スタパ落語会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スタパ落語会』(スタパらくごかい)は、2011年10月16日から2012年3月4日まで放送されたNHKラジオ第1放送落語番組である。

概要[編集]

NHKスタジオパークのオープンスタジオからの公開収録で、いわゆる「二つ目」や「真打ち」を中心とした若手の落語家をゲストに迎えて、その落語家の口座を楽しむというものであった。

放送は日曜15時05分ごろから基本は15時55分までであったが、大相撲本場所期間中の千秋楽の日は大相撲中継の関係で15:30までの短縮番組とし、過去に放送された公演の再放送に当てていた。この期間中、同じスタジオパークからの公開生放送で行われている『日曜バラエティー』は14:55までの放送となっていたが、この番組の終了と、2012年4月以後『上方演芸会』の放送時間移動に伴い15:30までの放送に延長された。

案内役[編集]