スウワッセア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スウワッセア
Suuwassea.jpg
パリにある復元骨格
地質時代
ジュラ紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目 Sauropoda
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
上科 : ディプロドクス上科 Diplodocoidea
: ディクラエオサウルス科 Dicraeosauridae
: スウワッセア属 Suuwassea
学名
Suuwassea Harris & Dodson, 2004
下位分類群

スウワッセア学名Suuwassea)は、アメリカ合衆国モンタナ州カーボン郡南部に位置する後期ジュラ紀モリソン層から発見された、ディクラエオサウルス科に属する竜脚下目恐竜の属。化石は1999年から2000年にかけての一連の発掘調査で収集され、J・D・ハリスとピーター・ドッドソン2004年に記載した。

語源[編集]

頭骨

ネイティブアメリカンクロウ族の先祖代々の土地で発見されたため、属名の語源は彼らの言語の用語 suuwassa に由来し、「春に聞こえた最初の雷」の意味を持つ。「雷」を表す suu と「古代の」を表す wassa は、竜脚下目へ時折適用されるあだ名である雷竜を反映している。種小名は、化石を収集した探検家の亡くなった出資者を称えたものである。

記載[編集]

第1頚椎から第4頚椎

スウワッセアはディクラエオサウルス科であり、全長14 - 15メートルと推定され、頭骨およびディプロドクス科ディクラエオサウルス科に共通する体軸骨格により特徴づけられる。ただし、後の分類群に割り当てるには原始的である。前頭骨が癒合していない点でディクラエオサウルス科と異なり、大後頭孔周りの骨の配置でディプロドクス科と異なるが、骨格の共通点はディクラエオサウルス科よりもディプロドクス科との間に多い。

分類[編集]

原記載論文では、ディプロドクス科とディクラエオサウルス科に見られる原始的および派生的な特徴が寄せ集まっていたため、スウワッセアは Flagellicaudata incertae sedis として位置付けられていた。後の系統解析によりスウワッセアはディプロドクス科アパトサウルス亜科に分類された[1]が、さらなる研究で北アメリカに生息した唯一のディクラエオサウルス科であることが判明した[2][3]

下のクラドグラムは Tschopp らの2015年の研究に基づき[3]スウワッセアのディクラエオサウルス科における位置を示す。

ディクラエオサウルス科

ディスロコサウルス

スウワッセア

ディストロファエウス

ブラキトラケロパン

アマルガサウルス

ディクラエオサウルス

以下のクラドグラムは Gallina らの2019年の論文に基づき[4]、ディクラエオサウルス科の属の関係性を示す。

ディプロドクス上科

レッバキサウルス科

Flagellicaudata

ディプロドクス科

ディクラエオサウルス科

スウワッセア

リンウーロン

バジャダサウルス

ピルマトゥエイア

アマルガサウルス

ディクラエオサウルス

ブラキトラケロパン

出典[編集]

  1. ^ Lovelace, David M; Hartman, Scott A; Wahl, William R. (2008). “Morphology of a specimen of Supersaurus (Dinosauria, Sauropoda) from the Morrison Formation of Wyoming, and a re-evaluation of diplodocid phylogeny”. Arquivos do Museu Nacional 65 (4): 527–544. 
  2. ^ Whitlock, John A. (2011-04-01). “A phylogenetic analysis of Diplodocoidea (Saurischia: Sauropoda)” (英語). Zoological Journal of the Linnean Society 161 (4): 872–915. doi:10.1111/j.1096-3642.2010.00665.x. ISSN 1096-3642. 
  3. ^ a b Tschopp, Emanuel; Mateus, Octávio; Benson, Roger B.J. (2015-04-07). “A specimen-level phylogenetic analysis and taxonomic revision of Diplodocidae (Dinosauria, Sauropoda)” (英語). PeerJ 3: e857. doi:10.7717/peerj.857. ISSN 2167-8359. PMC: 4393826. PMID 25870766. https://peerj.com/articles/857. 
  4. ^ Gallina, P.A.; Apesteguía, S.; Canale, J.I.; Haluza, A. (2019). “A new long-spined dinosaur from Patagonia sheds light on sauropod defense system”. Scientific Reports 9: 1392. doi:10.1038/s41598-018-37943-3. 

参考文献[編集]

  • Harris, J.D. and Dodson, P. (2004). "A new diplodocoid sauropod dinosaur from the Upper Jurassic Morrison Formation of Montana, USA." Acta Palaeontologica Polonica 49 (2): 197–210.