スタニスワフ・ヘラクリュシュ・ルボミルスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタニスワフ・ヘラクリュシュ・ルボミルスキ
ルボミルスキ家
Stanislaw Herakliusz Lubomirski (1642-1702).jpg

出生 1642年3月4日
ニェポウォミツェまたはヴィシニチュ
死去 1702年1月16/17日(59歳没)
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国ワルシャワ、ヤズドゥフ
配偶者 ゾフィア・オパリンスカ
  エルジュビェタ・デンホフヴナ
子女 エルジュビェタ
テオドル
フランチシェク
ユゼフ
父親 イェジ・ルボミルスキ
母親 コンスタンツィア・リゲンザ
テンプレートを表示
紋章

スタニスワフ・ヘラクリュシュ・ルボミルスキポーランド語:Stanisław Herakliusz Lubomirski, 1642年3月4日 - 1702年1月16/17日)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族、政治家、帝国諸侯)。また芸術のパトロン、著作家でもあった。

生涯[編集]

ヘトマンイェジ・セバスティアン・ルボミルスキとコンスタンツィア・リゲンザの長男で、大ヘトマンのヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキは弟。1669年に王冠領宮内副長官ウカシュ・オパリンスキの娘ゾフィアと結婚、1676年にエルジュビェタ・デンホフヴナと再婚して3人の息子と娘1人をもうけた。1669年より王冠領副大膳官を、1673年より王冠領宮内副長官を、1676年より王冠領宮内長官を務め、スピシュ代官でもあった。

ルボミルスキは17世紀中葉の混乱期、スウェーデン軍やハンガリー軍との戦いに従事し、国内では1658年に父と共にトルン包囲戦に参加した。父がいわゆる「ルボミルスキの反乱」を起こすと、彼は父の側につくことを拒み、国王と反乱者の調停に努めた。ルボミルスキは後継者生前指名(ヴィヴェンテ・レゲ)による王権強化策および王妃ルドヴィーカ・マリアの政策を支持していた。1668年の国王ヤン2世カジミェシュの退位には反対している。

ルボミルスキはフランス、イタリア、スペインに赴く外交使節を数多く務め、1667年よりしばしばセイム代議員に選ばれた。1669年5月の選出議会、および1670年9月の通常議会では議長に選ばれた。その1670年のセイムでは、彼の経験と権威がものを言い、討議が1668年、1669年のセイムのように自由拒否権によって中断される事態を避けることが出来た。1673年から1674年にかけての空位期には友人であるヤン・ソビェスキ(ヤン3世)の国王選出を支援している。ルボミルスキは父のような野心を持たず、共和国の福利のために行動する高潔な人物であった。

ルボミルスキは多才な人物で、ポーランド国外でも文学や科学に関する著作家として知られていた。彼は詩、演劇、および哲学・宗教・歴史に関する書物を執筆した。また学校や教会の設立者、支援者でもあった。

著作[編集]

  • Poezje postu Świętego
  • Tobiasz wyzwolony, Ecclesiastes
  • Ermida (sielanka)
  • Rozmowy Artaksesa i Ewandra (1683)
  • De vanitate consiliorum (1700)
  • De remediis animi humani (1701)
  • Genii veredici