃、パルパティーンは惑星キジーミを示威行動としてプライド元帥が指揮するジストン級に破壊させた。

レジスタンスの基地ではR2-D2がC-3POの記憶を回復させており、レジスタンスはレイの残した座標をたどってエクセゴルへ向かっていた。そこではレイがパルパティーンと対決していた。カイロ・レンことベン・ソロがダークサイドから離反したことにより今度は彼女を乗っ取ろうと企み、シスの掟にのっとり自らを殺すようにけしかけた。上空ではレジスタンスとプライド元帥が指揮するファイナル・オーダーの大艦隊との激しい戦闘が繰り広げられていたが、数で勝るファイナル・オーダーに対しレジスタンスは劣勢だった。絶望的な状況の中、そこにランドが大勢の援軍を引き連れて戻って来たことでレジスタンスは体勢を立て直し、ジストン級スター・デストロイヤーの弱点を突いて徐々にファイナル・オーダーを圧倒し始める。ベンもまたレイを助けるためにやってきて、レイからライトセーバーを受け取りレン騎士団の抵抗も排除した。レイとベンが類まれなるフォースの対であることを認識し、パルパティーンは彼らの力を吸い取り活力を取り戻した。レジスタンスの艦隊をより勢いが増したフォースライトニングで攻撃し、なおも抵抗を試みたベンを地の底へ叩き落した。レイもまた弱っていたが、過去のジェダイたちの声を聴き、彼らはレイに力を貸した。立ち上がったレイにパルパティーンはフォースの稲妻で攻撃をかけるが、レイはルークとレイアのスカイウォーカー兄妹のライトセーバーで攻撃を受け止め、ついにパルパティーンを倒すも、レイは力尽きてしまう。地の底から這いあがってきたベンは自分のフォースを使ってレイを蘇生する。レイはベンを認めると、抱きしめてキスをしたが、今度はベンがそのまま絶命し、レイアと同時にフォースと一つになって肉体を消滅させる。その後銀河のあらゆる地でレジスタンスの艦隊はパルパティーンの艦隊を壊滅させた。

レジスタンス一行はとある惑星に集結し勝利を祝う。レイもレッド5でその惑星に行き傷だらけながらフィンやポーたちとの再会を喜ぶ。

レジスタンスと勝利を喜んだあと、レイはBB-8と共に惑星タトゥイーンにある、ルーク・スカイウォーカーが育った場所であるラーズ夫妻の住居跡を訪れる。レイは自分のライトセーバーを持ち、レイアとルークのライトセーバーは住居跡の敷地に埋めた。通りがかりの老婆に名を聞かれた彼女は、ルークとレイアの霊体が見守る中、「レイ・スカイウォーカー」と名乗る。

キャスト

※括弧内は日本語吹き替え

先人ジェダイの声

ノンクレジット

製作

2014年6月、ライアン・ジョンソンはエピソード9の構想を練っていると発表した[44]。2015年8月には、『ジュラシック・ワールド』などのコリン・トレヴォロウが監督に就任したと発表され[45]、トレヴォロウとデレク・コノリー英語版は脚本の製作に着手した[46]。2016年2月に、ディズニーCEOであるロバート・A・アイガーは本作のプリプロダクションが始まったことを認めた[47]

2016年12月27日キャリー・フィッシャーが亡くなり、マスメディアは彼女がエピソード9のキーパーソンを演じる予定だったと報じたが[48][49][50]、それから数週間後には、ルーカスフィルムが映画内で彼女の登場するシーンをデジタル合成する予定は無いと表明し[51]、2017年4月には、キャスリーン・ケネディがフィッシャーの登場はないと認めた[52][53]。2017年8月、ジャック・ソーン英語版が脚本を書くことが発表された[54][55][56]

2017年9月、ルーカスフィルムはトレヴォロウが監督を降板したと発表し[57][58][59][60]、1週間後にはJ・J・エイブラムスが監督に復帰すると発表した[61][62][63][64]。エイブラムスは彼がCEOを務めるバッド・ロボット・プロダクションズの映画の製作に加えて、クリス・テリオと共同で脚本を担当し、ケネディやミッチェル・レジャンも加わる[65][66]。トレヴォロウとコノリーの名は「原案」としてクレジットされる[67]

キャストはカイロ・レンアダム・ドライバーが、レイデイジー・リドリーが、フィンジョン・ボイエガが、ポー・ダメロン英語版オスカー・アイザックが起用されることが確定した[68]主要撮影は2018年7月に開始される[69][70][71]。ディズニーは元々『フォースの覚醒』や『最後のジェダイ』と同様12月に公開する予定であったが、ディズニーの購入に先立って公開されたスターウォーズより一般的な時期である2019年5月24日を選んだ[72]。しかし、エイブラムスがトレヴォロウから監督を引き継いだ後、公開日は冬のホリデイシーズンに戻され、2019年12月20日に公開される予定となった[73][74][75]

2018年1月10日、本作の音楽をジョン・ウィリアムズが担当することが発表された[76][77]。翌月、ウィリアムズは自身が音楽を製作するスターウォーズ作品は本作が最後になるだろうと発表した[78][79]

2018年6月27日、『ザ・サン』はユアン・マクレガーオビ=ワン・ケノービ役で出演すると報じ[80]、2018年7月6日にはケリー・ラッセルが出演交渉中であることが報道された[81][82][83][84]。2018年7月9日、『ハリウッド・リポーター』はビリー・ディー・ウィリアムズランド・カルリジアン役で出演すると報じた[85][86][87][88]。2018年7月27日、新たなキャストが発表され、マーク・ハミルが続投するほか、ナオミ・アッキーリチャード・E・グラント 、ケリー・ラッセルが新たにキャストに加わった[89]。また、亡くなったキャリー・フィッシャーが『フォースの覚醒』の未使用映像を使用して出演することも発表された[90][91][92][93][94][95][96][97][98][注 5]。これを受けてマーク・ハミルは自身のTwitterで、「彼女無しで最終章を迎えるのはほろ苦さがあります」と複雑な胸中を明かしつつ「彼女は代わりがいない存在です。彼女の代役はいないこと、そして、世界中のファンがこのニュースを聞いた時にあふれ出した愛情を、彼女が喜ぶであろうという事実に、私は慰めを見いだしているところなのです。」と『最後のジェダイ』の場面写真や2人の若かりし頃の写真と共にコメントした[106][107]

2018年8月1日よりイギリスロンドンにあるパインウッド・スタジオにて撮影を開始したとエイブラムス監督とジョン・ボイエガが自身のTwitterで発表した[108][109][110][111][112][113]。これを受けて、チューバッカ役のヨーナス・スオタモが「フォースとともにあらんことを (May The Force Be With You) #IX」と反応し、メッセージを贈られた『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、ハリソン・フォード演じるハン・ソロの画像でエイブラムス監督にエールを送った[114][115][116]

2018年8月24日にはドミニク・モナハンの出演が報じられ[117][118][119][120][121][122]、2018年8月28日にはマット・スミスの出演の噂が報じられた[123][124][125][126][127][128][129][注 6]

2019年2月15日には撮影が終了したことを、エイブラムス監督がTwitterで報告し[131][132][133][134][135][136]、2019年4月13日には、シカゴで開催されたイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」にて予告編が初公開されるとともに、副題が「THE RISE OF SKYWALKER」に決まったことが発表された他[137][138][139][140][141][142][143][144]、ナオミ・アッキーの演じるキャラクターがジャナであることが明かされた[145][146]。また、『エンパイア』の記者ジェームズ・ダイアーは、シーヴ・パルパティーンの帰還をエイブラムスに確認したとTwitterで発信した[147][148][149][150]

2019年5月22日には、ケリー・ラッセルの演じる新キャラクターの名がゾリ・ブリス (Zorri Bliss) という仮面の悪党になることとリチャード・E・グラントがファースト・オーダーの将軍プライド (Pryde) を演じることが『ヴァニティ・フェア』によって報じられた[151][152]

2019年6月24日には邦題が『スカイウォーカーの夜明け』に決定したことが発表された[153][154][155][156][157][158][159]

2019年10月2日には、本作に登場する新キャラクター、バブ・フリック (Babu Frik) のビジュアルが『スター・ウォーズ』米公式Instagramで公開され[160]10月14日には現代アーティストの村上隆が本作にカメオ出演していることが明らかになった[161][162]

2019年11月22日から11月24日まで幕張メッセで開催された「東京コミコン2019」でポスター付き前売り券が発売され[163][164][165][166]、アメリカではオンラインチケット販売のAtom Ticketsで、販売開始から1時間でのセールスが『アベンジャーズ/エンドゲーム』の持っていた記録を破って1位になり[167]、発売開始から24時間のセールスでも第3位の『最後のジェダイ』を超えて歴代1位の『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続く第2位を獲得した[168]

プロモーション

2019年2月3日北海道札幌市の第70回さっぽろ雪まつり・大通会場のUHBファミリーランド[169]にて開催された「第70回さっぽろ雪まつりオープニングセレモニー」にて、本作の日本での公開日がアメリカと同じ2019年12月20日に決定したことが発表された[170][171][172][173][174][175][176][177]

2019年5月4日には東京の六本木ヒルズアリーナにて行われた「スター・ウォーズの日」のイベントで本作の公開に向けたカウントダウンがスタートし、イベントに出席したm-flo☆Taku Takahashiは「(邦題で)ライズ (RISE) がどう訳されるのか妄想をかき立てられますね」とコメントした[178][179][180]。また、『スター・ウォーズ』シリーズ研究の第一人者であり、字幕監修も手掛けた河原一久はシネマトゥデイのインタビューに対し、邦題が『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの復活(もしくは再生)』となることを予想した[181]

2019年8月24日には、アナハイムで開催中の「D23 Expo 2019」内で新映像とティザービジュアルが公開され[182][183][184][185][186][187][188]8月27日にはYouTubeでも公開された[189][190][191][192][193][194][195]。さらに9月20日には、「――すべて、終わらせる。」というコピーが入った日本版のポスターが公開された[196][197][198][199]

2019年10月22日には、最終版予告編と新たなポスタービジュアルが公開され、予告編にはスターウォーズシリーズ恒例の「フォースと共にあれ (May the Force be with you. Always.)」というセリフが存在する[200][201][202][203][204][205][206][207]

2019年11月4日には、本作の公開を記念して市川海老蔵が主演を務める歌舞伎作品「スター・ウォーズ歌舞伎」が開催されることが[208][209][210][211][212][213]、2019年11月20日には海老蔵の息子である堀越勸玄の出演が発表され[214][215][216][217][218][219]、2019年11月28日に「スター・ウォーズ歌舞伎 煉之介光刃三本」の題で上演された[220][221][222][223][224][225][226][227]

2019年11月12日には、奈良県奈良市世界遺産東大寺大仏殿」で本作の公開記念と成功祈願を兼ねた「スター・ウォーズ音楽奉納」が開催された[228][229][230]

2019年11月29日には、キャラクターポスター13種類と最新映像が公開された[231][232][233][234][235][236][237]

2019年12月17日には日本語吹き替え版の声優11人が発表され、ランド・カルリジアン役を『ジェダイの帰還』のソフト版以来、約20年ぶりに若本規夫が担当する他、本作から新たに登場するゾーリ役を甲斐田裕子、プライド元帥役を金子由之が演じ、シスの暗黒卿パルパティーン役を青森伸が担当することが明らかになった[29][30][31][32][33][34]

公開日の当日である2019年12月20日には、シリーズ42年の歴史を振り返る特別映像が公開された[238][239][240][241][242][243][244]

2020年1月16日には、TOHOシネマズ六本木ヒルズ応援上映が行われ、カイロ・レンの吹き替えを務める津田健次郎に加え、シリーズファンの及川光博武田真治が登壇した[245][246][247][248][249]

2020年1月27日NHK総合で放送されたドキュメンタリー番組『逆転人生』では、本作のCG制作に関わった日本人アーティスト・成田昌隆が出演し、本作を含めたスター・ウォーズシリーズの映像が放映された[250][251]

2020年2月12日には、同年3月4日京都市中京区の映画館「MOVIX京都」にてドルビーシネマで上映されることが発表された[17][18]

2020年2月14日には、日本での本作の上映が同年3月5日をもって全スクリーンで終了することが発表されると共に、先人のジェダイの吹き替え声優が発表された[35][36][37][38]

日本での上映が終了した2020年3月6日には、本編に加えて2時間45分を超えるボーナスコンテンツを収録したMovieNEXが、同年4月29日に発売されることが発表された[252][253][254]

2020年4月8日には、本編冒頭から8分を超えるプレビュー映像が解禁された[255]

興行成績

アメリカ

本国アメリカでは、2019年12月20日から12月22日までの3日間で興行収入1億7,738万3,864ドル(約195億円)をあげ全米ボックスオフィスランキングで初登場1位に輝いた[256][257]

公開3週目の全米ボックスオフィスランキングでは3,452万4,815ドル(約38億円)で首位を守ってV3を果たし、公開から17日間の累計は北米だけで4億5,158万2,256ドル(約497億円)に到達、北米以外でも約4億6,700万ドルの興収を上げ、全世界興収を9億1,874万3,060ドル(約1,011億円)とした[258][259]

公開4週目の全米ボックスオフィスランキングでは約1,520万ドルで『1917 命をかけた伝令』に首位を明け渡し2位へランクダウンしたものの、公開からの累計は4億7,829万7,724ドル(約526億円)、世界興収は9億8,996万8,274ドル(約1,089億円)となった[260][261]

公開5週目の全米ボックスオフィスランキングでは興行収入は不明だが5位へランクダウンし[262]、公開6週目の全米ボックスオフィスランキングでも興行収入は不明だが7位へランクダウンしている[263]

公開7週目の全米ボックスオフィスランキングでは興行収入は不明だが7位をキープし[264]、公開8週目の全米ボックスオフィスランキングでは興行収入は不明だが9位へランクダウンしている[265]

日本

日本では、公開初週の土日2日間にあたる2019年12月21日と翌22日で観客動員数67万1,000人、興行収入10億3,700万円をあげ、興行通信社による全国映画動員ランキングで初登場1位を獲得し、公開初日から3日間の累計では観客動員数101万8,851人、興行収入15億7,046万円をあげた[19][266][267][268][269][270][271]。また、22日までの4DX版の累計興行収入は、2019年の4DXオープニング実績の最高記録で、日本歴代では4番目の好成績となる1億1,200万円を突破した[272]

公開2週目の土日2日間にあたる2019年12月28日と翌29日で観客動員数42万8,000人、興行収入6億6,700万円をあげ、興行通信社による全国映画動員ランキングで2週連続1位を獲得し、公開初日からの累計では観客動員数211万人、興行収入32億円を突破した[273][274][275]

公開3週目の土日2日間にあたる2020年1月4日と翌5日で観客動員数31万9,000人、興行収入4億8,900万円をあげたものの、興行通信社による全国映画動員ランキングでは『アナと雪の女王2』に1位を明け渡し2位となったほか、公開初日からの累計では観客動員数347万9,408人、興行収入52億4,227万円を記録した[274][276][277][278][279][280]

公開4週目の土日2日間にあたる2020年1月11日と翌12日で観客動員数22万1,000人、興行収入3億3,100万円をあげたものの、興行通信社による全国映画動員ランキングでは順位をさらに1つ落として3位となったほか、1月13日までの累計で観客動員数407万1,449人、興行収入61億671万円を記録し[281][282][283][284][285][286]1月15日までの累計では観客動員数410万人、興行収入62億円を突破した[245][247]

公開5週目の土日2日間にあたる2020年1月18日と翌19日で観客動員数11万6,000人、興行収入1億8,000万円をあげ、興行通信社による全国映画動員ランキングでは3位をキープしたほか、公開初日からの累計で観客動員数431万人、興行収入64億円を突破した[287][288][289][290][291]

公開6週目の土日2日間にあたる2020年1月25日と翌26日での観客動員数や興行収入は不明だが、興行通信社による全国映画動員ランキングでは5位にランクダウンしたほか[292][293][294][295]1月27日までの累計で観客動員数452万3,176人、興行収入67億7,966万円を記録した[40][41]

公開7週目の土日2日間にあたる2020年2月1日と翌2日での観客動員数や興行収入は不明だが、興行通信社による全国映画動員ランキングでは7位にランクダウンしたほか、公開初日からの累計で観客動員数463万人、興行収入69億円を突破した[296][297][298][299][300]

公開8週目の土日2日間にあたる2020年2月8日と翌9日での観客動員数や興行収入は不明だが、興行通信社による全国映画動員ランキングでは9位にランクダウンしたほか、公開初日からの累計で興行収入70億6,000万円を記録し[301][302][303][304][305]2月13日までの累計で観客動員数475万人、興行収入71億円を突破した[36]

最終的な累計観客動員数は484万人[254]、累計興行収入は72.7億円を記録した[9][10]

また、本作のDVDBDはDVDが初週1.3万枚、BDが初週9.9万枚を売り上げ、5月5日発表の「オリコン週間DVDランキング」と「オリコン週間Blu-ray Discランキング」で共に初登場1位を獲得し[306]、BDについては翌週も週間1.4万枚を売り上げ、5月14日発表の「オリコン週間Blu-ray Discランキング」で2週連続1位を獲得した[307]

中国

中国では上映初日に1160万(160万米ドル)しか稼げず、トップ3の映画に大きく引き離されての第4位となり[308]、2020年1月26日時点で1億4,300万(22億3,000万円)の興行収入を挙げている[309]

批評

映画評論サイト「ロッテン・トマト (Rotten Tomatoes)」に参加する批評家約150人が下した肯定的な評価の割合は56 - 58%で、シリーズでは2番目に評価の低い映画となった[310][311][312]。「退屈」との評価や「ゾンビのよう」といった指摘が寄せられ[313]AP通信のジャック・コイルは「これまでの作品の焼き直しに過ぎず、ファンにおもねった」映画だと断じた[314]

受賞

本作は第92回アカデミー賞で「音響編集賞」「視覚効果賞」「作曲賞」の3部門にノミネートされた[315][316][317]

不祥事

製作時、出演者のジョン・ボイエガが脚本をベッドの下に放置していたのを清掃員が見つけ、インターネットのオークションサイト「eBay」に65ポンド(約9000〜9400円)で出品されたが、脚本が売却される前にオークションが取り下げられる、という騒動が起きたことが、アメリカABCのテレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』に出演した監督のJ・J・エイブラムスと脚本を流出させたボイエガ本人によって明かされた[318][319][320][321][322]

本編には光過敏性発作てんかんの症状を引き起こす場面や光点滅が含まれているとてんかん財団から指摘を受けており、ディズニーは映画館に対し、このリスクについて観客に注意喚起するよう促した[323][324]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ この設定は映画の本編ではなく小説版で明らかになるものである[25][26]
  2. ^ より正確には、パルパティーンの“失敗作のクローン”がレイの父親である[27][28]
  3. ^ アダム・ドライバーは全てのアクションシーンをノースタントで演じている[39]
  4. ^ 吹き替えもシャーリー・ヘンダーソンが20か国語以上のセリフを自ら担当している[40][41]
  5. ^ キャリー・フィッシャーの未使用映像による出演は全編にわたっているが、唯一の例外として若きルーク・スカイウォーカーレイアが修行をするシーンでは、キャリーの娘であるビリー・ラードがレイアを演じ、エピソード6出演時の若いころのキャリーの顔[99]と入れ替える演出が為されている、と視覚効果スーパーバイザーのパトリック・タバックが明かした[100][101][102]。なお、この代演の経緯についてビリーやスタッフが語る映像がMovieNEXに収録されるボーナス映像「スカイウォーカーの遺産」に収録されている[103][104][105]
  6. ^ マット・スミスについては「重要な役」を演じると報じられていたにも拘わらず、出演は確認されていない[130]

出典

  1. ^ 入倉功一 (2019年12月10日). "『スター・ウォーズ』完結編、前夜祭上映が決定!上映時間は2時間22分". シネマトゥデイ. 2019年12月12日閲覧
  2. ^ "「スカイウォーカーの夜明け」12月19日に最速前夜祭上映! 上映時間は2時間22分に確定". 映画.com. カカクコム. 2019年12月10日. 2019年12月12日閲覧
  3. ^ "「スター・ウォーズ」完結編、日米同時公開の前日に最速上映会". 映画ナタリー. ナターシャ. 2019年12月10日. 2019年12月12日閲覧
  4. ^ "『スター・ウォーズ』完結編、全国5都市にて前夜祭上映決定 上映時間は2時間22分". Real Sound. blueprint. 2019年12月10日. 2020年3月19日閲覧
  5. ^ "『スター・ウォーズ』完結編の上映時間は2時間22分 前夜祭上映も決定". ORICON NEWS. 2019年12月10日. 2019年12月12日閲覧
  6. ^ 'Star Wars: The Rise of Skywalker' Wins $175 Million Box Office, While the Farce Be With 'Cats'”. IndieWire (2019年12月22日). 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月24日閲覧。
  7. ^ a b Star Wars: The Rise of Skywalker (2019)”. Box Office Mojo. IMDb. 2020年5月1日閲覧。
  8. ^ a b Star Wars: The Rise of Skywalker (2019)”. The Numbers. 2020年5月4日閲覧。
  9. ^ a b 宇野維正 (2020年3月11日). "シリーズ最低興収に終わった『スカイウォーカーの夜明け』 SWの終焉と共に3部作映画はなくなる?". Real Sound. blueprint. 2020年3月19日閲覧
  10. ^ a b "歴代興収ベスト100". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年4月12日. 2020年4月21日閲覧
  11. ^ Adam Chitwood (2019年4月13日). “J.J. Abrams Consulted George Lucas Before Writing ‘Star Wars: The Rise of Skywalker’”. collider. http://collider.com/star-wars-the-rise-of-skywalker-george-lucas-involvement/ 2019年4月15日閲覧。 
  12. ^ a b 市川遥 (2019年5月8日). “『スター・ウォーズ』新作3本、2022年から1年おきに公開決定!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108496 2019年5月11日閲覧。 
  13. ^ a b “「アバター」続編4本&「スター・ウォーズ」新3部作、交互に公開!”. 映画.com (カカクコム). (2019年5月8日). https://eiga.com/news/20190508/14/ 2019年5月11日閲覧。 
  14. ^ a b “米ディズニーが2027年までのラインナップ発表、「スター・ウォーズ」新作3本など”. 映画ナタリー. (2019年5月8日). https://natalie.mu/eiga/news/330562 2019年5月11日閲覧。 
  15. ^ a b “2021年から12月に「アバター」と「スター・ウォーズ」交互に公開”. ORICON NEWS. (2019年5月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2135101/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  16. ^ "宇宙空間ならではの4DX演出も 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』特別映像". Real Sound. blueprint. 2019年12月19日. 2020年3月19日閲覧
  17. ^ a b "「MOVIX京都」にドルビーシネマ! オープニング作品は「Fukushima 50」". 映画.com. カカクコム. 2020年2月12日. 2020年2月14日閲覧
  18. ^ a b "MOVIX京都にドルビーシネマがオープン、「Fukushima 50」舞台挨拶付き上映も". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年2月12日. 2020年2月14日閲覧
  19. ^ a b 宇野維正 (2019年12月25日). "3部作最低のスタートとなった『スカイウォーカーの夜明け』 しかし、ディズニー的には想定内?". Real Sound. blueprint. 2020年3月19日閲覧
  20. ^ Christopher Palmeri; Emily Chang (2019年4月12日). “Star Wars Movies Will Take a Break After Episode IX, Disney Says”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-04-12/star-wars-movies-will-take-a-break-after-episode-ix-disney-says 2019年4月15日閲覧。 
  21. ^ Charles Barfield (2019年4月12日). “Disney Boss Bob Iger Says ‘Star Wars’ is Going On A Film ‘Hiatus’ After ‘Episode IX’”. The Playlist. https://theplaylist.net/bob-iger-star-wars-hiatus-20190412/ 2019年4月15日閲覧。 
  22. ^ Adam Chitwood (2019年4月12日). “‘Star Wars’ Movies Will Take a “Hiatus” After ‘Episode IX’, Says Bob Iger”. collider. http://collider.com/star-wars-movies-taking-a-break-after-episode-9/ 2019年4月15日閲覧。 
  23. ^ Anthony Breznican (2019年4月13日). “Lucasfilm putting the Star Wars movies 'on hiatus' after this year”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. https://ew.com/movies/2019/04/13/lucasfilm-star-wars-movies-hiatus/ 2019年4月17日閲覧。 
  24. ^ “来年以降「スター・ウォーズ」はしばらく休止”. 映画.com (カカクコム). (2019年4月17日). https://eiga.com/news/20190417/4/ 2019年4月17日閲覧。 
  25. ^ Bacon, Thomas (2020年2月29日). “Star Wars Confirms Palpatine Was A Clone In Rise Of Skywalker”. Screen Rant (Valnet, Inc.). https://screenrant.com/star-wars-palpatine-clone-rise-skywalker-confirm-novel/ 2020年3月11日閲覧。 
  26. ^ Matt Fowler (2020年3月7日). "小説版『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でパルパティーンが〇〇〇だったことが確定する模様". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  27. ^ Agar, Chris (2020年3月4日). “Star Wars Confirms Rey's Father Is A Failed Palpatine Clone”. Screen Rant (Valnet, Inc.). https://screenrant.com/star-wars-rise-skywalker-rey-father-palpatine-clone/ 2020年3月11日閲覧。 
  28. ^ Adele Ankers (2020年3月6日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の小説でレイの父親がパルパティーンの失敗した〇〇〇であることが明らかに?". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  29. ^ a b c d e f g h i j k l 倉本拓弥 (2019年12月17日). “『スター・ウォーズ』完結編、吹き替え声優発表!若本規夫、島田敏、高島雅羅らレジェンド集結”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112988 2019年12月17日閲覧。 
  30. ^ a b c d e f g h i j k l “「スカイウォーカーの夜明け」吹き替え版に島田敏、高島雅羅、若本規夫らレジェンド声優結集!”. 映画.com (カカクコム). (2019年12月17日). https://eiga.com/news/20191217/3/ 2019年12月17日閲覧。 
  31. ^ a b c d e f g h i j k l “「スター・ウォーズ」完結編の吹替版に甲斐田裕子、金子由之、若本規夫、青森伸が参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月17日). https://natalie.mu/eiga/news/359733 2019年12月17日閲覧。 
  32. ^ a b c d e f g h i j k l "『スター・ウォーズ』完結編、吹替版声優11人発表 若本規夫がランド・カルリジアン役を続投". Real Sound. blueprint. 2019年12月17日. 2020年3月19日閲覧
  33. ^ a b c d e f g h i j k l “若本規夫、約20年ぶりに『スター・ウォーズ』の吹替担当 甲斐田裕子は新規参加”. ORICON NEWS. (2019年12月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2151198/full/ 2019年12月17日閲覧。 
  34. ^ a b c d e f g h i j k l “スター・ウォーズ:完結編「スカイウォーカーの夜明け」の日本語吹き替え版声優に若本規夫、島田敏、津田健次郎、高島雅羅、永宝千晶”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年12月17日). https://mantan-web.jp/article/20191216dog00m200084000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  35. ^ a b c d e f g h i j k l 入倉功一 (2020年2月14日). "『スター・ウォーズ』完結編、3月5日で上映終了!". シネマトゥデイ. 2020年2月14日閲覧
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m "伝説の完結を劇場で目撃せよ!「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」3月5日に上映終了". 映画.com. カカクコム. 2020年2月14日. 2020年2月14日閲覧
  37. ^ a b c d e f g h i j k l "『スカイウォーカーの夜明け』ジェダイの先人たちの吹替版声優一挙発表! 上映は3月5日まで". Real Sound. blueprint. 2020年2月14日. 2020年3月19日閲覧
  38. ^ a b c d e f g h i j k l "『スカイウォーカーの夜明け』ジェダイの先人達を一挙公開". ORICON NEWS. 2020年2月14日. 2020年2月14日閲覧
  39. ^ 入倉功一 (2020年4月26日). "『スター・ウォーズ』カイロ・レンは全てノースタント!アダム・ドライヴァーのこだわり". シネマトゥデイ. 2020年5月15日閲覧
  40. ^ a b 入倉功一 (2020年1月29日). “『スター・ウォーズ』EP9吹替版、C-3POの本編シーン公開!新キャラの声は本国声優”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113771 2020年1月29日閲覧。 
  41. ^ a b “C-3PO「最後にもう一度だけ」ファン感動の吹替版本編シーン解禁”. ORICON NEWS. (2020年1月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2154204/full/ 2020年1月29日閲覧。 
  42. ^ 梅山富美子 (2019年12月25日). “『スター・ウォーズ』新ドロイドD-Oの声はあの人だった!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113188 2020年1月7日閲覧。 
  43. ^ 中谷 直登 (2019年12月22日). “【ネタバレ】『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ルーク役マーク・ハミル、別のキャラクターでもこっそり出演していた”. THE RIVER. https://theriver.jp/tros-mark-cameo/2/ 2020年1月1日閲覧。 
  44. ^ Rebecca Ford; Tatiana Siegel (2014年6月20日). “'Star Wars: Episode VIII' Sets Director”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-episode-viii-sets-713726 2014年6月20日閲覧。 
  45. ^ Rebecca, Ford (2015年8月15日). “'Star Wars: Episode IX' Sets 'Jurassic World' Director Colin Trevorrow to Helm”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-episode-9-director-807838 2015年8月16日閲覧。 
  46. ^ J.J. Abrams to Write and Direct Star Wars: Episode IX”. StarWars.com (2017年9月12日). 2017年9月12日閲覧。
  47. ^ Breznican, Anthony (2016年2月10日). Star Wars: Episode VIII has started filming”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. http://www.ew.com/article/2016/02/10/star-wars-episode-viii-production 2016年2月10日閲覧。 
  48. ^ Lang, Brent; Littleton, Cynthia (2016年12月27日). “Carrie Fisher Completed Work on 'Star Wars: Episode VIII' Before Her Death”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. https://variety.com/2016/film/news/carrie-fisher-dead-death-star-wars-viii-8-1201948826/ 2016年12月27日閲覧。 
  49. ^ Maresca, Rachel (2016年12月27日). “Carrie Fisher Wrapped Filming on 'Star Wars: Episode VIII': What Does Her Death Mean for 'Episode IX'?”. Entertainment Tonight. http://www.etonline.com/news/205877_carrie_fisher_wrapped_filming_on_star_wars_episode_viii/ 2016年12月27日閲覧。 
  50. ^ “How will Carrie Fisher's death affect the Star Wars franchise and will they recast Princess Leia?”. Telegraph. Reuters News Agency. (2016年12月28日). https://www.telegraph.co.uk/films/2016/12/28/will-carrie-fishers-death-affect-star-wars-franchise-will-recast/ 2016年12月29日閲覧。 
  51. ^ “Lucasfilm: Carrie Fisher won't be digitally recreated”. BBC News (BBC). (2017年1月14日). http://www.bbc.com/news/world-us-canada-38621524 2017年1月14日閲覧。 
  52. ^ Truitt, Brian (2017年4月14日). “Kathleen Kennedy confirms Carrie Fisher won't be in 'Star Wars: Episode IX'”. USA Today. ISSN 0734-7456. OCLC 909907291. https://www.usatoday.com/story/life/movies/2017/04/14/kathleen-kennedy-confirms-carrie-fisher-not-in-star-wars-episode-ix/100486934/ 2017年4月14日閲覧。 
  53. ^ “レイアはやっぱりエピソード9には登場せず!ルーカスフィルム社長が明言”. 映画.com (カカクコム). (2017年4月18日). https://eiga.com/news/20170418/10/ 2018年7月31日閲覧。 
  54. ^ Kit, Borys (2017年8月1日). “'Star Wars: Episode IX' Gets a New Writer (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-episode-ix-gets-a-new-writer-1026003 2017年8月2日閲覧。 
  55. ^ Au Yeung Yu Leung; Alex Gilyadov (2017年8月2日). "「スター・ウォーズ/エピソード9」の脚本がリライト中と報道". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  56. ^ “「スター・ウォーズ」最終章に新脚本家が参加”. 映画.com (カカクコム). (2017年8月11日). https://eiga.com/news/20170811/6/ 2018年7月31日閲覧。 
  57. ^ A Statement Regarding Star Wars: Episode IX”. StarWars.com (2017年9月5日). 2017年9月5日閲覧。
  58. ^ Kit, Borys; Galuppo, Mia (2017年9月5日). “Colin Trevorrow Out as 'Star Wars: Episode IX' director”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/colin-trevorrow-as-director-star-wars-episode-ix-1035463 2017年9月5日閲覧。 
  59. ^ Jonathon Dornbush (2017年9月6日). "「スター・ウォーズ エピソード9」コリン・トレヴォロウ監督が降板". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  60. ^ “コリン・トレボロウ監督「スター・ウォーズ エピソード9」降板”. 映画.com (カカクコム). (2017年9月6日). https://eiga.com/news/20170906/8/ 2018年7月31日閲覧。 
  61. ^ J.J. Abrams to Write and Direct Star Wars: Episode IX”. StarWars.com (2017年9月12日). 2020年3月11日閲覧。
  62. ^ Alex Osborn (2017年9月13日). "「スター・ウォーズ エピソード9」の監督はJ・J・エイブラムスに". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  63. ^ “「スター・ウォーズ」最終章にJ・J・エイブラムスがカムバック!公開は19年12月”. 映画.com (カカクコム). (2017年9月13日). https://eiga.com/news/20170913/9/ 2018年7月31日閲覧。 
  64. ^ “『スター・ウォーズ/エピソード9 』新監督はJ.J.エイブラムス”. ORICON NEWS. (2017年9月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2097221/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  65. ^ J.J. Abrams To Write And Direct Star Wars: Episode IX”. StarWars.com (2017年9月12日). 2017年9月12日閲覧。
  66. ^ Kroll, Justin (2017年9月12日). “J.J. Abrams to Replace Colin Trevorrow as Director of 'Star Wars: Episode IX'”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. https://variety.com/2017/film/news/j-j-abrams-star-wars-episode-ix-director-colin-trevorrow-1202548094/ 2017年9月12日閲覧。 
  67. ^ 稲垣 貴俊 (2019年11月18日). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』前監督コリン・トレボロウ、「原案」クレジットに残留へ”. THE RIVER. https://theriver.jp/tros-story-trevorrow/ 2019年12月9日閲覧。 
  68. ^ Hutchinson, Corey (2017年12月18日). “Star Wars: Every Confirmed Cast Member For Episode 9”. Screen Rant. 2018年1月7日閲覧。
  69. ^ Britt, Ryan (2018年2月22日). “J.J. Abrams Slammed Jameson With Colbert Before Accepting 'Star Wars'”. Inverse. 2018年2月22日閲覧。
  70. ^ Alex Osborn (2018年2月23日). "「スター・ウォーズ エピソード9」の脚本が完成!7月に撮影スタート". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  71. ^ “「SW エピソード9」の脚本が完成! J・J・エイブラムス監督が報告”. 映画.com (カカクコム). (2018年2月28日). https://eiga.com/news/20180228/7/ 2018年7月31日閲覧。 
  72. ^ Kroll, Justin (2017年4月25日). “'Star Wars: Episode IX' Gets Release Date”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. https://variety.com/2017/film/news/star-wars-episode-ix-release-date-may-2019-1202395171/ 2018年2月7日閲覧。 
  73. ^ Parker, Ryan; Galuppo, Mia (2017年9月12日). “J.J. Abrams to Replace Colin Trevorrow as 'Star Wars: Episode IX' Writer and Director”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/jj-abrams-replace-colin-trevorrow-as-star-wars-episode-ix-writer-director-1037933? 2017年9月12日閲覧。 
  74. ^ Tambini, Joe (2017年12月19日). “Star Wars Episode 9: When is the next Star Wars film coming out?”. Express. OCLC 173337077. https://www.express.co.uk/entertainment/films/894293/Star-Wars-Episode-9-when-next-film-episode-release-date 2017年12月23日閲覧。 
  75. ^ Jonathon Dornbush (2017年9月13日). "「スター・ウォーズ エピソード9」の公開日が2019年12月に延期". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  76. ^ Weiss, Josh (2018年1月10日). “John Williams Says He's Scoring Star Wars: Episode IX For J.J. Abrams”. Syfy Wire. 2018年1月11日閲覧。
  77. ^ Jones, Jordan (2018年1月11日). “John Williams will be returning for Star Wars: Episode IX”. Flickering Myth. 2018年1月11日閲覧。
  78. ^ Hughes, William (2018年3月3日). “John Williams says he's only got one more of these damn Star Wars movies in him”. AVClub. 2018年3月3日閲覧。
  79. ^ 石神恵美子 (2018年3月6日). “SW音楽から巨匠ジョン・ウィリアムズ引退?エピソード9で「もう十分」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0098979 2018年7月31日閲覧。 
  80. ^ 市川遥 (2018年6月27日). “ユアン・マクレガー、オビ=ワン役で『スター・ウォーズ/エピソード9』に出演か!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0101828 2018年7月31日閲覧。 
  81. ^ Kroll, Justin (2018年7月6日). Star Wars: Episode IX Eyes Keri Russell (EXCLUSIVE)”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. https://variety.com/2018/film/news/star-wars-episode-ix-keri-russell-1202861343/ 2018年7月6日閲覧。 
  82. ^ Adam Bankhurst (2018年7月7日). "『スター・ウォーズ エピソード9』に『ジ・アメリカンズ』のケリー・ラッセルが起用と報道". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  83. ^ 倉本拓弥 (2018年7月9日). “『スター・ウォーズ』エピソード9新キャストにケリー・ラッセルか”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102105 2018年7月31日閲覧。 
  84. ^ “「スター・ウォーズ」エピソード9にケリー・ラッセル”. 映画.com (カカクコム). (2018年7月9日). https://eiga.com/news/20180709/12/ 2018年7月31日閲覧。 
  85. ^ Borys, Kit (2018年7月9日). “'Star Wars': Billy Dee Williams Reprising Role as Lando Calrissian”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-billy-dee-williams-returning-as-lando-calrissian-xi-1125818 2018年7月9日閲覧。 
  86. ^ Alex Gilyadov (2018年7月10日). "『スター・ウォーズ エピソード9』にビリー・ディー・ウィリアムスが久々にランド・カルリジアンとして出演!". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  87. ^ 倉本拓弥 (2018年7月10日). “『スター・ウォーズ』エピソード9 ランド・カルリジアンが登場へ!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102127 2018年7月31日閲覧。 
  88. ^ “「スター・ウォーズ」エピソード9にランド・カルリジアンがカムバック!?”. 映画.com (カカクコム). (2018年7月10日). https://eiga.com/news/20180710/15/ 2018年7月31日閲覧。 
  89. ^ STAR WARS: EPISODE IX CAST ANNOUNCED”. StarWars.com (2018年7月27日). 2018年8月3日閲覧。
  90. ^ Kroll, Justin (2018年7月27日). “‘Star Wars: Episode IX’ Announces Cast; Carrie Fisher to Be Featured”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. https://variety.com/2018/film/news/star-wars-episode-ix-cast-carrie-fisher-billy-dee-williams-1202888693/ 2018年7月27日閲覧。 
  91. ^ Couch, Aaron (2018年7月27日). “Carrie Fisher to Appear in 'Star Wars: Episode IX'”. The Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-episode-ix-cast-revealed-1130442 2018年7月27日閲覧。 
  92. ^ Breznican, Anthony (2018年7月27日). “Leia and Lando return: Carrie Fisher and Billy Dee Williams will appear in Star Wars: Episode IX”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. http://ew.com/movies/2018/07/27/carrie-fisher-and-billy-dee-williams-will-appear-in-cast-of-star-wars-episode-ix/ 2018年7月28日閲覧。 
  93. ^ Hipes, Patrick (2018年7月27日). “‘Star Wars: Episode IX’ Rounds Out Cast, Which Will Include Carrie Fisher In Unreleased Footage”. Deadline Hollywood. 2018年7月27日閲覧。
  94. ^ Jonathon Dornbush (2018年7月28日). "『スター・ウォーズ エピソード9』のキャスト陣が発表!キャリー・フィッシャーの名前も". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  95. ^ 市川遥 (2018年7月28日). “『スター・ウォーズ』エピソード9にレイア姫再び!公式発表”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102538 2018年7月31日閲覧。 
  96. ^ “「SW9」にレイアが登場!ランド役ビリー・ディー・ウィリアムズも出演”. 映画.com (カカクコム). (2018年8月1日). https://eiga.com/news/20180801/1/ 2018年8月3日閲覧。 
  97. ^ “「スター・ウォーズ」エピソード9にキャリー・フィッシャー登場、出演者情報も発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年7月28日). https://natalie.mu/eiga/news/293128 2018年7月31日閲覧。 
  98. ^ “『スター・ウォーズ:エピソード9』レイアも登場 キャスト発表”. ORICON NEWS. (2018年7月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2116508/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  99. ^ ILM Behind the Magic: The Visual Effects of Star Wars: The Rise of Skywalker - YouTube
  100. ^ Alter, Ethan (2020年1月8日). “Billie Lourd played Leia Organa and other visual effects secrets from 'Star Wars: The Rise of Skywalker'”. Yahoo Entertainment (Yahoo). https://www.yahoo.com/entertainment/star-wars-the-rise-of-skywalker-visual-effects-secrets-revealed-200000081.html 2020年3月11日閲覧。 
  101. ^ Hope Corrigan (2020年1月9日). "キャリー・フィッシャーの娘 ビリー・ラードが『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイアを演じていた". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  102. ^ 中山雄一朗 (2020年1月9日). “キャリー・フィッシャーの娘『スター・ウォーズ』完結編でレイアを演じていた”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113374 2020年1月9日閲覧。 
  103. ^ 入倉功一 (2020年4月28日). "レイアを演じたキャリー・フィッシャーさんの娘、母の出演は「贈り物」". シネマトゥデイ. 2020年5月15日閲覧
  104. ^ "『スター・ウォーズ』完結編 若きレイアを演じたキャリー・フィッシャーの娘". ORICON NEWS. 2020年4月28日. 2020年5月15日閲覧
  105. ^ "キャリー・フィッシャーの娘が語る『スター・ウォーズ』撮影の舞台裏 「きっと母も喜んでいる」". ORICON NEWS. 2020年4月28日. 2020年5月15日閲覧
  106. ^ Mark Hamillによる2018年7月30日1:20のツイート2018年7月31日閲覧。
  107. ^ 倉本拓弥 (2018年7月30日). “『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、エピソード9レイア姫再登場へ胸中を明かす”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102552 2018年7月31日閲覧。 
  108. ^ JJ Abramsによる2018年8月2日3:05のツイート2018年8月3日閲覧。
  109. ^ John Boyegaによる2018年8月2日3:19のツイート2018年8月3日閲覧。
  110. ^ Couch, Aaron (2018年8月1日). “J.J. Abrams Shares Carrie Fisher Tribute as 'Star Wars IX' Production Begins”. Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/jj-abrams-joins-twitter-shares-star-wars-episode-ix-set-photo-1131388 2018年8月2日閲覧。 
  111. ^ Alex Gilyadov (2018年8月3日). "『スター・ウォーズ エピソード9』J・J・エイブラムス監督が撮影セットの画像を初公開!". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  112. ^ 市川遥 (2018年8月2日). “『スター・ウォーズ』エピソード9撮影スタート!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102627 2018年8月3日閲覧。 
  113. ^ “J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ エピソード9」のクランクインを報告”. 映画.com (カカクコム). (2018年8月6日). https://eiga.com/news/20180806/6/ 2018年8月17日閲覧。 
  114. ^ Joonas Suotamoによる2018年8月2日3:11のツイート2018年8月3日閲覧。
  115. ^ Rian Johnsonによる2018年8月2日3:13のツイート2018年8月3日閲覧。
  116. ^ 稲垣 貴俊 (2018年8月2日). “映画『スター・ウォーズ エピソード9』撮影開始! J・J・エイブラムス監督、ジョン・ボイエガが報告”. THE RIVER. https://theriver.jp/ep9-filming/ 2018年8月2日閲覧。 
  117. ^ Fleming, Mike (2018年8月24日). “Dominic Monaghan Re-Unites With JJ Abrams In Star Wars: Episode IX”. Deadline Hollywood. 2018年8月24日閲覧。
  118. ^ Couch, Aaron (2018年8月24日). “J.J. Abrams Shares Carrie Fisher Tribute as 'Star Wars IX' Production Begins”. Hollywood Reporter. ISSN 0018-3660. OCLC 801842708. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-episode-ix-casts-dominic-monaghan-1137403 2018年8月29日閲覧。 
  119. ^ Michael Domanico (2018年8月27日). "『スター・ウォーズ エピソード9』にドミニク・モナハンが出演決定!『ロード・オブ・ザ・リング』のメリーなど". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  120. ^ 倉本拓弥 (2018年8月27日). “『スター・ウォーズ』エピソード9に「LOST」ドミニク・モナハン出演!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0103158 2018年8月29日閲覧。 
  121. ^ Marika Hiraoka (2018年8月25日). “『スター・ウォーズ/エピソード9』に「LOST」チャーリー役ドミニク・モナハン出演へ ─ J.J.エイブラムスと再タッグ”. THE RIVER. https://theriver.jp/ep9-filming/ 2018年8月29日閲覧。 
  122. ^ “「LOST」ドミニク・モナハン、「SW9」に参戦”. 映画.com (カカクコム). (2018年8月29日). https://eiga.com/news/20180829/5/ 2018年9月1日閲覧。 
  123. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年8月28日). “'Star Wars: Episode IX' Taps 'Doctor Who' Alum Matt Smith”. Deadline Hollywood. 2018年8月28日閲覧。
  124. ^ Kroll, Justin (2018年8月28日). “‘Star Wars: Episode IX’ Casts Matt Smith in Key Role (EXCLUSIVE)”. Variety. ISSN 0042-2738. OCLC 810134503. https://variety.com/2018/film/news/star-wars-episode-ix-matt-smith-1202886507/ 2018年9月1日閲覧。 
  125. ^ Alex Gilyadov (2018年8月29日). "マット・スミスが『スター・ウォーズ エピソード9』に出演決定!". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  126. ^ 倉本拓弥 (2018年8月29日). “『スター・ウォーズ』エピソード9に「ドクター・フー」マット・スミス出演!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0103215 2018年9月1日閲覧。 
  127. ^ 中谷 直登 (2018年8月29日). “『スター・ウォーズ/エピソード9』に「ドクター・フー」マット・スミスが「重要な役」で出演決定”. THE RIVER. https://theriver.jp/matt-smith-ep9/ 2018年9月1日閲覧。 
  128. ^ “J・J・エイブラムス監督「スター・ウォーズ エピソード9」にマット・スミス”. 映画.com (カカクコム). (2018年8月30日). https://eiga.com/news/20180830/8/ 2018年9月1日閲覧。 
  129. ^ “「スター・ウォーズ」エピソード9に「ドクター・フー」のマット・スミスが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年8月29日). https://natalie.mu/eiga/news/297416 2019年2月6日閲覧。 
  130. ^ Cremona, Patrick (2019年12月21日). “Is Matt Smith in Star Wars: The Rise of Skywalker?” (英語). Radio Times. 2019年12月22日閲覧。
  131. ^ JJ Abramsによる2019年2月15日のツイート2019年4月14日閲覧。
  132. ^ Jim Vejvoda (2019年2月16日). "『スター・ウォーズ エピソード9』が撮影終了!J・J・エイブラムスが現場写真を公開". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  133. ^ 倉本拓弥 (2019年2月18日). “『スター・ウォーズ/エピソード9』撮影終了!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106899 2019年4月14日閲覧。 
  134. ^ “J・J・エイブラムス監督「SW エピソード9」クランクアップを発表”. 映画.com (カカクコム). (2019年2月18日). https://eiga.com/news/20190218/22/ 2019年4月14日閲覧。 
  135. ^ "『スター・ウォーズ/エピソード9』撮影終了! J・J・エイブラムス「この恩は一生忘れない」". Real Sound. blueprint. 2019年2月19日. 2020年3月19日閲覧
  136. ^ “『スター・ウォーズ』全撮影終了、J.J.エイブラムス監督「この恩は一生忘れない」”. ORICON NEWS. (2019年2月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2129882/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  137. ^ Adam Bankhurst (2019年4月13日). "『スター・ウォーズ エピソード9』の正式タイトルは『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』!初映像が公開". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  138. ^ 入倉功一 (2019年4月13日). “『スター・ウォーズ』エピソード9初映像&正式タイトル発表!『ライズ・オブ・スカイウォーカー』”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108138 2019年4月14日閲覧。 
  139. ^ “「スター・ウォーズ エピソード9」タイトルは「THE RISE OF SKYWALKER」”. 映画.com (カカクコム). (2019年4月13日). https://eiga.com/news/20190413/1/ 2019年4月14日閲覧。 
  140. ^ “スター・ウォーズ最新作の特報解禁、原題は「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月13日). https://natalie.mu/eiga/news/327825 2019年4月14日閲覧。 
  141. ^ "『スター・ウォーズ』最新作、原題は『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』 初映像となる特報も". Real Sound. blueprint. 2019年4月13日. 2020年3月19日閲覧
  142. ^ “『スター・ウォーズ/エピソード9』のタイトルは『THE RISE OF SKYWALKER』”. ORICON NEWS. (2019年4月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2133509/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  143. ^ “『スター・ウォーズ』最新作、終わりに向けた“はじめての映像”が解禁”. ORICON NEWS. (2019年4月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2133561/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  144. ^ “スター・ウォーズ:最新作「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の初映像公開 「物語は完結へ」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年4月13日). https://mantan-web.jp/article/20190413dog00m200015000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  145. ^ 入倉功一 (2019年4月13日). “『スター・ウォーズ』エピソード9でレイ・フィン・ポーが共に冒険!『最後のジェダイ』から時間経過”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108041 2019年4月14日閲覧。 
  146. ^ “「SW ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」意味深な予告の真意を探る”. 映画.com (カカクコム). (2019年4月13日). https://eiga.com/news/20190413/2/ 2019年4月14日閲覧。 
  147. ^ James Dyerによる2019年4月13日のツイート2019年4月15日閲覧。
  148. ^ SEBASTIAN PERIS (2019年4月12日). “J. J. Abrams Confirms Ian McDiarmid’s Palpatine Returns In ‘Star Wars: The Rise of Skywalker’”. Heroic Hollywood. https://heroichollywood.com/ian-mcdiarmid-palpatine-star-wars/ 2019年4月15日閲覧。 
  149. ^ 入倉功一 (2019年4月13日). “『スター・ウォーズ』エピソード9にパルパティーン?監督は「巨大な悪」の存在示唆”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108145 2019年4月15日閲覧。 
  150. ^ “『スター・ウォーズ』完結編、不気味な笑い声とともにパルパティーン復活!?”. ORICON NEWS. (2019年4月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2133567/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  151. ^ Lev Grossman (2019年5月22日). “Star Wars: The Rise of Skywalker Exclusive, Behind-the-Scenes Cover Story”. Vanity Fair (Condé Nast Publications). ISSN 0733-8899. OCLC 824601197. https://www.vanityfair.com/hollywood/2019/05/star-wars-cover-story?verso=true 2019年5月30日閲覧。 
  152. ^ 入倉功一 (2019年5月23日). “『スター・ウォーズ』エピソード9にレン騎士団登場か 新情報が明らかに”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108834 2019年5月30日閲覧。 
  153. ^ 入倉功一 (2019年6月24日). “『スター・ウォーズ』エピソード9邦題決定!『スカイウォーカーの夜明け』”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0109501 2019年6月25日閲覧。 
  154. ^ “「スター・ウォーズ」最新作、ついに邦題決定! 発表タイミングは“伝説が始まった日””. 映画.com (カカクコム). (2019年6月24日). https://eiga.com/news/20190624/1/ 2019年6月25日閲覧。 
  155. ^ “スター・ウォーズEP9の邦題が「スカイウォーカーの夜明け」に決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月24日). https://natalie.mu/eiga/news/336870 2019年6月25日閲覧。 
  156. ^ "『スター・ウォーズ』完結編、邦題が『スカイウォーカーの夜明け』に決定". Real Sound. blueprint. 2019年6月24日. 2020年3月19日閲覧
  157. ^ “邦題決定『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』”. ORICON NEWS. (2019年6月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2138346/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  158. ^ “スター・ウォーズ:シリーズ完結編の邦題は「スカイウォーカーの夜明け」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年6月24日). https://mantan-web.jp/article/20190623dog00m200010000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  159. ^ “『スター・ウォーズ』完結編の邦題が「スカイウォーカーの夜明け」に決定”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年6月24日). https://news.mynavi.jp/article/20190624-847737/ 2019年6月25日閲覧。 
  160. ^ 倉本拓弥 (2019年10月3日). “『スター・ウォーズ』エピソード9、新キャラはドロイドを修理!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0111516 2019年10月21日閲覧。 
  161. ^ “「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」に村上隆氏がカメオ出演!”. 映画.com (カカクコム). (2019年10月14日). https://eiga.com/news/20191014/2/ 2019年10月21日閲覧。 
  162. ^ “『スター・ウォーズ』最新作に村上隆が出演!? 監督と“お友達””. ORICON NEWS. (2019年10月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2146557/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  163. ^ 入倉功一 (2019年11月1日). “『スター・ウォーズ』EP9、前売り券に特大絵巻!東京コミコン限定特典”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112111 2019年11月27日閲覧。 
  164. ^ “「スター・ウォーズ」ムビチケ特典はSWの歴史絵巻、ポスター柄ムビチケセットも”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月1日). https://natalie.mu/eiga/news/353776 2019年11月27日閲覧。 
  165. ^ "『スター・ウォーズ』最新作、豪華特典付き前売り券発売へ コミコン限定版には全長2mの特大絵巻". Real Sound. blueprint. 2019年11月1日. 2020年3月19日閲覧
  166. ^ “『スター・ウォーズ』前売り券、最速は東京コミコン11・22 豪華特典も”. ORICON NEWS. (2019年11月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2147871/full/ 2019年11月27日閲覧。 
  167. ^ “映画『スター・ウォーズ』最新作、前売り券がアメリカで爆売れ”. ORICON NEWS. (2019年10月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2147330/full/ 2019年11月27日閲覧。 
  168. ^ “「スカイウォーカーの夜明け」前売りの全米セールス、「SW」シリーズ史上最高を記録”. 映画.com (カカクコム). (2019年10月28日). https://eiga.com/news/20191028/9/ 2019年11月27日閲覧。 
  169. ^ 雪像制作のようす”. さっぽろ雪まつり実行委員会. 2019年5月2日閲覧。
  170. ^ 土方ゆり子 (2019年2月3日). "『スター・ウォーズ エピソード9』の日本公開日が発表!". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  171. ^ 入倉功一 (2019年2月3日). “『スター・ウォーズ/エピソード9』日本公開は12月20日に決定!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106597 2019年2月6日閲覧。 
  172. ^ 入倉功一 (2019年2月3日). “『スター・ウォーズ』乗れる巨大雪像が完成!カイロ・レンが祝福に登場”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106590 2019年2月6日閲覧。 
  173. ^ “「スター・ウォーズ エピソード9」日本公開は12月20日!さっぽろ雪まつりで巨大雪像が披露”. 映画.com (カカクコム). (2019年2月4日). https://eiga.com/news/20190204/11/ 2019年2月6日閲覧。 
  174. ^ “「スター・ウォーズ/エピソード9」12月20日に日米同時公開、雪まつりで発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月3日). https://natalie.mu/eiga/news/318564 2019年2月6日閲覧。 
  175. ^ “『スター・ウォーズ/エピソード9』12・20日本公開 さっぽろ雪まつりで発表”. ORICON NEWS. (2019年2月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2128726/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  176. ^ “2年ぶりスター・ウォーズ大雪像お披露目 『エピソード9』12・20公開”. ORICON NEWS. (2019年2月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2128806/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  177. ^ “スター・ウォーズ:エピソード9の日本公開日は12月20日 さっぽろ雪まつりで巨大雪像披露”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年2月3日). https://mantan-web.jp/article/20190203dog00m200050000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  178. ^ 入倉功一 (2019年5月4日). “5月4日「スター・ウォーズの日」イベントに1万6,000人来場!エピソード9へのカウントダウン開始”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0108363 2019年5月8日閲覧。 
  179. ^ “六本木で盛大に「スター・ウォーズの日」、チューバッカ追悼のメッセージボードも”. 映画.com (カカクコム). (2019年5月4日). https://eiga.com/news/20190504/6/ 2019年5月8日閲覧。 
  180. ^ “『スター・ウォーズの日』親子連れやコスプレしたファンで大盛況 MAKIDAIらもカウントダウン”. ORICON NEWS. (2019年5月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2134564/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  181. ^ 河原一久 (2019年5月4日). どうなる?『スター・ウォーズ/エピソード9』河原一久が大胆予想. インタビュアー:香取亜希. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/A0006629 2019年5月8日閲覧。 
  182. ^ Jim Vejvoda (2019年8月25日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の新映像でレイがダークサイドに!?ポスターも公開". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  183. ^ 入倉功一 (2019年8月25日). “『スター・ウォーズ』EP9、レイがダークサイドに?衝撃の新映像&ビジュアルD23で公開!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0110696 2019年8月27日閲覧。 
  184. ^ “【D23】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」ポスター&映像が公開!”. 映画.com (カカクコム). (2019年8月25日). https://eiga.com/news/20190825/3/ 2019年8月27日閲覧。 
  185. ^ “「スター・ウォーズ」EP9のポスター公開、レイとカイロ・レンが対峙”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年8月25日). https://natalie.mu/eiga/news/344939 2019年8月27日閲覧。 
  186. ^ "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』USポスター公開 パルパティーン皇帝が不敵な笑み". Real Sound. blueprint. 2019年8月25日. 2020年3月19日閲覧
  187. ^ “『スター・ウォーズ』最新作、ポスタービジュアル公開”. ORICON NEWS. (2019年8月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2143025/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  188. ^ “スター・ウォーズ:最新作「スカイウォーカーの夜明け」のUS版ポスター解禁 皇帝パルパティーンも”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年8月25日). https://mantan-web.jp/article/20190825dog00m200044000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  189. ^ Scott Collura (2019年8月27日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』D23公開映像: これはダークサイドのレイなのか?". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  190. ^ 倉本拓弥 (2019年8月27日). “『スター・ウォーズ』EP9新映像!主人公がダークサイドに転落!?”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0110822 2019年9月7日閲覧。 
  191. ^ “赤いライトセーバーを握るレイに衝撃!「スター・ウォーズ」最新作、特別映像公開”. 映画.com (カカクコム). (2019年8月27日). https://eiga.com/news/20190827/10/ 2019年9月7日閲覧。 
  192. ^ “赤いライトセーバーを手にするレイの姿も、「スター・ウォーズ」EP9の新映像”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年8月27日). https://natalie.mu/eiga/news/345174 2019年9月7日閲覧。 
  193. ^ "赤いライトセーバーを手にするレイの姿も 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新映像". Real Sound. blueprint. 2019年8月27日. 2020年3月19日閲覧
  194. ^ “『スター・ウォーズ』完結編、「どういうこと?」だらけの新映像公開”. ORICON NEWS. (2019年8月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2143169/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  195. ^ “スター・ウォーズ:レイがダークサイドに堕ちる? 「スカイウォーカーの夜明け」特別映像公開”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年8月27日). https://mantan-web.jp/article/20190827dog00m200014000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  196. ^ 馬淵寛昭 (2019年9月20日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の日本版ティザーポスターが解禁!". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  197. ^ “すべて、終わらせる。「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」日本版ポスター完成”. 映画.com (カカクコム). (2019年9月20日). https://eiga.com/news/20190920/1/ 2019年10月21日閲覧。 
  198. ^ "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』日本版ティザーポスター US版にはないコピーが". Real Sound. blueprint. 2019年9月20日. 2020年3月19日閲覧
  199. ^ “『スター・ウォーズ』完結編、日本版ティザーポスター解禁”. ORICON NEWS. (2019年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2144851/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  200. ^ 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」最後の予告篇 世界同時解禁 - YouTube
  201. ^ 入倉功一 (2019年10月22日). “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最新予告編が公開!レイとパルパティーンが対峙!?”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0111851 2019年10月23日閲覧。 
  202. ^ “レイ&カイロ・レンの共闘、C-3POの意味深な言葉…「スター・ウォーズ」“最後の予告編”完成”. 映画.com (カカクコム). (2019年10月23日). https://eiga.com/news/20191023/10/ 2019年10月23日閲覧。 
  203. ^ “「スター・ウォーズ」最後の予告編、レイとカイロ・レンが共闘”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年10月22日). https://natalie.mu/eiga/news/352465 2019年10月23日閲覧。 
  204. ^ "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告公開 レイアとレイが抱き合うシーンも". Real Sound. blueprint. 2019年10月22日. 2020年3月19日閲覧
  205. ^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最新予告編解禁”. ORICON NEWS. (2019年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2147065/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  206. ^ “『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』“最後の予告編”の気になる言葉”. ORICON NEWS. (2019年10月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2147078/full/ 2019年10月23日閲覧。 
  207. ^ “スター・ウォーズ:完結編「スカイウォーカーの夜明け」予告編公開 レイ、カイロ・レン、レイア、ランドら歴代キャラ集結”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年10月22日). https://mantan-web.jp/article/20191022dog00m200004000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  208. ^ 入倉功一 (2019年11月4日). “『スター・ウォーズ』市川海老蔵主演・監修で歌舞伎化!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112116 2019年12月4日閲覧。 
  209. ^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」11月28日開催! 市川海老蔵がカイロ・レン役に挑戦”. 映画.com (カカクコム). (2019年11月4日). https://eiga.com/news/20191104/1/ 2019年12月4日閲覧。 
  210. ^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」上演決定、市川海老蔵がカイロ・レン役で主演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月4日). https://natalie.mu/eiga/news/353976 2019年12月4日閲覧。 
  211. ^ “市川海老蔵がカイロ・レンに、「スター・ウォーズ歌舞伎」開催決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年11月4日). https://natalie.mu/stage/news/353993 2019年12月4日閲覧。 
  212. ^ “市川海老蔵、“スター・ウォーズ歌舞伎”11・28開催 家族の愛と喪失がテーマ”. ORICON NEWS. (2019年11月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2147980/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  213. ^ “スター・ウォーズ:市川海老蔵主演・監修で歌舞伎化 11月28日に1日限りの上演”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年11月4日). https://mantan-web.jp/article/20191103dog00m200027000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  214. ^ 入倉功一 (2019年11月20日). “市川海老蔵『スター・ウォーズ』歌舞伎で親子共演!堀越勸玄の出演決定”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112443 2019年12月4日閲覧。 
  215. ^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」市川海老蔵&堀越勸玄くんの“親子共演”が実現!”. 映画.com (カカクコム). (2019年11月20日). https://eiga.com/news/20191120/1/ 2019年12月4日閲覧。 
  216. ^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」市川海老蔵の息子・勸玄も出演、魁煉之介の幼少期役”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月20日). https://natalie.mu/eiga/news/356057 2019年12月4日閲覧。 
  217. ^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」に勸玄出演、海老蔵「親子出演にこの上ない喜び」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年11月20日). https://natalie.mu/stage/news/356105 2019年12月4日閲覧。 
  218. ^ “市川海老蔵&勸玄くん、“スター・ウォーズ歌舞伎”で親子共演「この上ない喜び」”. ORICON NEWS. (2019年11月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2149109/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  219. ^ “市川海老蔵:「スター・ウォーズ歌舞伎」で勸玄君と親子共演 カイロ・レンの幼少期演じる”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年11月20日). https://mantan-web.jp/article/20191119dog00m200055000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  220. ^ 『最後のスター・ウォーズ』公開記念・市川海老蔵主演【STAR WARS 歌舞伎】LIVE配信 - YouTube
  221. ^ 磯部正和 (2019年11月28日). “市川海老蔵、一夜限りの「スター・ウォーズ歌舞伎」公開!親子でカイロ・レン熱演”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112592 2019年12月4日閲覧。 
  222. ^ “「スター・ウォーズ」の世界観に響く「成田屋!」の掛け声 市川海老蔵&堀越勸玄くんが親子共演”. 映画.com (カカクコム). (2019年11月28日). https://eiga.com/news/20191128/15/ 2019年12月4日閲覧。 
  223. ^ “「スター・ウォーズ歌舞伎」海老蔵が父との思い出回想、息子もSWファンと明かす”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/357432 2019年12月4日閲覧。 
  224. ^ “海老蔵がライトセーバー手に立廻り、一夜限りの「スター・ウォーズ歌舞伎」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年11月29日). https://natalie.mu/stage/news/357319 2019年12月4日閲覧。 
  225. ^ “勸玄くん、一夜限りの『SW歌舞伎』でカイロ・レンの幼少期役 せりふ少なくとも深い悲しみを表現”. ORICON NEWS. (2019年11月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2149711/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  226. ^ “「STAR WARS歌舞伎」アーカイブ、12・5まで限定公開”. ORICON NEWS. (2019年11月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2149980/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  227. ^ “市川海老蔵:「スター・ウォーズ歌舞伎」で長男・勸玄と共演 完結編映画には「本当に終わるんですか?」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年11月28日). https://mantan-web.jp/article/20191128dog00m200054000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  228. ^ 入倉功一 (2019年11月12日). “『スター・ウォーズ』奈良・東大寺コンサート開催!名曲メドレーにドロイドたちご機嫌”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112223 2019年12月4日閲覧。 
  229. ^ “「スター・ウォーズ」の名曲が奈良・東大寺に響き渡る! “世界遺産企画”が有終の美”. 映画.com (カカクコム). (2019年11月12日). https://eiga.com/news/20191112/18/ 2019年12月4日閲覧。 
  230. ^ “世界遺産・東大寺で『スター・ウォーズ』音楽奉納 「大仏様もお喜び」”. ORICON NEWS. (2019年11月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2148502/full/ 2019年12月4日閲覧。 
  231. ^ 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」SPOT エンド編 - YouTube
  232. ^ 入倉功一 (2019年11月29日). “『スター・ウォーズ』最終決戦へ…最新映像&キャラクターポスター公開!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0112669 2019年12月3日閲覧。 
  233. ^ “「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」最新映像&13種のキャラポスター披露!”. 映画.com (カカクコム). (2019年11月29日). https://eiga.com/news/20191129/14/ 2019年12月3日閲覧。 
  234. ^ “「スター・ウォーズ」EP9のキャラクターポスター13種公開、新たな映像も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/357474 2019年12月3日閲覧。 
  235. ^ "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最新映像&ポスター13種公開 新キャラクターの姿も". Real Sound. blueprint. 2019年11月29日. 2020年3月19日閲覧
  236. ^ “『スター・ウォーズ』最新映像と13種のキャラクターポスターが到着”. ORICON NEWS. (2019年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2149928/full/ 2019年12月3日閲覧。 
  237. ^ “スター・ウォーズ:最新映像&キャラクターポスター解禁 “光と闇“のフォースを巡る最終決戦”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年11月29日). https://mantan-web.jp/article/20191129dog00m200034000c.html 2019年12月17日閲覧。 
  238. ^ 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」スター・ウォーズ 大いなる遺産 - YouTube
  239. ^ 倉本拓弥 (2019年12月20日). “『スター・ウォーズ』42年の歴史よ永遠に…感動的な特別映像公開”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113088 2020年1月7日閲覧。 
  240. ^ “ルーク、ハン・ソロ、レイアから新世代へ…「スター・ウォーズ」42年の歴史を振り返る感涙必至映像”. 映画.com (カカクコム). (2019年12月20日). https://eiga.com/news/20191220/11/ 2020年1月7日閲覧。 
  241. ^ “「スター・ウォーズ」最終章が本日公開、新旧キャストのメイキング映像到着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月20日). https://natalie.mu/eiga/news/360242 2020年1月7日閲覧。 
  242. ^ "ルークら"レジェンド"たちからレイたちへ 『スター・ウォーズ』42年の歴史捉えた特別映像公開". Real Sound. blueprint. 2019年12月20日. 2020年3月19日閲覧
  243. ^ “「スター・ウォーズ」の歴史がつまった特別映像解禁”. ORICON NEWS. (2019年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2151473/full/ 2020年1月7日閲覧。 
  244. ^ “スター・ウォーズ:ルーク、ハン・ソロ、レイア、オビ=ワン、レイ、カイロ・レン… 42年の歴史紡ぐ特別映像公開”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年12月20日). https://mantan-web.jp/article/20191219dog00m200071000c.html 2020年1月7日閲覧。 
  245. ^ a b 壬生智裕 (2020年1月16日). “武田真治『スター・ウォーズ』ルークに憧れ特訓!妹に「フォースを感じろ」”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113484 2020年1月17日閲覧。 
  246. ^ “及川光博、武田真治、津田健次郎が「スター・ウォーズ」ファンと作品愛分かち合う”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月16日). https://natalie.mu/eiga/news/363454 2020年1月17日閲覧。 
  247. ^ a b “コスプレ姿の及川光博&武田真治「スター・ウォーズ」応援上映でSW愛と感謝を叫ぶ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年1月16日). https://natalie.mu/music/news/363431 2020年1月17日閲覧。 
  248. ^ “及川光博、スター・ウォーズEP9で「数分間おえつ」 カイロ・レンのコスプレでノリノリ応援上映”. ORICON NEWS. (2020年1月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2153267/full/ 2020年1月17日閲覧。 
  249. ^ “津田健次郎、SWが好きすぎて「工事の誘導灯が欲しくて…」 武田真治の質問攻めに苦笑い”. ORICON NEWS. (2020年1月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2153349/full/ 2020年1月17日閲覧。 
  250. ^ "スター・ウォーズのCGを手がけた脱サラ証券マン". 逆転人生. NHK総合. NHK. 2020年1月27日放送. 2020年1月28日閲覧。
  251. ^ “脱サラ証券マンがスター・ウォーズのCGアーティストに、今夜NHKで特集番組放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月27日). https://natalie.mu/eiga/news/364740 2020年1月28日閲覧。 
  252. ^ 土方ゆり子 (2020年3月6日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のBlu-rayとDVDを同梱したMovieNEXが4月29日に発売決定". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  253. ^ 入倉功一 (2020年3月6日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』MovieNEXは4.29発売!". シネマトゥデイ. 2020年3月9日閲覧
  254. ^ a b "『スター・ウォーズ』完結編、デジタル配信&MovieNEX発売". ORICON NEWS. 2020年3月6日. 2020年3月9日閲覧
  255. ^ "『スター・ウォーズ』完結編、本編冒頭8分超のプレビュー映像解禁". ORICON NEWS. 2020年4月8日. 2020年5月15日閲覧
  256. ^ 市川遥 (2019年12月24日). “続3部作では最低の出足も『スター・ウォーズ』完結編が断トツ首位!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113167 2020年1月7日閲覧。 
  257. ^ “【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ」最終章、新三部作では最も低いOP興収に”. 映画.com (カカクコム). (2019年12月24日). https://eiga.com/news/20191224/12/ 2020年1月7日閲覧。 
  258. ^ “スター・ウォーズ完結編がV3!”. シネマトゥデイ. (2020年1月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113319 2020年1月9日閲覧。 
  259. ^ “【全米映画ランキング】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」がV3 「呪怨」新作が4位に”. 映画.com (カカクコム). (2020年1月7日). https://eiga.com/news/20200107/9/ 2020年1月7日閲覧。 
  260. ^ 入倉功一 (2020年1月14日). ““全編ワンカット”戦争映画『1917』拡大公開で一気にトップ上昇!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113465 2020年1月15日閲覧。 
  261. ^ “【全米映画ランキング】サム・メンデス監督の新作「1917 命をかけた伝令」が首位に”. 映画.com (カカクコム). (2020年1月15日). https://eiga.com/news/20200115/9/ 2020年1月15日閲覧。 
  262. ^ 市川遥 (2020年1月22日). “『バッドボーイズ』第3弾が全米大ヒット!『天気の子』の結果は…?”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113637 2020年1月24日閲覧。 
  263. ^ 倉本拓弥 (2020年1月28日). “『バッドボーイズ』第3弾がV2!シリーズ最高記録も目前”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113756 2020年1月29日閲覧。 
  264. ^ 倉本拓弥 (2020年2月4日). “『バッドボーイズ フォー・ライフ』3週連続で首位!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113898 2020年2月4日閲覧。 
  265. ^ 市川遥 (2020年2月12日). “『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』首位デビューも思わぬ苦戦”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0114056 2020年2月13日閲覧。 
  266. ^ “『スター・ウォーズ』最新作が初登場1位を獲得!『僕のヒーローアカデミア〜』が3位、『仮面ライダー 令和〜』が4位に初登場(12月21日-12月22日)”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2019年12月23日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201912/23171542.php 2020年1月7日閲覧。 
  267. ^ 梅山富美子 (2019年12月23日). “『スター・ウォーズ』完結編が1位!『ヒロアカ』は3位に”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113140 2020年1月7日閲覧。 
  268. ^ “【国内映画ランキング】「スター・ウォーズ」19年に公開された実写映画の3日間オープニング記録樹立!”. 映画.com (カカクコム). (2019年12月23日). https://eiga.com/news/20191223/14/ 2020年1月7日閲覧。 
  269. ^ “「スター・ウォーズ」動員1位、「ヒロアカ」「令ジェネ」「ヒックとドラゴン」も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月23日). https://natalie.mu/eiga/news/360640 2020年1月7日閲覧。 
  270. ^ “最後の「スター・ウォーズ」3日間で101万人が観た 驚異的なオープニング記録”. ORICON NEWS. (2019年12月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2151756/full/ 2020年1月7日閲覧。 
  271. ^ “映画興行成績:「スター・ウォーズ」完結編が初登場首位 劇場版「僕のヒーローアカデミア」は3位、仮面ライダー「令ジェネ」は4位発進”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年12月24日). https://mantan-web.jp/article/20191224dog00m200028000c.html 2020年1月7日閲覧。 
  272. ^ “スター・ウォーズ:4DXの興収1億1200万円で今年トップに 歴代で4番目の好成績”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年12月24日). https://mantan-web.jp/article/20191224dog00m200012000c.html 2020年2月14日閲覧。 
  273. ^ “『スター・ウォーズ』が2週目も首位をキープ、『アナと雪の女王2』が2位、『男はつらいよ〜』最新作が4位に初登場(12月28日-12月29日)”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2020年1月6日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/202001/06182112.php 2020年1月7日閲覧。 
  274. ^ a b 宇野維正 (2020年1月8日). "寅さんには救えなかった正月興行 2年連続で日本映画からヒット作は生まれず". Real Sound. blueprint. 2020年3月19日閲覧
  275. ^ “映画興行成績:2019年ラストは「スター・ウォーズ」完結編がV2 「男はつらいよ」「シンカリオン」が初登場”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2020年1月6日). https://mantan-web.jp/article/20200106dog00m200043000c.html 2020年1月7日閲覧。 
  276. ^ "『アナと雪の女王2』が首位に返り咲く!『スター・ウォーズ〜』が2位、『男はつらいよ〜』が3位にランクイン(1月4日-1月5日)". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年1月6日. 2020年1月7日閲覧
  277. ^ 梅山富美子 (2020年1月6日). "『アナと雪の女王2』強し!『男はつらいよ』新作が3位". シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧
  278. ^ "【国内映画ランキング】「アナと雪の女王2」首位返り咲き、「SW」2位、「男はつらいよ」が3位にアップ". 映画.com. カカクコム. 2020年1月6日. 2020年1月7日閲覧
  279. ^ "正月の動員トップは「アナ雪2」!「スター・ウォーズ」「男はつらいよ」が後追う". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年1月6日. 2020年1月7日閲覧
  280. ^ "映画興行成績:「アナ雪2」が公開7週目で首位返り咲き 「スター・ウォーズ」は2位、「男はつらいよ」は3位に". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2020年1月7日. 2020年1月9日閲覧
  281. ^ "『アナ雪2』が2週連続で首位を獲得!『カイジ〜』が2位、『フォードvsフェラーリ』が4位、『パラサイト〜』が5位に初登場(1月11日-1月12日)". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧
  282. ^ 海江田宗 (2020年1月14日). "『アナと雪の女王2』1位!『カイジ』が2位スタート!". シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧
  283. ^ 吉田唯 (2020年1月14日). “『スター・ウォーズ』完結編、興収60億円を突破”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113453 2020年1月15日閲覧。 
  284. ^ “【国内映画ランキング】「アナ雪」V2、好スタート「カイジ」は2位、「パラサイト」は5位発進”. 映画.com (カカクコム). (2020年1月14日). https://eiga.com/news/20200114/17/ 2020年1月15日閲覧。 
  285. ^ "「アナ雪2」が動員トップ、「カイジ」「フォードvsフェラーリ」「パラサイト」登場". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧
  286. ^ "映画興行成績:「アナ雪2」が首位返り咲きからのV2 「カイジ」は2位発進". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2020年1月15日. 2020年1月16日閲覧
  287. ^ "『アナと雪の女王2』が3週連続で首位に君臨!4位の『ラストレター』など新作5本が初登場(1月18日-1月19日)". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧
  288. ^ 海江田宗 (2020年1月20日). "『アナと雪の女王2』またも1位!『ラストレター』4位スタート!". シネマトゥデイ. 2020年1月21日閲覧
  289. ^ "【国内映画ランキング】「アナ雪」V7で興収125億突破!新作は5本がランクイン". 映画.com. カカクコム. 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧
  290. ^ "「アナ雪2」が8度目の動員トップ、初登場は「ラストレター」「記憶屋」など5本". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧
  291. ^ "映画興行成績:「アナ雪2」がV3 4位「ラストレター」、9位「メイドインアビス」など新作5本". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2020年1月21日. 2020年1月24日閲覧
  292. ^ "『キャッツ』が初登場1位を獲得!『カイジ ファイナルゲーム』が2位、『アナと雪の女王2』は3位(1月25日-1月26日)". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年1月27日. 2020年1月28日閲覧
  293. ^ 海江田宗 (2020年1月27日). "実写『キャッツ』が1位スタート!". シネマトゥデイ. 2020年1月28日閲覧
  294. ^ "「キャッツ」初登場で動員トップ!「パラサイト」は4位に浮上". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年1月27日. 2020年1月28日閲覧
  295. ^ "映画興行成績:実写「キャッツ」が初登場1位 「カイジ」は2位、「アナ雪2」は3位に". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2020年1月28日. 2020年1月29日閲覧
  296. ^ "『AI崩壊』が初登場1位を獲得!『バッドボーイズ〜』が6位、『ナイブズ・アウト〜』が8位、『嘘八百〜』が9位に初登場(2月1日-2月2日)". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年2月3日. 2020年2月4日閲覧
  297. ^ 梅山富美子 (2020年2月3日). "大沢たかお『AI崩壊』が首位スタート!約4か月ぶりに邦画が1位". シネマトゥデイ. 2020年2月4日閲覧
  298. ^ "【国内映画ランキング】「AI崩壊」首位スタート!「パラサイト」が3位にアップ". 映画.com. カカクコム. 2020年2月3日. 2020年2月4日閲覧
  299. ^ "「AI崩壊」週末動員1位、「バッドボーイズ」第3弾ほか初登場作品4本ランクイン". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年2月3日. 2020年2月4日閲覧
  300. ^ "映画興行成績:「AI崩壊」が初登場首位 「バッドボーイズ フォー・ライフ」など新作4本". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2020年2月4日. 2020年2月13日閲覧
  301. ^ "『ヲタクに恋は難しい』が初登場1位を獲得!『犬鳴村』が2位、『騎士竜戦隊リュウソウジャー〜』が5位に初登場(2月8日-2月9日)". CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2020年2月10日. 2020年2月13日閲覧
  302. ^ 海江田宗 (2020年2月10日). "高畑充希×山崎賢人『ヲタクに恋は難しい』1位スタート!". シネマトゥデイ. 2020年2月13日閲覧
  303. ^ "【国内映画ランキング】「ヲタクに恋は難しい」首位!オスカー4冠「パラサイト」は16億目前". 映画.com. カカクコム. 2020年2月10日. 2020年2月13日閲覧
  304. ^ "「ヲタ恋」が週末動員トップ、「犬鳴村」「スーパー戦隊MOVIEパーティー」初登場". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年2月10日. 2020年2月13日閲覧
  305. ^ "映画興行成績:実写「ヲタ恋」が初登場首位 オスカー受賞で話題の「パラサイト」は4位に". まんたんウェブ. 毎日新聞社. 2020年2月11日. 2020年2月13日閲覧
  306. ^ "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がDVD、BD同時1位に BDランキング歴代記録を自己更新【オリコンランキング】". ORICON NEWS. 2020年5月5日. 2020年5月15日閲覧
  307. ^ "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』今年度初の2週連続BD1位【オリコンランキング】". ORICON NEWS. 2020年5月14日. 2020年5月15日閲覧
  308. ^ Matt Kim (2019年12月21日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が中国で大コケ、オープニング成績が続三部作で最低に". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  309. ^ "【中国映画コラム】市場累計興収は1兆円! 2019年を総括する"10大ニュース"を発表". 映画.com. カカクコム. 2020年1月26日. 2020年1月28日閲覧
  310. ^ Terri Schwartz (2019年12月19日). "『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が米レビュー集計サイトでシリーズ史上2番目に低いスコアを記録". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  311. ^ "公開間近の「スター・ウォーズ」最新作、批評家の間で不評?". AFPBB News. 2019年12月19日. 2019年12月19日閲覧
  312. ^ "「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」全米で予想を上回る滑り出し". 映画.com. カカクコム. 2019年12月22日. 2020年1月7日閲覧
  313. ^ Turner, Nick (2019年12月19日). "「スター・ウォーズ」最新作、「ファントム・メナス」以来の低評価に". Bloomberg. 2019年12月19日閲覧
  314. ^ "「スター・ウォーズ」最新作、シリーズ史上2番目の低評価". REUTERS. 2019年12月19日. 2019年12月19日閲覧
  315. ^ 市川遥 (2020年1月13日). "アカデミー賞最多ノミネートは『ジョーカー』で11部門!ノミネート全リスト". シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧
  316. ^ "第92回アカデミー賞は「ジョーカー」が最多11部門ノミネート!". 映画.com. カカクコム. 2020年1月13日. 2020年1月15日閲覧
  317. ^ "アカデミー賞「ジョーカー」最多11部門ノミネート、「1917」「ワンハリ」が続く". 映画ナタリー. ナターシャ. 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧
  318. ^ Jesse Schedeen (2019年11月28日). "ジョン・ボイエガ、『スカイウォーカーの夜明け』の脚本がeBayに売り出されたのは自分の責任だと認める". IGN Japan. 産経デジタル. 2020年3月11日閲覧
  319. ^ 市川遥 (2019年11月26日). "『スター・ウォーズ』完結編の脚本、流出してネットで売られていた". シネマトゥデイ. 2019年12月12日閲覧
  320. ^ 倉本拓弥 (2019年11月28日). "『スター・ウォーズ』流出した新作の脚本、フィン役俳優のものだった". シネマトゥデイ. 2019年12月12日閲覧
  321. ^ "「スター・ウォーズ」脚本流出の犯人はジョン・ボイエガ". 映画.com. カカクコム. 2019年11月29日. 2019年12月12日閲覧
  322. ^ "「スター・ウォーズ」最新作の脚本、清掃員が見つけてイーベイに出品". REUTERS. 2019年11月28日. 2019年12月10日閲覧
  323. ^ 中山雄一朗 (2019年12月20日). "ディズニー『スター・ウォーズ』観客に注意喚起 てんかん症状などの恐れ". シネマトゥデイ. 2020年1月7日閲覧
  324. ^ "「スター・ウォーズ」最新作、光過敏性てんかんの発作引き起こす恐れ". CNN. 2019年12月10日. 2019年12月10日閲覧

外部リンク