スカイセンサー (ラジオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スカイセンサー(Skysensor)とは、ソニー(SONY)製のポータブルラジオの中で一群を成すシリーズ名称。一般家庭用のラジオとして1970年代に製造販売され、AM放送FM放送に加えて短波帯の受信機能を備えたほか、それまでの一般的ラジオには無い個性的な機能を持たせている。1974年頃に海外の放送局を受信して楽しむBCLが日本で一大ブームとなり、同時にスカイセンサーは絶大な人気を博した。


概要[編集]

スカイセンサー5800
スカイセンサー5900

BCLブームに沸いた1970年代、日本国内のラジオメーカー各社から短波受信を重点設計にした様々な家庭用ラジオが市場に投入されていた。中でもソニーの「スカイセンサー」シリーズと松下電器産業(現パナソニック)の「クーガ」シリーズは一般家庭用の高機能ラジオとして人気が高く、大量に製造・販売された。 スカイセンサー5800(ICF-5800)は優れたコストパフォーマンスで累計100万台が販売され、スカイセンサー5900(ICF-5900)は周波数直読機能を同クラスのラジオでは他に先駆けて搭載した。現在は全モデル製造・販売を終了。 ソニーはスカイセンサーより更に高性能なラジオとして、「ワールドゾーン」というシリーズも発売していた。

スカイセンサー5900[編集]

特に1975年10月発売のスカイセンサー5900(ICF-5900)はBCLブームの真っ只中にソニーが満を持して投入したICF-5800の後継モデル。短波帯ではデュアル・コンバージョン(ダブルスーパーヘテロダイン)(1st IF:10.7MHz、2nd IF:455kHz)の構成を取り、メインチューニングダイヤルは従来の糸掛け式ダイヤルをやめオールギアドライブ化。更に、250kHzステップのクリスタルマーカーと±130kHz可変のスプレッドダイアルの組み合わせによって、受信周波数をkHzの単位(目盛りは10kHz刻み)まで指定して受信可能な「周波数直読(しゅうはすうちょくどく)」機能を持ち、他社の同クラスのラジオに無い特徴をいち早く備えた。

それまでの同クラスのラジオでは、周波数パネルの表示はズレが大きく大雑把で、たとえ受信したい放送局の周波数がわかっていても聴こえてくる電波を手探りで選局しなければならず実用上不便だった。本機の選局精度は聴取目標の放送局に番組開始時間前から送信周波数に合わせて待つことができ、「待ちうけ受信」と呼ばれた。聴取している放送が実際に目標とした放送局か否かは、通常番組冒頭に流されるジングルによって判別が付く。そのため放送開始時刻の先頭から聴取できる「待ちうけ受信」は放送局・番組判別に大きな効果があった。この周波数直読機能を搭載したスカイセンサー5900が発売後、パナソニックがクーガ2200、東芝がトライエックス2000といった周波数直読型モデルを発売してソニーを追随した。

こうした優れた選局性能を持つするスカイセンサー5900であったが、周波数の安定度はダブルスーパーヘテロダイン方式採用のおかげで、シングルスーパーヘテロダイン方式が主流の従来のラジオよりはましとは言え、安定度はLC発振に依拠するためある時間毎に周波数の微調整をする必要があった。また、スプレッドダイアルの可変端が1st IFフィルタの帯域端に当たり、この理由で僅かではあるが受信感度の低下が見られた。 ただし、これらの問題は、民生用短波ラジオとして安価に提供するためには仕方なかったと考えられ、それどころかこの価格帯で実用的な短波ラジオを提供できる回路方式を考案したソニー設計陣の功績の方が遙かに大きい。その後、水晶発振により周波数安定度に優れ、7セグメントディスプレイによる周波数デジタル表示も可能なPLLシンセサイザの技術が登場したため、周波数同調はこの回路に置き換えられることとなった。これにより事前に放送周波数へ確実に数字を合わせておけば待受受信ができるため、ダイヤルを回して目的の放送局を探すという楽しみと、求められるテクニックが無くなった。

BCLブームはまた「ラジオの開発・性能競争」という側面があったため、開発がひとつの終着点を迎えたことでブーム終焉の一つの原因にもなった。

機種一覧[編集]

スカイセンサー5400(ICF-5400) 1972年発売 ¥14,900
FMトランスミッターを内蔵していた。前年に発売されたICF-1100Dを改良・デザイン変更したモデルと思われ、つまみ類の配置等はほぼ同じである。
スカイセンサー5450(ICF-5450) 1974年発売 ¥17,500
スカイセンサー5500(ICF-5500) 1972年発売 ¥16,800
スカイセンサー第1弾(5400より発売は若干前)。FMトランスミッター機能搭載。当時としては斬新な縦型デザイン。ラウドネス機構搭載で小音量時も低音不足を補っていた。
スカイセンサー5500A(ICF-5500A) 1974年発売 ¥18,800
5500のマイナーチェンジモデル。 FMトランスミッターを内蔵していた。短波受信用NSBクリスタルを接続可能。
スカイセンサー5600(ICF-5600) 1974年発売 ¥20,500
FM放送の受信に主眼を置き、チューニング用にヌルランプも搭載した珍しい機種。MPXアダプター[1]ヘッドフォンを併用することでFMステレオ放送が楽しめた。 ※ステレオヘッドフォンアダプター(STA-50/STA-60)
スカイセンサー5800(ICF-5800) 1973年発売 ¥20,800 
短波帯の受信周波数の上限を28Mhzまでカバーした5バンド設計で、中央の同調ダイヤルはslowとfastの2段切替。BFO回路も搭載。この価格として完成度が高く日本国内で最も売れたBCLラジオ。まるで通信機を思わせるメカニカルなデザインになっている。
スカイセンサー5900(ICF-5900) 1975年発売 ¥27,800 
日本中がBCLブームに沸く真っ只中で投入された、ICF-5800に続く後継機。短波帯の周波数を10kHz単位で直読可能にしたほか、デュアルコンヴァージョン(ダブルスーパー・ヘテロダイン)回路やオール・ギヤドライブ機構を搭載するなど、性能面の向上を図ったモデル。
ICF-5900W:海外向け(FMバンドの周波数が異なる)
スカイセンサー6000(ICF-6000) 1975年発売 ¥17,600
AM/FM、SW1&SW2の4バンド構成の防滴型屋外仕様。この機種は横方向に長い筐体で設置安定性を重視している。メーカーが想定した用途が登山用、屋外スポーツ用のラジオ。
スカイセンサークオーツ(ICF-3000) 1974年発売 ¥49,800 
発売当時は珍しくて高価だったデジタルメカニカル表示のクォーツ時計[2]によるタイマー機能を搭載した高価格モデル。但し水晶発振は時計にのみ使用されており、クリスタルマーカー等受信回路に関わる機能はない。
スカイセンサーカセット5950(CF-5950) 1976年発売 ¥56,800

ICF-5900をベースにカセットレコーダを搭載したもの。筐体はかなり大型でしっかりしていた。

主要装備[編集]

主要な装備や特徴を挙げる。全機種が一様に装備しているわけではない。

  • ロッドアンテナ - 短波放送とFM放送を受信する際に使用する金属性の伸縮するアンテナ。スカイセンサーシリーズの特徴としてボタンもしくはレバーの操作でアンテナ先端部がポップアップする機構を備えていた(ICF-5500(A)、5600、5800、5900等)。ライバルとして対照的なパナソニック社クーガシリーズのロッドアンテナには見られない特徴。尚、中波放送の受信にはラジオ本体に内蔵されているバーアンテナを使用する。
  • 外部アンテナ端子 - ロングワイヤーアンテナ用と接地用のねじ止め端子。ラジオ本体は室内に置いても、外部アンテナを屋外に設置してラジオに接続、さらに接地端子を水道管(ガス管は危険なのでダメ)などに接続すると受信感度(アンテナゲイン)が向上する。
  • クリスタルポケット - NSBクリスタル(後述)を差し込み収容する蓋付きポケット。
  • シグナルメーター - 受信した信号の強さを表示するメーター。周波数同調の目安にする。本体にはチューニングメーターと表示されていた。ソニー製ラジオでは針の指す方向は右側が最も信号が強く、逆にパナソニック製は左側が強い表示で対照的に設計されている。多くの場合「バッテリー残量メーター」としても機能する。
  • BFO - アマチュア無線のCWやSSBを受信して音声を聞きやすく復調する際にONにする。特にICF-5900のBFO回路は平衡型になっており、5800と比較すると復調される音量が大きく明瞭に聴こえる。 
  • AFC - FM受信用に装備された。長時間の受信で周波数が少しずつズレても、周波数自動追尾(実際は受信機側がずれているのだが)的機能で快適にFM放送が楽しめる。
  • ラウドネススイッチ(ICF-5500、5600)ボリュームを絞っている時に高音と低音をラウドネス曲線を参考にした特性で自動補正して音量に対応した人間の聴覚特性に対応する機能。
  • オンオフタイマー - ゼンマイを用いた最大60分間タイマー。時間経過後に電源入り/電源断が選択可能。スカイセンサークオーツ(ICF-3000)にはこれに替わってクォーツ時計がタイマーを兼ねた。またライバルのパナソニック製クーガシリーズでは120分タイマーが装備されていた。
  • FMトランスミッター - FM送信機能。スピーカーマイクロフォンに転用することでトランシーバーを構成し、近距離であれば2台の間で音声通話が可能。
  • イヤホンポケット - イヤホンを収納するための蓋付きポケットが本体側面に装備されていた。
  • ダイヤルライト - 周波数表示窓のフィルムを裏側から照らしたり、シグナルメーターを照らす照明。ボタンを一度押すと一定時間点灯するメモリー機能を持つモデル(ICF-5500A、ICF-5600)もあった。
  • キャリングベルト - 肩掛け用ベルト。
  • 電源アダプタ - ACアダプタとも呼ぶ。家庭用100ボルトコンセントから6Vもしくは4.5Vの直流電流を得るための変圧整流装置。ラジオ本体に内蔵させた設計のメーカー(パナソニック等)もあるが、スカイセンサーシリーズでは本体に内蔵せずにこのアダプタを付属品とした。このためスカイセンサーを購入して初めて電源アダプタというものを知った人も多い。当時のソニー製電源アダプタは、本体は黒色で、表示プレートの印字色が6V型は緑色、4.5V型は青色のデザインになっていた。

別売り品[編集]

「アクセサリー」と称し、別売り品が用意されていた。

  • キャリングケース - 持ち運びによる傷から本体を守るビニール製のケース。ケースを装着したまま受信操作ができた。
  • ピロースピーカー - の下に挿入するスピーカー。イヤホン端子に接続する。
  • 逆L型アンテナ - 単なるビニール線と碍子、アース棒のセットであった。
  • NSBクリスタル - NSB(現日経ラジオ社)の受信を容易にするために局部発振回路をLC発振に代わって水晶発振とするための専用水晶振動子
  • シガーライター用電源アダプタ - 車の12Vシガーライターからラジオ用電源を得るためのDC-DC電源アダプタ。
  • ステレオヘッドフォンアダプタ - FMステレオ対応ラジオでないにも拘わらず、MPX出力端子へ本品を接続するとステレオヘッドフォンを使用してFM放送がステレオで楽しめた。

注釈[編集]

  1. ^ 乾電池駆動の外付けFMステレオ放送復調器。MPX出力端子(ディスクリミネータ出力を直接出力する端子)を備える機種に接続できた。
  2. ^ 当時のデジタル時計は電源周波数同期によるAC電源型が一般的であった。

関連項目[編集]

  • SONY BCLジョッキー
    このスカイセンサーシリーズが発売されていたころ、TBSラジオで放送されていたソニー協賛のBCLの情報番組。実際にスカイセンサーを使った世界の短波放送のモニターがおこなわれたことがある。