スケトウダラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スケトウダラ
Walleye pollock.jpg
スケトウダラ
Theragra chalcogramma
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 側棘鰭上目 Paracanthopterygii
: タラ目 Gadiformes
: タラ科 Gadidae
亜科 : タラ亜科 Gadinae
: スケトウダラ属 Theragra
: スケトウダラ T. chalcogramma
学名
Theragra chalcogramma
(Pallas, 1814)
英名
Alaska pollock

スケトウダラ Theragra chalcogramma(介党鱈、鯳、英: Alaska pollock)は、タラ目タラ科に属する魚類スケソウダラ(介宗鱈・助惣鱈)とも呼ばれる。全長91 cm。北太平洋に広く分布するタラの一種で、重要な漁業資源となっている。

名称

一般にスケソあるいはスケソウとも呼ばれ、その名の由来には諸説があるが、一説に、佐渡の近海で多くとれることから、「佐・渡」を「スケ・ト」と読み替えたことからこの名が生まれたという。地方によりさまざまな呼び名があり、新潟県スケトウナツトオダラヨイダラ富山県キジダラキダラシラミダラなどと呼ばれるほか、メンタイミンタイなどと呼ぶ地域もあり、「明太子(めんたいこ)」の名はここから来ている。また、2-3歳くらいの未成魚をピンスケ、それより小さいものをマゴスケなどと呼び分けることもある。学名の Theragra chalcogramma は、「オットセイのえさとなる真鍮色の模様」という意味をもつ。朝鮮語ではミョンテ명태、明太)、ロシア語ではミンターイминтай)と呼ばれる。

分布・生息域

日本海[1]茨城県以北の太平洋沿岸・オホーツク海ベーリング海カリフォルニア州沿岸まで、北太平洋に広く分布する。

水深500 mまでの沿岸や大陸棚斜面の海底近くに生息する。最も多いのは水深200 m 前後だが、浅場や海面近くに現れることもある。

形態・生態

最大で全長91 cm、体重1,400 gに達する[2]マダラよりは小さい。背側の体色は褐色で、まだら模様が繋がった2本の縦帯模様がある。腹側は白色。タラ類に共通の特徴である、3基の背鰭と2基の臀鰭(しりびれ)をもつ。外見はマダラやコマイに似るが、スケトウダラは目が大きく、下顎が上顎より前に出ており、口ひげはほとんど目立たない。

肉食性で、貝類頭足類甲殻類、小魚などいろいろな小動物を捕食する。産卵期は1月-3月で、分離沈性卵を産卵する。

人との関わり

利用

底引き網延縄などで漁獲される。スケトウダラの卵巣は比較的珍重されており、塩漬けにしたたらこ唐辛子を加えた辛子明太子が作られる。また、精巣白子として利用される。身は鮮度落ちが早いため棒鱈に利用されるが、新鮮なものは鍋料理などにも利用できる。他には魚粉くらいにしか使われていなかったが、現在ではすり身にして魚肉練り製品に加工する需要が多い。白身魚フライの原料としても使われている。

ただしスケトウダラはほとんどの場合寄生虫を保有しており、内臓・筋肉ともに生食は危険とされている。アニサキスの一種はスケトウダラを中間宿主としているので、その幼体が多く見られる。アニサキスは人の体内では成長・繁殖は行わないものの、虫が消化管の上皮組織に侵入すると激しい腹痛や嘔吐などの症状が現れる。ニベリニアの寄生もあるとされており、生のスケトウダラを食べる場合には事前に十分に加熱するか、凍結(摂氏-20度以下で24時間以上)させる。

陸揚げ漁港

第1位 - 追直漁港北海道
第2位 - 石巻漁港宮城県
第3位 - 砂原漁港(北海道)
第4位 - 羅臼漁港(北海道)
第5位 - 落部漁港(北海道)

参考文献・注釈

[ヘルプ]
  1. ^ 実際には大韓民国(伝統的にスケトウダラの消費が多い)による乱獲{{要出典}}や水温の変化等により、日本海のスケトウダラは20世紀末以降は絶滅状態にある。
  2. ^ FishBase_Theragra chalcogramma

外部リンク

関連項目