スクービー・ドゥー (フィクション作品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクービー・ドゥー』(原題:Scooby-Doo, Where Are You!)は、1969年に制作されたアメリカの長寿テレビアニメ番組とその実写映画作品。また、それに登場する架空の犬の名前。原案ジェームズ・ガン&クレイグ・ティトリー。当初日本では『弱虫クルッパー』というタイトルでNHK総合の『少年映画劇場』第2部にて放送されていた。

あらすじ[編集]

臆病な大型犬グレート・デーンスクービー・ドゥー(クルッパー)は、飼い主のシャギー(ボロピン)達4人とミステリー事件を解決しながら旅をする。一話完結方式。

登場人物[編集]

メイン[編集]

クルッパー / スクービー・ドゥー
声優:熊倉一雄 —> 楠見尚己/ドン・メシック ——> フランク・ウェルカー
本作の主人公であるグレート・デーン。身体は大きいが臆病で常に腹を空かせている。だが、臆病ゆえの行動で、事件解決への糸口を発見する。食べ物に関してはシャギーを出し抜き彼の分まで食べることが多く、またお化けが現れるとすぐに逃げるなど少々忠誠心に欠けるが仲はいい。『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』にゲスト出演しており、相棒のシャギーを演じたマシュー・リラードを威嚇した。
ボロピン / シャギー・ノーヴィル・ロジャーズ
声優:高松しげお —> 桜井敏治/ケイシー・ケイサム ——> マシュー・リラード
スクービーの飼い主。スクービーと同じく臆病な性格。痩躯の優男だが、「人の4倍は食べる」と自分でも豪語するほどの大飯食らい。桜井敏治が演じるシャギーは、一人称は「僕」で「えっと」が口癖で他のシリーズでもこれが定着している。スクービーの親戚と彼の親戚は彼ら同様、皆怖がりである。『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』で実写版で自身を演じたマシュー・リラードと共演しており、(声も実写と同じ藤原啓治が演じている)自分を演じた彼の演技に不満を言った。一部の作品では一人称が「俺」になっている。
ハンサム / フレッド・ジョーンズ
声優:市川治 —> 谷山紀章 / 高杉義充(モンスターズ・ハリウッド版)/フランク・ウェルカー
4人組のイケメンのリーダー。少々キザでダフネと行動することが多い。かわいい女の子には弱く、それが災いして酷い目に遭うこともある。実写では、やや自己中心な部分があり、ヴェルマと対立し解散したこともある。劇場版では引退後、ダフネのカメラマンとして働き、再結成をするきっかけを作る。
メガコ / ヴェルマ・ディンクレー
声優:丸山裕子 —> 半場友恵 / 芽衣(モンスターズ・ハリウッド版)/ニコール・ジャフェ ——> パット・スティーブンス ——> ケイト・ミクッチ
メガネをかけた赤髪のおかっぱの女の子。最近のシリーズでは、頭にリボンをしている(以前は無かった)。冷静な判断力と頭脳で仲間を助けるまとめ役。彼女の推理が事件解決につながることが多い。何かあるたびにシャギーに対して「犬(スクービー)と私とどっちを選ぶ?」などと問いかけることがあり、シャギーのことが気になるようであるが彼にはいつも誤魔化されている。疑り深い面があり、怪しいと睨んだ人物相手には慎重な行動を取る。
ジェニー / ダフネ・ブレイク
声優:丸山裕子 —> 斎藤恵理 / 米本早希(モンスターズ・ハリウッド版)/インディラ・ステファニアンナ ——> グレイ・デリスル
スクービー達と旅をしている美人の女の子。実家は裕福である。『スクービー&スクラッピー ドゥー』では、彼女のみ同行したシリーズがある。劇場版では、幽霊の正体がいつもトリックやインチキであるため、引退しTV局でリポーターをやっている。

スクービー&スクラッピー ドゥー[編集]

スクラッピー・ドゥー
声優:龍田直樹
スクービーの甥。スクービーとは対照的に、怪物などに勇敢に立ち向かう性格。アニメ版ではまれに事件の解決や悪者を倒すのに役立つことがあるが、ほとんどの場合は彼の直接攻撃ではなく、転んでドラム缶にぶつかって転がったものが悪者に命中したり、足を滑らせて落下したスクラッピーが悪者に直撃するなどの偶然発生するものによる場合が多い。『スクービー&スクラッピー ドゥー』から登場。叔父であるスクービーを誰よりも勇敢な犬だと思い込んでいる。実写版では、アニメとは別の意味でトラブルメーカーでそれが災いし、置いてけぼりにされ、復讐するため、騒動を起こすなどアニメ版とは正反対な性格になっている。

アニメ版[編集]

ハンナ・バーベラ・プロダクション制作。アメリカでは現在もCartoon Networkにて放送中。現在、第11シリーズが放送中(2010年10月現在)。原題の「スクービードゥー」の名前は、フランク・シナトラの『夜のストレンジャー』の歌詞に由来し、日本では、『弱虫クルッパー』の名前で放送された。スクービードゥーのデザインは、他のハンナ・バーベラ作品も担当した日系二世のアメリカ人アニメーターイワオ・タカモト

日本では1970年2月から1970年5月までNHK総合の『少年映画劇場』第2部(第1部は『動物王国』)で放映されていた。シリーズのうち、日本の地上波で公開されたのは2本。日本での放送にあたっては、多くのハンナ・バーベラ作品同様、キャラクター名などに大幅なアレンジが加えられ、タイトルも変えられている。

カートゥーン ネットワークの再放送にあたっては、日本版『弱虫クルッパー』と『新弱虫クルッパー』と、『スクービードゥー』としてオリジナルのキャラクター名で再吹き替えしたものとが放映された。また、続編である『スクービー&スクラッピー ドゥー』も放送されたが、キャラクター名はオリジナルのものである。

日本でもハンナ・バーベラ作品として1970~1980年代に繰り返し放送された。本国では現在も国民的人気を誇るアニメ作品であるが、日本では『チキチキマシン猛レース』や『ヨギ・ベア(クマゴロー)』、『原始家族フリントストーン』等に比べてあまり知名度は高くない。

2016年10月9日からカートゥーン ネットワークで新作となる『ビー・クール スクービー・ドゥー!』の放送が開始された。また『弱虫クルッパー』と『スクービー&スクラッピー ドゥー』でハンナ・バーベラとして携わっていた演出・脚本の高桑慎一郎は、2011年4月6日に死去したため、この『ビー・クール スクービー・ドゥー!』には関わっていない。

TVシリーズ版[編集]

アメリカ版(サブタイトル)[編集]

シリーズNo. タイトル 放送年 放送局 エピソード数 シーズン数
1 Scooby-Doo, Where Are You! 1969–1970 CBS 25 2
2 The New Scooby-Doo Movies 1972–1973 20 2
3 The Scooby-Doo Show 1976–1979 ABC 40 3
4 Scooby-Doo and Scrappy-Doo 1979–1980 16 1
5 Scooby-Doo and Scrappy-Doo 1980–1983 33 3
6 The New Scooby and Scrappy-Doo Show / The New Scooby-Doo Mysteries 1983–1985 26 2
7 The 13 Ghosts of Scooby-Doo 1985–1986 13 1
8 A Pup Named Scooby-Doo 1988–1991 30 3
9 What's New, Scooby-Doo? 2002–2005 The WBKids' WB 42 3
10 Shaggy & Scooby-Doo Get a Clue! 2006–2008 The CW(Kids' WB) 26 2
11 Scooby-Doo! Mystery Incorporated 2010–2013 Cartoon Network 52 2
12 Be Cool, Scooby-Doo! 2015–2018 Cartoon Network / Boomerang 52 2
13 Scooby-Doo and Guess Who? 2019– Boomerang

放映リスト[編集]

  • "弱虫クルッパー"及び"スクービードゥー" 全41話[1]
話数[2] 弱虫クルッパーでの邦題 スクービードゥーでの邦題 原題
1 博物館のなぞ What a Night for a Knight
2 亡霊船長 Hassle in the Castle
3 海賊の城 A Clue for Scooby-Doo
4 ゴースト・タウンのなぞ Mine Your Own Business
5 インデアン怪人 Decoy for a Dognapper
6(9) おばけ屋敷 What the Hex Going On?
7(6) 恐怖のサル男 Never Ape an Ape Man
8 遊園地の怪 Foul Play in Funland
9(7) 怪人黒マント The Backstage Rage
10 幽霊ピエロ Bedlam in the Big Top
11(13) おおかみ男 A Gaggle of Galloping Ghosts
12(11) ミイラの秘密 Scooby-Doo and a Mummy, Too
13(12) のろわれた沼 Which Witch Is Which?
14 宇宙幽霊 Spooky Space Kook
15 亡霊船 Go Away Ghost Ship
16 怪人影ぼうし A Night of Fright Is No Delight
17 雪おばけ That's Snow Ghost
  • スクービー&スクラッピー ドゥー [3]
話数[4] 邦題 原題
1 悪党になったヒーロー The Scarab Lives!
2(3) ワンダーワールドの夜の怪人 The Night Ghoul of Wonderworld
3(2) 空飛ぶ円盤の謎 Strange Encounters of a Scooby Kind
4 なし[5] The Neon Phantom of the Roller Disco!
5 ヘビの悪魔の呪い Shiver and Shake, That Demon's a Snake
6 空飛ぶ骸骨を追え The Scary Sky Skeleton
7 マウンドに現れた化け者 The Demon of the Dugout
8 よみがえった魔界のクマ The Hairy Scare of the Devil Bear
9 恐怖!海に潜む黒い影 Twenty Thousand Screams Under the Sea
10 サンフランシスコの女吸血鬼 I Left My Neck in San Francisco
11 夜空に光る星人間 When You Wish Upon a Star Creature
12 影とともに去りぬ The Ghoul, the Bat and the Ugly
13 ロッキー山脈から どひゃ~! Rocky Mountain Yiiiii!
14 トリックを見破れ! The Sorcerer's a Menace
15 ミノタウロスに支配された村 Lock the Door, It's a Minotaur!
16 誘拐されたスクービー・ドゥー The Ransom of Scooby Chief
17 スクービーノキオ/スクービー邸の幽霊/灯台で化け比べ Scooby Nocchio/?/Lighthouse Keeper Scooby
18 スクービーの魔法の剣/アイルランドのいたずら者/?
19 スクービー・ドゥービー・バブー/消防士スクービー/? ?/Rickshaw Scooby/?
20 地球を救え!/オルガ夫人のミステリー館/博物館の夢物語
21 親方は首がお好き/ウルフ博士の秘密/?
22 庭に潜む大食漢/ドッグ・トゥー・ザ・フューチャー/?
23 タッチダウンは命がけ/スクービーと豆の木/? ?/Scooby and the Beanstalk/?
24 犬も食わない犬違い/恐竜は生きていた?!
25 消えたスクービーを探せ! Where's Scooby Doo?
26 結婚式でうらめしや〜 Wedding Bell Boos!
27 お化けなんかいないさ?/地震に震える村 ?/The Quagmire Quake Caper
28 魔法と魔術の城/スクービー子ちゃんは大スター
29 トランシルバニアの怪物たち/? Who's Minding The Monster?/?
30 盗賊エル・スクーボー/学園祭のミステリー
31 スクービーVSバイキング/波乗りはおジョーズに
32 ジャングルのサル人間/パラダイスにはゾンビがいっぱい
33 怪物出現スクール・パニック!/?
34 映画スタントに大挑戦/モーターショーの妖怪 The Fall Dog/The Scooby Coupe
35 迷宮に響くハックション/スクービーはピンチヒッター
36 デビルズ・ロック・ミステリー/ウスター・ソースの悪夢 Scooby Roo/?
  • ビー・クール スクービードゥー 全52話
  1. 謎の青い幽霊
  2. 恐怖の首なし伯爵
  3. ニワトリの洞窟
  4. 名探偵アナベル

16. こわ~いクリスマス

日本語版スタッフ[編集]

弱虫クルッパー
演出:高桑慎一郎
スクービー&スクラッピー ドゥー

備考[編集]

『スクービー&スクラッピー ドゥー』の初期は、前作のように4人が事件を解決していたが、中期は短編エピソードが多く取り込まれ、ダフネ、フレッド、ヴェルマは登場しなくなり、シャギー、スクービー、スクラッピーが旅をしながら事件に巻き込まれる。末期(『The New Scooby and Scrappy-Doo Show』に改名(日本では『スクービー&スクラッピー ドゥー』のまま))ではダフネも登場する。

ジョニー・ブラボー』第1期第2話Bパート「お化け屋敷でハプニング」にゲスト出演している。

バットマン:ブレイブ&ボールド』51話にて、バットマイトの紹介するバットマン登場作品の一部として『The New Scooby-Doo Movies』にバットマンロビンジョーカーペンギンが共演する話が登場する。

この話の中では『スクービー・ドゥー』内の倫理規定によりバットマンとジョーカーらが殴りあわないことになっているが、劇中バットマイトの魔力で倫理規定そのものをないことにして、非常に珍しいシャギーとスクービーの格闘シーンが画かれた。

1977年製作のハンナ・バーベラ・プロ作品キャラ集合作品『まんがオールスター おもしろオリンピック(原題:Laff-A-Lympics)』では、スクーピーが「ストロングチーム」のキャプテンとして登場、シャギー・スクラッピーや、同じ犬が主人公の同プロ作品『珍犬探偵ダイナマット(原題:Dynomutt, Dog Wonder)』のダイナマットとブルーファルコンなどが同チームのメンバーとして登場している。

NHK総合 少年映画劇場
前番組 番組名 次番組
動物王国

弱虫クルッパー

OVA版[編集]

下記作品の内、「ゾンビ島」「魔女の幽霊」「宇宙からの侵略者?!」「サイバー・チェイス」「ロックンロール・ミステリー」のみ日本で放送(それ以外は未放映)。他、「ゾンビ島」「宇宙からの侵略者?!」「モンスターズ・ハリウッド」のみ日本でDVDがワーナー・ホーム・ビデオ(現・ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント)から販売された。また『トムとジェリー スパイ・クエスト』とは異なり、「ゾンビ島」「魔女の幽霊」「宇宙からの侵略者?!」「サイバー・チェイス」で製作を担当していたハンナ・バーベラは、この「ロックンロール・ミステリー」と「モンスターズ・ハリウッド」には関わっていない。

実写映画版[編集]

『スクービー・ドゥー』と『スクービー・ドゥー2 モンスター・パニック』が製作された。アニメ版の数年後の設定となっており、一度解散したミステリー社のメンバーが再集結するところから話が始まる。映画版は、2作ともゴールデンラズベリー賞にノミネートされている。

『スクービー・ドゥー』[編集]

2002年。映画第1作。冒頭のシーンに、アニメ版の説明として、ハンナ・バーベラ・プロダクション制作のアニメを作っているが、カットされている(DVDの特典映像に付属されている)。第23回ゴールデンラズベリー賞の最低助演男優賞とこの回のみの特別賞として設置された最優秀頭空っぽティーン向け作品賞にノミネートされた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

『スクービー・ドゥー2 モンスターパニック』[編集]

2004年。映画第2作。あるキャラクターの策略で、昔倒したモンスターたち(アニメ版の敵)が製造される。第25回ゴールデンラズベリー賞最低続編賞受賞作品。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

アニメーション映画[編集]

スクービー・ドゥーの新作のアニメーション映画が全米で2018年9月21日に公開する事が決定した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 弱虫クルッパーは全17話
  2. ^ "()"はNHKでの放送順。
  3. ^ 原題が幾つかあり、邦題は同じ。日本での話数をまとめると30本以上
  4. ^ "()"はカートゥーン ネットワーク及びブーメランでの話数
  5. ^ カートゥーン ネットワーク及びブーメランでは欠番
  6. ^ 『スクービー・ドゥー』がアニメで帰ってくる!全米公開日決定 - シネマトゥデイ

外部リンク[編集]