スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ
Stumptown Coffee Roasters
非上場企業
業種 コーヒー
設立 1999年 (1999)
創業者 ディアン・ソレンソン
本社 オレゴン州ポートランド
製品 コーヒー
ウェブサイト www.stumptowncoffee.com
オレゴン州ポートランドの47番通りとディヴィジョン通りの交差点にある一号店(2008年2月)

スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ英語: Stumptown Coffee Roasters)は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドに本社を置くコーヒー生産販売企業である。1999年にサウスイースト45番通りとディヴィジョン通りの交差点にあるフラグシップ的位置の喫茶店とロースタリーがオープンした。ポートランドにはその他喫茶店3店舗とロースタリーとテイスティングのための別館があり、シアトルニューヨークにも進出している。2012年8月、本社をポートランド市内にあるセントラル・イーストサイド工業地区に移転した[1]

ビジネスモデル[編集]

ポートランドにおいて、「革命的なコーヒービジネス」を掲げ「コーヒー消費者の持つ味覚の洗練」を支援することを自社の商慣行や品質基準にしている[2]。創業者のディアン・ソレンソンとスタンプタウン・コーヒー・ロースターズはサードウェーブコーヒーと称される運動の一部と呼ばれている[3][4]

最高品質のコーヒーを追求するソレンソンや社員は自らの足でかなりの時間をかけて農場を訪れたり、納得できる品質のコーヒーを喜んで高い価格で買い付けていて、時折公正取引価格の3〜4倍で買い付けることもあり[5]、コーヒー豆買い付け価格の最高額を記録したこともある[6][7]。またソレンソンはコーヒー生産者との持続可能な関係を築くことでも知られる[8]

サウスウェスト・シャーク通りにある店舗

ソレンソンは社員が結成した数組のバンドが参加したコンピレーションアルバムの製作資金を出したり[9]、フルタイム勤務のマッサージセラピストを雇用するなど社員に対し珍しい特典を提供している[10]。そしてRoaster of the Year 2006など数ある賞を受賞している[10]

2011年、ニューヨークの未公開株ファンドであるTSGコンシューマーパートナーズ英語版からTSGの下でオレゴン州での事業再登録を含む[11]大規模投資を受けたが[12]、税金に関する要因により、現在財政的な拠点をデラウェア州に置いている[11]。これにより、スタンプタウンは競売英語版に掛けられたと多く報じられたが、確認されたところによるとソレンソンは法的に会社を未だに続けているとされている[13][14]。2013年2月現在、ジョーンズ・ソーダー社のジョス・リッチ英語版が社長に就任している[15]

2015年、セカンドウェーブのコーヒー会社であるピーツ・コーヒー&ティーにより、同じくサードウェーブのインテリジェンシア英語版とともに買収された。

店舗・施設[編集]

ポートランドにおいて4軒の喫茶店と2箇所の補助的施設を経営している。サウスイースト45番通りとディビジョン通りの交差点、サウスイースト34番通りとベルモントの交差点、サウスウェスト3番通りとアッシュ通りのダウンタウンとサウスウェストスターク通り1022にあるエースホテルポートランド英語版内にカフェを出店している。サウスイースト34番通りとディビジョン通りの交差点に焙煎工場が、本社内に販売店がある。サウスイーストディビジョン通りにある店舗はかつて「ザ・ヘア・ブレンダー」と呼ばれたヘアサロンがあり、現在スタンプタウンのシグネチャーエスプレッソブランド名の1つに採用している[16]

また、コーヒーのテイスティングに特化した施設をオープンさせていて、Clover 1sという機械を使ってコーヒーを淹れているが、Clover 1sは生産を終了していて、メーカーであるコーヒー・エクイップメント・カンパニーはスターバックスに買収されている。2013年現在、本社はサウスイースト産業地域にある。

2007年11月、シアトルに喫茶店を2店舗出店[17]、アベニューイースト12番通りとイーストスプリング通りの交差点とイーストパイン通りとベルモント通りの交差点に店舗がある。

2009年9月、ニューヨークのエースホテルに出店した[18]。2010年5月に、ソレンソンはアムステルダムのザ・パイプ地域にポップアップ的な店舗を出店したが、恒久的な営業を目的としていなかったとして同年に閉店した[19]

2013年5月、ニューヨークの30ウエスト8番通りにブリューバーを出店した[20]

2013年10月、ロサンゼルスのサウスサンタフェ806番地にカフェとロースターを出店した。

その後ニューヨークのほか、シカゴニューオーリンズ京都に出店している。

注釈[編集]

  1. ^ Jackson, Reed (2012年8月29日). “Stumptown Coffee Opens New Headquarters”. DJC Oregon. http://djcoregon.com/news/2012/08/29/stumptown-coffee-opens-new-headquarters/ 2012年8月30日閲覧。 
  2. ^ Saelens, E. (2003年7月4日). “Stumptown presses on with attitude”. Portland Business Journal. http://portland.bizjournals.com/portland/stories/2003/07/07/story3.html 2008年2月16日閲覧。 
  3. ^ Dundas, Zach (October 11, 2006), Bean Town, Willamette Week, http://www.wweek.com/editorial/3249/8078/ 2008年2月16日閲覧。 
  4. ^ Skeie, Trish R. (April–May 2006), Third Wave, Barista Magazine, http://www.baristamagazine.com/Issues/VolumeII/AprilMay06/aprilmay06-third.html 2008年2月16日閲覧。 
  5. ^ DiStafano, Anne Marie (June 30, 2006), Stumptown’s blend, The Portland Tribune, http://www.portlandtribune.com/sustainable/story.php?story_id=115110013977690800 2008年2月16日閲覧。 
  6. ^ Clarke, Kelly (December 8, 2004), Unwrapped, Willamette Week, http://www.wweek.com/story.php?story=5814 2008年2月16日閲覧。 
  7. ^ David Griswold (September–October 2004), Worth Its Weight, Roast Magazine, http://www.roastmagazine.com/backissues/septoct2004/worthitsweight.html 2008年2月16日閲覧。 
  8. ^ Ozersky, Josh (2010年3月9日). “Is Stumptown the New Starbucks...or Better?”. Time Magazine. http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,1970653,00.html 
  9. ^ CD Review: Worker's Comp: Stumptown Sessions Vol. 1, The Portland Mercury, (March 14, 2002), http://www.portlandmercury.com/portland/Content?oid=26550&category=22158 2008年2月16日閲覧。 
  10. ^ a b 2006 Roaster of the Year”. Roast Magazine (October–November 2005). 2006年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月16日閲覧。
  11. ^ a b “State Documents Show Shift Atop Stumptown Coffee”, Willamette Week, (May 31, 2011), http://www.wweek.com/portland/blog-27211-state_documents_show_shift_atop_stumptown.html 
  12. ^ Strand, Oliver (2011年6月2日). “Stumptown Expands With the Help of a Powerful Investor”. Diner's Journal (The New York Times Company). http://dinersjournal.blogs.nytimes.com/2011/06/02/stumptown-expands-with-the-help-of-a-powerful-investor/ 2011年6月20日閲覧。 
  13. ^ “The End of Stumptown, America's Hippest Coffee Brand”, Esquire, Eat Like a Man, (May 31, 2011), http://www.esquire.com/blogs/food-for-men/stumptown-sold-out-5839692 
  14. ^ “Has Stumptown Coffee been sold?”, Willamette Week, http://www.wweek.com/portland/blog-27206-has_stumptown_coffee_been_sold.html 
  15. ^ Longtime soda and beverage executive Joth Ricci has taken over as president of Stumptown Coffee Roasters., Roast Magazine, (February 2013), http://dailycoffeenews.com/2013/02/13/stumptown-hires-beverage-exec-joth-ricci-as-new-president/ 
  16. ^ http://cuppin.wordpress.com/2006/06/17/who-died-and-made-you-coffee-expert-anyway/
  17. ^ Dizon, Kristin (2007年11月15日). “Get perking: Portland's highly-regarded Stumptown Coffee comes to Capitol Hill”. Seattle Post Intelligencer. http://www.seattlepi.com/food/339784_coffee16.html 2007年11月24日閲覧。 
  18. ^ Strand, Oliver (2009年9月16日). “A Seductive Cup”. New York Times. http://www.nytimes.com/2009/09/16/dining/reviews/16brief-001.html 2009年1月20日閲覧。 
  19. ^ Hartley, Brandon, Stumptown Goes Abroad, AWB, http://anotherworldblog.wordpress.com/2011/07/29/stumptown-goes-abroad/ 2011年10月14日閲覧。 
  20. ^ Stumptown Coffee Roasters Website - New York Cafés, http://stumptowncoffee.com/location/new-york/8th/ 2014年4月4日閲覧。 

脚注[編集]

外部リンク[編集]