スコピエ地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
震源の位置

座標: 北緯42度06分 東経21度24分 / 北緯42.10度 東経21.40度 / 42.10; 21.40

地震による被害
地震による被害
地震による被害

スコピエ地震(スコピエじしん)は、1963年7月26日、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国マケドニア社会主義共和国の首都スコピエで発生したマグニチュード(M)6.1の地震である。地震によって、スコピエの街の8割が破壊され[1][2]、1,000–1,100人が死亡し[3][4]、12万人以上が家を失った。こうしてスコピエは壊滅的な被害を受けたが、日本人建築家である丹下健三が、震災復興を担い、都市計画を進めた。

脚注[編集]

  1. ^ The 1963 earthquake”. 2008年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  2. ^ “BBC ON THIS DAY - 26 - 1963: Thousands killed in Yugoslav earthquake”. (1963年7月26日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/july/26/newsid_2721000/2721635.stm 2015年8月19日閲覧。 
  3. ^ Marking the 44th anniversary of the catastrophic 1963 Skopje earthquake Archived September 30, 2007, at the Wayback Machine. MRT, Thursday, July 26, 2007
  4. ^ Seismic Ground Motion Estimates for the M6.1 earthquake of July 26, 1963, at Skopje, North Macedonia Archived April 11, 2008, at the Wayback Machine. Department of Earth Sciences, University of Trieste, Trieste, Italy