スタンドアップパドル・サーフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スタンドアップパドル・サーフィン(Stand up paddle surfing)は、ウォータースポーツの一つ。サーフボードの上に立ち、一本のパドルで左右を交互に漕ぎ、などの水面を進む。使用するスタンド・アップ・パドルボード(Stand Up Paddleboard)の頭文字をとって「SUP」(サップ)という略称 [1]や「立ちこぎボード」という日本語の呼び方[2]もある。

ハワイ語ではHoe he'e nalu。大きなサーフボードの上に立ち、パドルを使って漕ぐ乗り方を指す。

スタンドアップパドル・サーフィン

歴史[編集]

サーフィン用のボードは通常、つかまって泳いだり、上に座るかうつ伏せになって波乗りのタイミングを待ったりする。SUPは1960年代米国ハワイ州ワイキキのビーチボーイズらによって、始められた。大きなサーフボードの上でパドルを使い漕ぐ乗り方が生まれた。

近年になり、ハワイのマウイを拠点とするビッグウェイヴサーファーのレイヤードハミルトンやデイブカラマ、マカハビーチボーイズ、オアフ島のブライアン・ケアルラナや、デイブ・パーメンター等によって再び注目を浴びるようになる。 当初はトゥインサーフィンの足腰の練習用として始められたが、これによって沖からのテイクオフもパドルを使う事により可能になり、ロングボードのターンにもパドルがより有効な事が認知された。

長距離を移動する事も可能であり、波や風の無いフラットな海水面でも楽しめる事から、ハワイでは子供から高齢者まで許容範囲の広いマリンスポーツとして注目されている。不安定なボードの上に乗ってバランスを取ることにより全身運動につながり、股、太もも、首、ひざ等が鍛えられるエクササイズ効果がある事も魅力の一つとされている。

日本にも伝わり、流れが緩い河川を含めて楽しまれるようになった。釣りで1人乗りボートの代わりに使われることもある。日本シティサップ協会(大阪市) [1]や日本SUP振興会(神奈川県)といった愛好者団体も作られている。水難事故も起きており、海上保安庁は2018年、安全指針(ウォーターセーフティガイド)を策定した。事前に天候を調べ、救命胴衣を着用し、ボードと離れ離れにならないように足とリーシュコードで結びつけて水に出ることを勧めている。遭難時に通報できるよう防水袋に入れた携帯電話も持って出ることも呼び掛けている[2]

種目[編集]

  • ウェーブライディング - サーフィンボディボードのように波が形成する斜面を滑走する。
  • クルージング - 海や湖、川をボードに乗って移動したり、レースをしたりする。

道具[編集]

ボード[編集]

11 フィートのロングボード

一般的には、9フィート(約274.3cm)以上のロングボードと呼ばれているものが使用される。近年は専用のボードが開発されている。 ボードに厚みや幅を広く作る事で浮力・安定感を持たせたり、スピードが出るような形状にしたりしたものがある。 上級者であれば、ショートボードでも可能であり、基本的な定義はない。

パドル[編集]

立った状態で漕げるように、身長に合わせたパドルが使用される。更に漕ぎやすくするためにグリップの形状も改良され、ブレードに角度がついたものが主流になってきている。

リーシュコード[編集]

サーフボードと体を結ぶ紐状のもの。リーシュコードの他に、流れ止め、パワーコードとも呼ぶ。ロングボード用など長めのものが使用される。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 立ちこぎボード「SUP」波に乗ってバランス力アップ/朝日新聞DIGITAL(2018年7月14日)2018年9月17日閲覧
  2. ^ a b 「水上散歩に救命胴衣を 立ちこぎボード事故増」『読売新聞』夕刊2018年8月7日(社会面)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]