スザンヌ (レナード・コーエンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スザンヌ
レナード・コーエン楽曲
収録アルバム レナード・コーエンの唄
リリース 1967年12月27日
録音 ニューヨーク、コロムビア・レコーディング・スタジオ
ジャンル フォーク
時間 3分48秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞者 レナード・コーエン
作曲者 レナード・コーエン
プロデュース ジョン・サイモン
レナード・コーエンの唄 収録曲
Side 1
  1. スザンヌ
  2. 「マスター・ソング」
  3. 「ウィンター・レイディ」
  4. 「ストレンジャー・ソング」
  5. 「シスターズ・オブ・マーシー」
Side 2
  1. 「さよならマリアンヌ」
  2. 「さよならは言わないで」[1]
  3. 「街の話」
  4. 「先生達」[1]
  5. 「オレたちが悪いんじゃない」[1]
ミュージックビデオ
「Suzanne」 - YouTube

スザンヌ」(原題: Suzanne)は、カナダシンガーソングライター詩人レナード・コーエンが1967年に発表した楽曲。コーエンの代表作の一つである。女性によるカバーが多いことでも知られる。

概要[編集]

もともとは「スザンヌ」はコーエンが1966年に出版した4作目の詩集『Parasites of Heaven』に収められた一編の詩であった。同年11月、ジュディ・コリンズがアルバム『In My Life』で本作品を取り上げると、それがコロムビア・レコードボブ・ディランのプロデューサーを務めていたジョン・ハモンドの目に止まり、アメリカでのコーエンのレコード・デビューが決まる。

レコーディングはニューヨークのコロムビア・レコーディング・スタジオで行われた。ジョン・ハモンドが体調を崩したことにより、プロデュースはジョン・サイモンが担当した[2][3]

1967年12月27日発表のアルバム『レナード・コーエンの唄』の一曲目に収録された。コーエンの歌とアコースティック・ギターのバックでコーラスをつけているのは、アメリカのシンガーソングライターのナンシー・プリディ。本作品はシングルとしても発売された。

1970年8月に開催された第3回ワイト島音楽祭にコーエンは出演し、本作品を演奏した。同ライブ・バージョンの映像は2009年10月20日に発売されたCD/DVD『Live at the Isle of Wight 1970』で見ることができる。

主なカバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『レナード・コーエンの唄』は2007年にボーナス・トラック2曲を含んだデジタル・リマスター盤が発売される。その際いくつかの楽曲の邦題が改められた。B面2曲目の「Hey, That's No Way to Say Goodbye」は「そんなふうにさよならを言ってはいけない」、B面4曲目の「Teachers」は「先生たち」、B面5曲目の「One of Us Cannot Be Wrong」は「どちらかは間違ってはいないはず」に変更された。
  2. ^ Nadel, Ira B. Various Position: A Life of Leonard Cohen. Pantheon Books: New York, 1996.
  3. ^ Leonard Cohen - Songs Of Leonard Cohen (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  4. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF NOVEMBER 25, 1967
  5. ^ Nancy Wilson - Can't Take My Eyes Off You (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  6. ^ Liane Carroll - Dolly Bird (CD, Album) at Discogs
  7. ^ Various - Cohen Covered (CD) at Discogs