スシ・スサンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スシ・スサンティ
Susi Susanti.jpg
2018年アジア競技大会の開会式で最終聖火ランナーを務めるスシ・スサンティ
基本情報
生年月日 (1971-02-11) 1971年2月11日(47歳)
性別 女性
国籍  インドネシア
出身地 西ジャワ州タシクマラヤ県
身長 161㎝
選手情報
利き腕
種目 女子シングルス
主な戦績
世界ランク(最高) 1位
 
獲得メダル
女子 バドミントン
オリンピック
1992 女子シングルス
1996 女子シングルス
世界選手権
1991 女子シングルス
1993 女子シングルス
1995 女子シングルス

スシ・スサンティSusi Susanti、中国名:王蓮香、1971年2月11日 - )は、インドネシアバドミントン選手。西ジャワ州タシクマラヤ県出身。

概要[編集]

15歳でインドネシアナショナルチーム入りを果たしたスサンティは、引退するまでに数々の大会を制覇し、バドミントン界の女王と呼ばれた。

彼女は1992年のバルセロナ五輪でインドネシアに初の金メダルをもたらし、ワールドカップとワールドグランプリでそれぞれ6回優勝を果たし、全英オープンを4回制覇した。1993年の世界選手権でも優勝している。まさに、女子バドミントン選手の中で世界大会を最も多く制している選手である。

また、同じインドネシアの選手クスマとは、選手時代は恋人で、1997年に結婚した。

1999年、彼女は夫クスマと共に引退を宣言した。このとき、3000人ものファンが会場に詰め寄せ、「スシ(スサンティの名前)、スシ」と大声で叫びながら彼女を見送った。

プレースタイル[編集]

守備的な選手で、正確なクリアとレシーブを多用して主導権を握る。

外部リンク[編集]