スタンプ・アピワット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタンプ・アピワット
แสตมป์ อภิวัชร์
20171017 StampApiwat MoonRomanticLive.jpg
2017年10月17日 東京青山にて
基本情報
出生名 アピワット・ウアターウォンスック
อภิวัชร์ เอื้อถาวรสุข
別名 スタンプ (แสตมป์)
生誕 (1982-05-13) 1982年5月13日(37歳)
出身地 タイ王国の旗 タイ バンコク
学歴 チュラーロンコーン大学
建築学部
ジャンル ポップス、フォークロック
職業 シンガーソングライター、音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 2002年 - 現在
レーベル

Love_Is(2005年 - 2017年)(タイ) BEC-TERO(2013年 - 2017年)(タイ)      123records(2017年 – 現在)(タイ)

トイズファクトリー(2019年 – 現在)(日本)

スタンプ・アピワット(タイ語:แสตมป์ อภิวัชร์、ラテン文字表記:Stamp Apiwat、1982年5月13日 - )はタイ王国首都バンコク出身の歌手音楽プロデューサー。本名 アピワット・ウアターウォンスック(タイ語:อภิวัชร์ เอื้อถาวรสุข、ラテン文字表記:Apiwat Ueathavornsuk)。ニックネーム スタンプ。

概要[編集]

タイにてシンガーソングライターとして数多くの曲をヒットさせる一方、人気音楽オーディション番組「The Voice Thailand 」(season1~season3)では審査員を務め、後進を育成する若手音楽プロデューサーとしても活動する。3万人超を動員する音楽フェスでは、その高い人気からヘッドライナーの常連[1]。また、タイを代表する音楽賞で歌手、プロデューサーとして40以上の賞を受賞する[2]

2019年、日本メジャーデビューアルバム『EKAMAI DREAM 1』をリリース、「SUMER SONIC 2019」への出演を果たした。

経歴[編集]

  • 1997年 - タイのバンド、モダンドッグに影響を受け15歳の時にギターを始める[3][4]
  • 2005年 - チュラーロンコーン大学在学中に同級生と共にバンド7thSCENE(タイ語:เซเว่นธ์ซีน)を結成し、Love Isレーベルよりアルバムを1枚リリースする。その後、7thSCENEは活動を休止。しかしスタンプは音楽活動を続け、著名なシンガーソングライター兼音楽プロデューサーであるBoyd Kosiyabongに師事し、ソングライターとしてタイの歌手に楽曲を提供しヒット曲を生み出す。
  • 2008年 12月 - ソロアルバム『Million Ways To Write Part 1』を発表する。
  • 2009年 - アルバム『Million Ways To Write Part 1』から2曲目にシングルカットされた「クワームキット(タイ語:ความคิด (เพลงอภิวัชร์ เอื้อถาวรสุข))」が映画「A Moment in June(タイ語:ณ ขณะรัก」の主題歌に使われ、大ヒットとなる。
  • 2013年 - インパクト・ムアントーンターニー内の施設、インパクト・エキシビションホール1(現ホール5)にてワンマンコンサート「GREAN DAY」を開く。 ゲストにF. Heroウィスット・ポンニミットらが出演[5]。アルバム『Supermarket』リリース。
  • 2014年 - アルバム『Sci-Fi』リリース。スラートターニーハートヤイチエンマイウドーンターニーの4ヵ所でタイ国内ツアーを行う。『Sci-Fi』に収録されている『นักเลงคีย์บอร์ด』(ナックレーン・キーボード)で、YMCKとコラボしている。
  • 2015年 - インパクト・ムアントーンターニー内の施設、タイ最大級のコンサート会場インパクト・アリーナ(キャパ11,000人)にてワンマンコンサート「FaPha」を開く。
  • 2016年 - YMCKとのコラボ曲『Game Over』を公開。P.O.P.がラップで参加している。
  • 2017年 - 全曲英語詞のアルバム『STH』を、タイにて自ら主宰するレーベル「123records」よりリリース。制作にあたり、アメリカのバンドPop EtcのメンバーChristopher Chuをプロデューサーに迎えた。
  • 2017年 4月 - アルバム『STH』日本版はインディーズリリースをし、日本デビューを果たす。東京近郊を中心にCDリリースツアーを行う。
  • 2018年 2月2日 - 青山月見ル君想フで日本初ワンマンコンサートを成功させる。『It could be love』が、ドラマ『Love by chance』のエンディング曲に使用される。
  • 2019年 6月 - トイズファクトリーより、メジャーデビューシングル『Bangkok Summer (English ver.) 』をネット配信限定でリリース。
  • 2019年 7月19日 - FIVE NEW OLDのボーカル・ギターHIROSHIをフィーチャリングした『Die Twice feat. HIROSHI from FIVE NEW OLD』をアルバムリリースにむけ先行配信開始。
  • 2019年 8月7日 - メジャーデビューアルバム『EKAMAI DREAM 1』をリリース。
  • 2019年 8月15日 - HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペースにて、『EKAMAI DREAM 1』リリースイベントを開催。
  • 2019年 8月17日 - SUMMER SONIC 2019出演。 Billboard JAPAN STAGE
  • 2019年 9月 - JAPAN TOUR 2019 EKAMAI DREAM 1を行う。

人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

代表曲[編集]

  • 「Kwam Kid(タイ語: ความคิด)」(2010)MV
  • 「It Could Be Love(タイ語: มันคงเป็นความรัก)」(2011)MV
  • 「OHM(タイ語: โอมจงเงย)」(2012)MV
  • 「DAMN!!(タイ語: ให้ตายสิพับผ่า)」(2014)MV
  • 「Bangkok Summer (ENG)」(2019)MV

タイ語アルバム[編集]

英語アルバム[編集]

参加作品[編集]

  • 『Good Life feat. Stamp』(FIVE NEW OLD 『Too Much Is Never Enough』収録 2018)
  • 『STAMP feat. STAMP』(WHITE JAM 『雨音』収録 2018)
  • 『Don’t Worry Baby Be Happy feat. STAMP』(SKY-HI 音源未収録 2019)

ライブ[編集]

日本でのライブ[編集]

  • 2016年
日程 タイトル 会場
2016年4月17日 YMCK × STAMP チップチューン・ラウンジ[12] 新宿 8bit cafe
2016年4月21日 From Ekamai to Tokyo Live 2016 南青山月見ル君想フ
2016年4月26日 Mayu Wakisakaライブ ゲスト出演 中目黒FJ's
  • 2017年
日程 タイトル 会場
2017年4月21日 日本ツアー 横浜F.A.D
2017年4月25日 日本ツアー 渋谷タワーレコード
2017年4月29日 日本ツアー 柏DOMe
2017年4月30日 日本ツアー アルバムリリースパーティー 新代田FEVER
2017年5月27日 日本ツアー 下北沢サウンドクルージング 下北沢WAVER
2017年5月29日 日本ツアー 新代田FEVER
2017年10月13日 柏Palooza
2017年10月14日 宇都宮fudan cafe
2017年10月15日 渋谷club asia
2017年10月16日 南青山月見ル君想フ(男子の部)
2017年10月17日 南青山月見ル君想フ(女子の部)
2017年10月19日 新代田Fever
  • 2018年
日程 タイトル 会場
2018年2月2日 STAMP Japan Tour 2018 (ワンマン) 月見ル君想フ(Moon Romantic)
2018年2月4日 FIVE NEW OLDツアーゲスト出演 新代田FEVER
2018年2月9日 新宿 神楽音
2018年6月2・3日 第14回タイフェスティバル 名古屋 名古屋 エディオン久屋広場
2018年10月13日 No Maps Music ~ ROCK DIVERSITY 札幌 BESSIE HALL
2018年10月14日 FIVE NEW OLDツアーゲスト出演 札幌 Sound lab mole
  • 2019年
日程 タイトル 会場
2019年8月17日 SUMMER SONIC 2019 Billboard JAPAN STAGE
2019年9月8日 STAMP Japan Tour 2019 "EAKAMAI DREAM 1" 東京都 新代田FEVER
2019年9月10日 STAMP Japan Tour 2019 "EAKAMAI DREAM 1" 愛知県 名古屋 TIGHT ROPE
2019年9月11日 STAMP Japan Tour 2019 "EAKAMAI DREAM 1" 大阪府 CONPASS
2019年9月15日 パルTAMAフェス DÉ DÉ MOUSE Presents パルテノン多摩大階段音楽祭 多摩センター 大階段ステージ
2019年9月16日 TOKYO CALLING 2019 渋谷 TSUTAYA O-nest
2019年9月23日 FUKUOKA ASIAN PICKS キャナルシティ福岡 B1F サンプラザステージ
2019年12月12日 SKY-HI Round A Ground 2019 ~YO! SKY RAPS~ ゲスト出演 豊洲PIT

出演イベント[編集]

日程 イベント 会場
2017年10月28日 We Learn (講演) 大阪大学 吹田キャンパス

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rolling Stone Japan 編集部 |2019/06/07 20:00 「タイを代表するシンガーソングライター、Stampが日本でアルバムリリース」https://rollingstonejapan.com/articles/detail/31111?fbclid=IwAR3ONzaglAnlvaE8wmCWIgzLoz_i3aU7rcKPMu2N_xl1IPFBAo-bMQfiBsQ
  2. ^ 『東京人』都市出版刊、2018年6月3日発行(96-97ページ)
  3. ^ เอื้อถาวรสุข, อภิวัชร์ (2013-11) (タイ語). ก่อนความฝันจะล่มสลาย. Bangkok: springbooks. p. 32. ISBN 978-6163873996. https://m.se-ed.com/Product/Detail/9786163873996
  4. ^ "ซึมเศร้า" เราต้องหาย "แสตมป์ อภิวัชร์" เล่าความฝันเดียวที่มี” (タイ語). www.thairath.co.th. 2019年7月14日閲覧。
  5. ^ kyobo (2013年3月18日). “แสตมป์ โชว์เกรียน เต็มรูปแบบ คอนเสิร์ตเดี่ยวครั้งแรกในชีวิต” (英語). ฟังเพลง หาเพลงฮอต เพลงฮิต ฟังเพลงออนไลน์ เนื้อเพลง เพลงไทย เพลงสากล mthai Music | มิวสิคเอ็มไทย โดนใจ ทุกเพลง. 2019年9月18日閲覧。
  6. ^ Stamp×HIROSHI対談インタビュー ~タイの国民的シンガーソングライターとFIVE NEW OLDのフロントマンが語る国境を越えた交歓の意義 | Special” (日本語). Billboard JAPAN. 2019年9月16日閲覧。
  7. ^ Worldwide, Comiyavi (2013年8月24日). “CoMiyavi Worldwide: MIYAVI at Sonic Bang 2013 (Thailand) Setlist & media”. CoMiyavi Worldwide. 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ freecopymap.com. “あの人に会いタイ ②シンガーソングライター Stampさん | フリコピ -furicopi-” (日本語). バンコクのカフェ、ランチ、美容院情報いっぱい | フリコピ -furicopi-. 2019年9月22日閲覧。
  9. ^ 編集部, Anngle (2019年7月2日). “タイの人気歌手STAMP インタビュー” (日本語). ANNGLE. 2019年9月16日閲覧。
  10. ^ 園太郎&Naomi (2019年9月16日). “STAMP Japan Tour 2019 名古屋公演!” (日本語). STUDIO MUSHROOM IRON. 2019年9月16日閲覧。
  11. ^ タイの国民的ポップスター、Stampが日本から世界をめざす理由 | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)” (日本語). Rolling Stone Japan (2019年8月17日). 2019年9月22日閲覧。
  12. ^ YMCK×STAMP チップチューンラウンジ” (日本語). 2019年9月22日閲覧。
  13. ^ 園太郎&Naomi (2019年1月5日). “STAMPと僕(2)「ラジオ番組用にインタビューしていい?」” (日本語). STUDIO MUSHROOM IRON. 2019年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]