スコアメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スコアメーカーとは、河合楽器製作所1995年から製造販売している楽譜作成ソフトウェアである。

概要[編集]

一般の楽譜作成ソフトでは、音の高さ・長さ・音色などを入力する必要があるが、このソフトは「印刷楽譜をスキャナで読み取りそのまま楽譜データにする(楽譜認識)」ことができる。そのため、楽譜を読み慣れない人でも

  • 楽譜を演奏させて合唱の音とりに使う
  • 原曲を移調する

などを容易に行うことができる。通常の音符入力もできるので、自分で作曲アレンジに使うこともできる。

オリジナルの楽譜フォント「Harp」を採用。楽譜出版を長年手がけてきたメーカーらしく、作成した楽譜も市販楽譜さながらに美しく仕上げることができる。

バージョン[編集]

スコアメーカー1.0
スコアメーカー2.0
2.1でWindows 98NT4.0に対応。また、楽譜に任意のテキストを書き込むことができる「注釈」機能が追加された。[アップデート]でさらにWindows Me2000XPにも対応。
スコアメーカー3.0
このバージョンからWindows XPに正式対応。レイアウト機能が強化され、一部の五線を非表示にする(合唱曲の楽譜の前奏部分など)ことが可能になった。また、WAV形式での保存が可能となった。
スコアメーカー4.0
このバージョンから歌詞認識(印刷楽譜にある歌詞をそのまま読み込む)が可能になった。従来は楽譜認識しsdfファイル作成後、手打ちで歌詞を入力しなければならなかった。また、同時に複数の楽譜ファイルを開いて作業することも可能になった。
スコアメーカー5
このバージョンからMusicXML出力が可能になった。また、このバージョンのみサンプル曲としてカワイ出版の『ピアノ名曲100選』データがついていた。
スコアメーカーLite
スコアメーカービギナーズ
スコアメーカー for MacOS 2.0

スコアメーカーFXシリーズ[編集]

2007年リリースの最新バージョン。新ファイルフォーマット「sdx」を採用(従来のsdfも読み込み・出力可)。歌詞をメモ帳などであらかじめ作っておき、一括して流し込むことができる。等の新機能が追加された。
FX Pro
上級モデル。最大256パート。手書き風楽譜の認識も可能。八分音符で書かれた楽譜を自動的にジャズ風に演奏できる「シャッフル」機能など
FX
標準モデル。
FX Lite
楽譜認識機能がない

姉妹品[編集]

スコアメーカーの楽譜データ形式である「sdfファイル」を読み込んで使用する。

MusicDrill音楽帳
音楽教育用ソフト。小学校低学年用「たのしいおんがく」と中学年以上用の「音楽を作ろう」の2つのソフトから習熟度に合わせて6段階のレベルを選んで使用することができる。「音楽を作ろう」では、キーボードを叩く速さに合わせて演奏を進める「タッピング」機能がついている。もともと「スコアメーカー」の方が「音楽帳」の姉妹品扱いであった。
バージョンアップは「3.0」発売後永らくなかったが、2007年にWindowsVista対応の「音楽帳5」をリリース。
プリマヴィスタ
合唱練習ソフト。演奏にあわせてマイクで歌うだけで、音程判定をしてくれる。
ピアノマスター
電子ピアノ練習ソフト。
スコアプレーヤー
sdfファイルの読み込み・演奏・印刷が可能なフリーソフト。2007年現在Ver.4が公開されている。
スコアプレーヤーFX
2007年リリース。従来のスコアプレーヤーの機能に加え、FXシリーズの保存形式であるsdxファイルの読み込み・演奏・印刷、さらに簡単な編集や移調も可能。

関連記事[編集]

外部リンク[編集]