スクランブルスピリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクランブルスピリッツ』(Scramble Spirits)は、1988年にセガ・エンタープライゼス(後のセガ・インタラクティブ)から発売されたアーケードゲームシューティングゲーム。使用基板はセガ・システム24。二人同時プレイ可能。

ストーリー[編集]

世界の小国家を単位とした統一国家が築かれた核戦争後の地球。ある日、統一国家の中央本部に正体不明の敵が次々と小国家を攻撃しているという緊急報告が入電する。統一国家軍は、正体不明の敵を殲滅させるべく2名のトップパイロットに緊急発進(スクランブル)をかけた。

ゲームシステム[編集]

全6ステージの縦画面型スクロール・シューティングゲーム。操作は8方向レバーとショット(対空・対地兼用)、フォーメーションチェンジ、スペシャルアタックの3ボタン。敵の武装ヘリを破壊するとオプション機が出現し、回収することで自機の左右に1機ずつ装着することが出来る。

オプション機はフォーメーションチェンジで対空攻撃と対地攻撃を切り替えることが出来る。また、オプション機装着中にスペシャルアタックを押すと、オプション機を特攻させ大型ボムとして使用することが出来る。特攻させたオプション機は被弾状態で浮遊するので、回収して再度オプションとして装着することが可能である。オプション機の被弾状態は一定時間で回復するが、被弾状態のまま再度特攻させると、そのオプション機は消滅する。

奇数ステージには、ステージの途中で敵の空母や基地に急降下して奇襲を行うボーナスシーンが存在する。ボーナスシーンでは敵の攻撃を被弾してもミスにはならないが、一定時間自機の操作が不能になる。

移植作品[編集]

国内未発売であるが、マスターシステムのFM音源に対応している。2人同時プレイ可能。全6ステージ。