スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴ
Stadion Wojska Polskiego
Stadion Legii 06.jpg
スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴの位置(ポーランド内)
スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴ
施設情報
正式名称 Stadion Miejski Legii Warszawa im. Marszałka Józefa Piłsudskiego
所在地 ワルシャワ
位置 北緯52度13分14秒 東経21度02分26秒 / 北緯52.22046度 東経21.04063度 / 52.22046; 21.04063座標: 北緯52度13分14秒 東経21度02分26秒 / 北緯52.22046度 東経21.04063度 / 52.22046; 21.04063
開場 1930
修繕 2008-2011
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
レギア・ワルシャワ
収容能力
31,103人[1]

スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴは、ポーランドワルシャワにあるサッカースタジアムである。

レギア・ワルシャワがホームスタジアムとして使用する。

概要[編集]

1930年にスタジアムが完成した[2]。スタジアム最初の試合は8月9日に行われたレギア・ワルシャワ対CFエウロパ・バルセロナ戦で、ユゼフ・ピウスツキらが観戦した[2]。8月24日に最初のリーグ戦となるCzarni Lwów戦が行われた[3]。1933年にスタジアムはスタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴ(ポーランド軍スタジアム)と命名された[3]

新しいスタジアムの建設は2段階で行われ、第1段階は2008年11月17日に開始された[1]。建設期間中もスタジアムで試合が行われたが[3]、収容能力は5,976人だった[1]。2010年6月に3つのスタンドが完成し、収容能力は27,000人以上になった[1]。8月7日に新スタジアムの開場試合としてアーセナルFC戦が行われ、アーセナルが6-5で勝利した[3][4]。2011年5月11日にすべての工事が完了し、5月21日に4つのスタンドが使用された最初の試合となるヴィスワ・クラクフ戦が行われた[3]

2011年7月にペプシコが3年間の命名権を取得し[5]、2014年末までペプシ・アリーナ(Pepsi Arena)と呼ばれた[6]

2012年6月6日、スタジアムでカジミエシュ・デイナの銅像が発表された。カカはレギア・ワルシャワで390試合141得点の成績を残し、ポーランド代表でも活躍した。[7]

2013年6月2日のシロンスク・ヴロツワフ戦には新スタジアムの最多観客数となる30,787人が来場した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Historia nowego Stadionu Legii - Stadion”. Legia Warszawa. 2017年8月21日閲覧。
  2. ^ a b Historia starego Stadionu Legii, część II - Stadion”. Legia Warszawa. 2017年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Informacje o stadionie - Stadion”. Legia Warszawa. 2017年8月20日閲覧。
  4. ^ Legia Warsaw 5 - 6 Arsenal - Match Report”. Arsenal (2010年8月7日). 2017年8月20日閲覧。
  5. ^ Pepsi Arena tylko marketingowo”. Sport TVN24 (2011年7月20日). 2017年8月21日閲覧。
  6. ^ Nie ma już Pepsi Areny. Stadion Legii wraca do nazwy z Piłsudskim”. LEGIA.SPORT.PL (2015年1月14日). 2017年8月21日閲覧。
  7. ^ Kalendarium Stulecia Legii - 6 czerwca”. Legia Warszawa (2016年6月6日). 2017年8月20日閲覧。