人形劇団プーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタジオ・ノーヴァから転送)
移動先: 案内検索
人形劇団プーク
PUPPET THEATER PUK
種類 株式会社
本社所在地 東京都渋谷区代々木2-12-3
設立 1929年12月21日
事業内容 人形劇公演、劇場運営、映像作品制作、各種模型・小道具・大道具の制作
代表者 渡辺真知子(人形劇団プーク代表)
特記事項:劇団プーク、プーク人形劇場、スタジオ・ノーヴァの3法人で運営。
テンプレートを表示

人形劇団プーク(にんぎょうげきだんプーク)は、日本の人形劇団。日本において長い伝統をもつ現代人形劇団の一つ。常設ホールや学校においての人形劇の公演の他、テレビ、映画などの出演もしている。

劇団の礎となった「人形クラブ」の名を、エスペラント語で「LA PUPA KLUBO」(英訳=THE PUPPET CLUB)を正式名称として、人形を意味するPUPAのPUと、クラブを意味するKLUBOのKをとってPUKと略称としていたが、それを通称として劇団名とした。

現在、人形劇団プークは、人形劇団プーク(舞台活動・法人名は劇団プーク)・プーク人形劇場(プーク人形劇場の管理・運営)・スタジオ・ノーヴァ(映像部門・英名=STUDIO NOVA.inc)の3法人で活動している。

沿革[編集]

創立者川尻東次[編集]

創立者で24歳の若さにて夭折した川尻東次の心得としたメッセージがプーク人形劇場の正面口に刻まれている。

たとえ ひとりになっても私は歩みをやめない。新しい仲間は必ず集まってくる。プークがやろうとするのはそのような人形劇の仕事だ!

スタジオ・ノーヴァ[編集]

劇団プークアトリエ(東京都西東京市、2016年撮影)

制作部門のスタジオ・ノーヴァでは棒遣い人形、糸操り人形、ハンドマペット、着ぐるみ等を制作。Eテレ学習番組NHKこども番組など幅広く請け負っている。

おもな番組[編集]

プーク人形劇場[編集]

プーク人形劇場
劇団プーク・プーク劇場.jpg
情報
正式名称 プーク人形劇場
開館 1971年11月
客席数 1階席:88席
2階席:18席
所在地 東京都渋谷区代々木2-12-3
アクセス JR新宿駅南口より徒歩7分
都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩1分
大江戸線新宿駅a-1出口より徒歩1分
公式サイト プーク人形劇場

概要[編集]

プーク人形劇場(ぷーくにんぎょうげきじょう)は、東京都渋谷区代々木2-12-3にある劇団プークの劇場である。住所は渋谷区だが、最寄駅は新宿駅。1971年11月、もともと事務所のあった小さな土地に建設した劇場である[2]

プーク人形劇場はプークの人形劇の他、貸ホールとして演劇やお笑い芸人の公演にも使われており、2001年2月にはお笑いプロレス団体「西口プロレス」が旗揚げ興業を行った。西口プロレスの名称も当地にちなむが、もっとも近いのは当時から南口である。

アクセス[編集]

JR新宿駅南口より徒歩7分。都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩1分。大江戸線新宿駅a-1出口より徒歩1分

脚注[編集]

  1. ^ 人形劇編:佐藤東さん(スタジオ・ノーヴァ)– 特集記事から探す”. NHKアーカイブス. 2016年10月22日閲覧。
  2. ^ 人形劇団プーク|事務所探訪”. [PRE]一般社団法人映像実演権利者合同機構 (2012年11月21日). 2016年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]