スクーパーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スクーパーズ
ジャンル SF
アクション
OVA
原作 モンキー・パンチ
監督 平林淳、渡部英雄
キャラクターデザイン モンキー・パンチ
アニメーション制作 ACCプロダクション谷原スタジオ
製作 ビデオテック
冨田克久
発売日 1987年12月1日
話数 全1話(58分)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

スクーパーズ』(SCOOPERS)は、1987年12月1日に発売された日本のOVA作品。

あらすじ[編集]

22世紀の未来都市シャンバラ・シティでは、人工衛星落下やスペースシャトル爆破などの凶悪事件が多発していた。プライベート・アイズ新聞社に勤務する記者のヨーコとカメラマンのビートは、事件の裏に潜む謎の人物ミスターXの特ダネを追っていた。そんなヨーコたちのもとに一本の電話が入る。

「私はミスターXの情報を握っている…」

事件の真相を追うヨーコとビートは早速、情報提供者のキャメロン博士の許へと向かったが、博士はミスターXの部下によって殺害されてしまう。しかし、博士は死ぬ直前にヨーコにミスターXのアジトを告げており、二人はミスターXのアジトである島テクノランドに乗り込む。

登場人物[編集]

ヨーコ
- 大橋真幸
プライベート・アイズ新聞社の記者。気が強い性格をしている。
ミスターXの特ダネを追いかけており、ビートと共にテクノランドに乗り込む。ミスターXに捕まり殺されそうになるが、ビートによって助け出され、テクノランドから脱出する。その際、ミスターXとシャンバラ・シティの大統領との繋がりをスクープすることに成功する。
ビート
声 - 大滝進矢
プライベート・アイズ新聞社のカメラマン。キャパに造られたアンドロイド
ヨーコと共にテクノランドに乗り込むが、離れ離れになってしまう。キャメロン博士の助手と協力して、島を管理するボードレールのプログラムを破壊し、ヨーコを救出する。
ミスターX
声 - 笹岡繁蔵
シャンバラ・シティの犯罪を影で操る男。政財界とも繋がっており、自分の素性を探ろうとする者を次々に殺している。
ヨーコを仲間に引き入れようとするが拒否され、記憶を奪おうとするがビートに阻まれ失敗する。ボードレールのプログラムが破壊され、テクノランドの自爆装置が作動すると、大統領と共に島を脱出する。
助手
声 - 滝沢久美子
キャメロン博士の助手。ビートに協力し、ボードレールのプログラムにビートの意識をハッキングさせる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作、キャラクターデザイン - モンキー・パンチ
  • 監督 - 平林淳、渡部英雄
  • 脚本 - 阿宮正和
  • 絵コンテ - 杉島邦久、大石正照
  • 演出 - 浅田裕二
  • 作画監督 - 敷島博英
  • 音響監督 - 太田克己
  • 撮影監督 - 菅谷信行
  • 美術監督 - 松平聡
  • 色指定 - 庄村みつ代
  • 特殊効果 - 田崎正夫
  • 音響効果 - 森賢一
  • CGエンジニア - 加藤和彦
  • 3Dテクニカルディレクター - 森俊文
  • 音楽 - 小杉保夫
  • 歌 - 夏木麗
  • 制作 - ACCプロダクション谷原スタジオ
  • 制作協力 - スタジオ夢民、銀河帝国、映広音響
  • 製作 - ビデオテック、冨田克久
  • 発売 - CIC・ビクタービデオ

外部リンク[編集]