スタニスワフ・ルボミルスキ (1704-1793)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタニスワフ・ルボミルスキ

スタニスワフ・ルボミルスキStanisław Lubomirski, 1704年 ブラツワフ - 1793年7月19日 ワルシャワ)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族。ルボミルスキ家の公(侯爵(Fürst)/公爵(książę))。

イェジ・アレクサンデル・ルボミルスキ公(Jerzy Aleksander Lubomirski)とその最初の妻のヨハンナ・フォン・シュテルツハウゼンの間の次男として生まれた[1]イェジ・セバスティアン・ルボミルスキの曾孫にあたる。1739年に王冠領副膳官(Podstoli)の官位を受け、1744年に白鷲勲章を授けられた。またノヴィ・ソンチの代官も務めた。1764年にブラツワフ県知事となり、1772年にキエフ県知事に就任した。当時の共和国において最富裕層のマグナートの1人であり、ドゥブナリウネなどの領主で、31の町と738の村を所有していた。年間の収入は292万ズウォティにのぼったと言われる。

1740年にルドヴィカ・ポチェイ(1726年 - 1786年)と結婚し、間に4男3女の7人の子女をもうけた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Minakowski, Marek Jerzy. “Stanisław ks. Lubomirski z Lubomierza h. Drużyna (ID: 15.105.472)”. 2012年3月28日閲覧。