スクォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スクォールSkwal)は、1本の専用の板に前後に足を固定し、正面を向いての上を滑走するスポーツスノーボードスキーの中間的なウィンタースポーツ

概説[編集]

スクォールはアルペンスノーボードをより細く、絞込んだような形状の板である。乗り方は、アルペンボードに近いが、体は正面を向いているため、カービングスキーとも良く似ている。アルペンボードの場合はつま先、かかとへと重心を前後してカーブするのに対して、スクォールの場合はスキー的に足の側面で雪をとらえている。カービングスキーと比べてもターンの内足が内倒の妨げにならないため、より大きな内倒姿勢を取る事が出来る。

歴史[編集]

1992年、フランス人の Thias P. Balmain(ティアス P バルマン)によって開発された。

必要な用具[編集]

スクォールをするには一般的には下のような道具が必要。服装はスキー、スノーボード等と同じ。板は数社から販売されているが、スキーやスノーボードと比べるとメーカー数は遥かに少ない。ブーツはスキーブーツ、スノーボードブーツが流用出来る。ビンディングはアルペンスノーボード用のビンディングに非常に近いが、板幅の関係上流用は難しい。専用のものが数社から発売され、ブーツと組み合わせてステップイン装着も可能。

  • スクォール板
  • スキーまたはスノーボードブーツ
  • ビンディング
  • ゴーグル
  • ウェア
  • グローブ
  • 帽子

関連項目[編集]